MENU

派遣エンジニアの基本は無期雇用派遣(常用型派遣)。有期雇用派遣(登録型派遣)との違いとは

派遣にはいくつか種類がありますが、エンジニアの派遣では無期雇用派遣(常用型派遣)が多いといわれています。

また、あまり主流ではありませんが、有期雇用派遣(登録型派遣)を活用する事例も存在します。

両者の違いについて確認していきましょう。

無期雇用派遣(常用型派遣)とは

無期雇用派遣では、派遣されるエンジニアが派遣元企業と期間の定めのない雇用契約を締結している場合を指します。

派遣元企業と労働者派遣契約を締結することで、自社にエンジニアを派遣してもらう仕組みです。

自社に派遣されるエンジニアは、それ以前から派遣元企業と雇用関係にあります。

そのため、派遣元企業は、福利厚生など雇用主としての義務を果たさなければなりません。

派遣先である自社にはそのような義務はなく、指揮命令を行うことができます。

そして、労働者派遣契約の期間が満了し、自社に派遣されなくなった後もそのエンジニアと派遣元との雇用関係が続くのが特徴です。

そのため、無期雇用派遣なら派遣であっても収入面は比較的安定しています。

この常用型派遣を行っている派遣会社にエンジニアが多く在籍していることから、エンジニアの派遣は常用型派遣が利用されることが一般的とされているのです。

有期雇用派遣(登録型派遣)とは

有期雇用派遣は、エンジニアがあらかじめ派遣元企業に登録する点が雇用契約とは異なります。

登録をした段階ではまだ雇われているわけではありません。自社が派遣元企業と労働者派遣契約を締結し、エンジニアを派遣してもらうことになった段階で、派遣元企業は登録済みのエンジニアと雇用契約を締結します。

この雇用契約は期間が定められており、労働者派遣契約の期間に合わせているのが特徴です。

そして、労働者派遣契約が更新されれば雇用契約もそれに合わせて更新されます。エンジニアは自社に派遣されている期間のみ、派遣元企業に雇用されることになります。

また、無期雇用派遣と同様にエンジニア自社に派遣されている期間中は、指揮命令を行うことが可能です。

福利厚生など雇用主としての義務を負うことがない点も、無期雇用派遣の場合と変わりません。

エンジニアの多くは派遣でも安定した待遇

派遣で働いているエンジニアの多くは無期雇用派遣といわれています。

そのため、派遣であっても自社を去った後に「派遣元企業との」雇用契約が切れることはなく、エンジニアにとっては比較的安定して働けるのがメリットといえるでしょう。

これに対して有期雇用派遣で働いているエンジニアは、派遣期間が終わると雇用契約も切れるのが特徴です。

また、派遣期間中はいずれも自社のエンジニアと同じように指揮命令できるので、受け入れる企業としても派遣のエンジニアを活用するメリットは大きいといえるでしょう。

出典元:厚生労働省「労働者派遣制度について