MENU

人材流出によるリスクとは?人材が流出する原因と防止対策7つを紹介

人材流出とは?

企業と雇用契約を締結していた従業員が他社へ転職することを「人材流出」と呼ぶことがあります。通常行う円満な転勤ではなく、ネガティブな要素が高いシーンで用いられる言葉です。

 

自社の人材が他社へ流出してしまうため、損失も表出することがあります。終身雇用制度が崩壊しつつあり、コロナ禍によって困惑する現代社会は、人材が流出してしまう現象が起きやすいとも言えるでしょう。

エンジニアやIT業界の人材流出の状況

地方から都会へ流出する傾向にあるのが、IT業界で働く人材だと言われています。

 

IT業界で働く地方のエンジニアが都心部へ流出し、好待遇を求めて転職するケースが散見する現代社会です。大手のIT企業は中心地に所在していることが多いです。

 

エンジニアにとって、よりよい働き方が実現する企業への転職は必然的な現象ということでしょう。

人材流出によるリスク5つ

IT業界で働く人材が流出すると、起きうるリスクが5つあると言われています。優秀な人材が流出すれば企業にとって損失が生じると言われていて、多大なリスクが発生します。

 

とくに大手企業では、優秀な人材の流出は痛手となってしまい、空いた部署の人材採用に苦難するケースもあります。

人材流出によるリスク1:経営への影響

人材が流出すれば、売上の減少が少なからず生じるでしょう。企業にとって利益の低迷が生じ、経営難に陥ってしまうことがあります。

 

IT企業では優秀な人材が数多く働いていますが、人材流出によって経営面へのダメージを少なからず生じさせるでしょう。とくに優秀な人材の流出は企業にとって大打撃となり、以後の経営にも支障をきたすケースも存在しています。

人材流出によるリスク2:コスト増加

不在となった人材の穴埋めのために働く、余計な人件費が生じる点は企業のデメリットと言えます。IT企業での人材流出は、いなくなった人材の穴埋め作業もあるため、残業が増えたり休日出勤したりするケースもあります。

 

さらには、新たな人材を採用するための費用も掛かるため、いずれにしても余計なコストが必要となるのが人材流出で起きる企業側のリスクです。

人材流出によるリスク3:社員の生産性の低下

人材不足が生じれば他の社員の仕事量が増大し、企業の生産性が低迷化します。

 

IT企業での労働は、人それぞれ分担が異なります。1人の人材が退職すれば、新しい人材採用までの期間は、勤務中の人材が未整理の仕事を請け負うことが多いため、生産性が低下すると言われています。

 

仮に流出した人数が多ければそれだけ生産性が低迷しますので、企業にとってリスクとなるのが人材流出という現象です。

人材流出によるリスク4:顧客やノウハウの流出

IT企業での人材流出は顧客が流れ、業務のノウハウも流れてしまうケースがあります。

 

永年、勤務してきた人材が流出してしまえば、それまで付いていた顧客も離れてしまうことがあります。併せて、企業の運営方法までもが世間に流出することもあるでしょう。

 

勤務者の退職・転職は自由とは言え、企業にとって顧客やノウハウの流出も起こる点はハイリスクでしょう。

人材流出によるリスク5:ブランディングの低下

ブランディングを受け持っていた人材が退職すれば、企業にとって痛手となります。

 

ブランディングを得意とする人材は各企業に存在していますので、専門分野の人材流出は企業にとって片腕を失うことと同じです。とくに永年勤務してきた人材であれば、そのリスクは大きくなります。

 

育成してきた人材の優れたブランディング能力を失い、企業は経営難に陥ることもあるでしょう。

人材が流出する原因6つ

6つあると言われている人材流出の原因を見て、企業は流出防止に努めてみましょう。

 

会社にとって、損害となる人材流出は控えたいと思うのが一般的な考えです。大手や中小企業でも、優秀な人材の流出を抑えたいと考えています。

 

日本から海外へ流出するパターンもあり、世界規模で起こり得る問題でもあるため、人材が流出する6つの原因に迫ってみましょう。

人材が流出する原因1:タスクの集中

企業が雇用者へマルチタスクを求め過ぎると、労働者はやがて退職するでしょう。仕事の種類や量が多ければ、それだけ労働量が増大します。各タスクへの集中が必要となり、労働者が疲弊すれば他社へ流出することは必然です。

 

待遇のバランスが取れていれば流出することはありませんが、明らかなバランスの乱れが生じれば、人材は流出するのが自然なことでしょう。

人材が流出する原因2:成長できる環境がない

単に勤務しているだけで、何のスキルアップもできない企業は人材が流出しやすいと言われています。

 

例えば、プログラミングの技術が向上したり、培ってきた英語力が生かせたりする企業では働きがいを実感できるでしょう。ですが、単に働くだけで給与以外に得るものがなければ、成長することもないため人材が流出していきます。

 

従業員の能力を生かして個々のスキル向上ができる企業では、人材が流出することはないでしょう。

人材が流出する原因3:給与への不満

労働内容と給与のバランスが合っていなければ、人材流出することは必然です。

 

地区によって定められた最低賃金がありますが、それを大きく下回る労働内容の場合には人材が流出する傾向にあります。月給であっても時間給が最低賃金を割っていれば働きやすい企業とは言えません。

 

給与への不満があって転職を検討する人材は、やがて他の企業へと流出してしまうでしょう。

人材が流出する原因4:裁量権が与えられない

企業からの指令の中でしか働けない職場では、人材流出することが多いと言われています。

 

労働者に裁量権が与えられていなければ、窮屈な職場で働くことになります。そもそも仕事への熱意・思慮が少ない労働者であればよいですが、自信やスキルがあって生かしたいと考える労働者も存在しています。

 

裁量権にも限度がありますが、100%企業の指令下の中で行う労務では、従業員の末永い勤務が難しいパターンもあるでしょう。

人材が流出する原因5:人間関係の不満

職場で気が合わない人が多いと人材は流出します。1日8時間ほど過ごす職場ですので、気が合わない人が多ければ多いほど窮屈に感じて退職する人材が増えるでしょう。

 

人間関係が劣悪な環境では、よい仕事もできません。休日を過ごした後、出勤する朝に気分が悪くなる人材は多いため、転職を検討する労働者も存在しています。

人材が流出する原因6:社風が合わない

企業の特性が肌に合わない場合は退職を検討する人材が増えます。

 

現状の対策ができないまま、従業員が苦痛となって退職するパターンは多いでしょう。例えば体育会系の企業では、文化系の人材はマッチしません。根性論・精神論が肌に合わないからです。

人材が流出する状態を防ぐ対策7つ

7つあると言われている、人材流出を防ぐ方法がありますので見ていきましょう。

 

見てきたように人材流出は企業にとってリスクが多いです。少しでも働きやすい環境を整備し、企業と労働者が快活な日々を過ごせるように検討と対策を講じておくとよいでしょう。

人材が流出する状態を防ぐ対策1:評価制度の改善

人材を評価するシステムの改善をして、各労働者の得意分野を向上できる環境を取り入れると良いでしょう。

 

企業が一方的に労働者を評価する仕組みは古いため、労働者も企業を評価できる仕組みの導入や、労働者個々の得意なスキルを見つけ出し高評価していく環境を生み出せば、優秀な人材は流出しにくくなります。

人材が流出する状態を防ぐ対策2:ヒアリングを行い対処する

働く人から職場で感じることを聞けば、企業が改善しやすいポイントを絞って対策できます。

 

労働者と企業は往々にして考えていることに相違があります。ですが、いずれも寄り添っていくことで、よりよい職場環境が整備されていきます。

 

問題が生じる前に企業が労働者にヒアリングを行い、改善して欲しい箇所や満足している箇所を聞くことで、優秀な人材に働き続けてもらえるでしょう。

人材が流出する状態を防ぐ対策3:福利厚生を充実させる

待遇が悪いと人材流出の傾向が高まるため、福利厚生を整備して労働者へ還元することで退職者数を軽減できます。

 

少ない給与の中でやり繰りしている一般家庭が多いので、会社が福利厚生を充実させておけば働きやすさを実感し、退職したり流出したりする人材の数を抑えることが可能です。

 

保険や年金制度を企業がサポートしてくれることで、労働者が安心して仕事へ邁進できるでしょう。

人材が流出する状態を防ぐ対策4:労働時間の管理

定時の中のみで労働する規定を徹底すると人材流出の回避に繋がります。

 

残業が多い会社は人材流出の可能性が高まるため、定時内にて仕事を終える環境を整備すると、労働者が無理のない生活を送れるようになります。

 

労働時間を見直し、従業員が無理のないように作業することで、人材流失の回避になるでしょう。

人材が流出する状態を防ぐ対策5:社内コミュニケーションの機会を増やす

職場内でのコミュニケーションが盛んに行われる企業は、人材が流出せずに定着します。

 

職場では対話が大切で、必要最低限のコミュニケーションが重要と言われています。ただ単に仕事のみを遂行して帰路に着くという環境では、働く楽しさを感じられないまま時間のみが経過するだけの日々となってしまいます。

 

節度のない無駄口は不要ですが、社会人としてマナーのあるコミュニケーションを交わせる職場では、優れた人材の流出を回避できるでしょう。

人材が流出する状態を防ぐ対策6:柔軟な働き方を導入

リモートワークや労務時間の設定を変更し、労働者が柔軟に働きやすい環境を整えましょう。

 

在宅ワークできる職種であれば、もはやわざわざ出勤する必要はありません。満員電車でのストレスや対人トラブルに遭うこともありませんので、快適な労働ができて生産性を高めることも可能です。

 

会社で漠然と数時間を過ごすよりも、柔軟性のある働き方を導入すれば人材が定着しやすいでしょう。

人材が流出する状態を防ぐ対策7:スキルアップの機会を提供する

平坦な毎日では労働者が仕事に飽きてしまうため、スキルアップできる制度を導入してみましょう。

 

仕事とは、往々にして同じことの繰り返しです。根気ある人は問題ありませんが、根気がない人もいますので、スキルアップできる仕組みを導入し働き方を変えて従業員の労働意欲を維持させる対策方法があります。

 

労働者が仕事を楽しめる職場では、優秀な人材の流出を防止できるでしょう。

従業員との接し方3つ

職場への思いを企業側が定期的にリサーチすることで、優秀な人材の流出を防げるでしょう。

 

仕事ができる人材は職場に不満を抱くことが多いと言われていますので、3つある従業員との接し方を試みて、労働者の気持ちを慮ってみると改善できることがあります。ぜひ、取り入れてみてください。

従業員との接し方1:定期的なヒアリングを通して状況を把握する

労働者から今の状況を聞き、改善に努めることで人材の流出を回避できます。

 

従業員は毎日の労働の中で多かれ少なかれ不満を持っているため、定期的なヒアリングを実施することで不満解消へ繋がることが多いと言われています。

 

普段は話しにくい内容でも、上司が直に聞いてくれれば話しやすくなるため「近況で問題点はありませんか」と従業員へ聞いてみましょう。

従業員との接し方2:アンケートを通して不満点を探る

上司へ直に話し難いことが多いため、アンケート調査をして従業員が思う不満点をリサーチしてみましょう。

 

上司と部下の関係では、社内で本音の対話をする機会は少ないですので、アンケート調査することで従業員の本音を知ることが可能です。

 

会社の不満を上司へ直に話すことはしたくないけれど、アンケート用紙であれば伝えたいことが豊富にある従業員は数多く存在しています。

従業員との接し方3:サポートや改善できる点について話合う

改善できる点を話し合って双方が働きやすい環境を整備しましょう。

 

会社とは、社長と従業員が共に築き上げて運営していくものです。独占欲が強いワンマン経営では、優秀な従業員も流出してしまいます。

 

より働きやすい職場にするため、環境の改善やサポート体制を導入し、企業と従業員が同じベクトルに向かって働ける会社にしていきましょう。

人材流出によるリスクを減らそう

企業にとって優れた人材の確保は死活問題にも繋がるので、流出することのないように企業努力に励みましょう。

 

規模に関わらず多くの会社運営は、従業員が各部署で働いてくれているおかげで利益が出ています。それによって従業員の給与が支払われ、企業自体も潤っていくのが社会の通例です。

 

企業で働く人材が流出する場合には相応の要因があるため、改善していきましょう。

ウェビナー