MENU

エンジニアの出戻り採用のメリット・デメリット|出戻り採用の注意点3選

出戻りエンジニアとは

エンジニアの仕事は過酷なことで有名です。そのため、より良い環境を求めて転職を決断する人もいます。しかし、転職先の職場環境の方が良いとは限らず、転職先よりも退職した職場環境の方が良かったと感じる場合もあります。

 

そのような場合には、退職した職場に再び転職を志望する人もいます。退職した職場に再び転職することを出戻りと言います。

 

エンジニアで出戻りを志望する人は多く、企業側も出戻りを歓迎して受け入れてくれることも多いです。ただし、出戻りエンジニアを採用する際には、メリットとデメリットの両方があることを把握しておかないといけません。

エンジニアの出戻り採用の実状

退職した職場に再び転職することに対して、抵抗感を感じる人もいますが、エンジニアでは出戻りを希望する人は意外と多いです。

 

また、企業によっては出戻りエンジニアを歓迎して受け入れることもあり、退職時と同等の条件で採用したり、退職時よりも良い待遇で採用したりすることもあります。

 

出戻りエンジニアをこのような高待遇で迎え入れるということは、出戻りエンジニアを採用することには、それだけのメリットがあるということです。

エンジニアの出戻り採用のメリット9選

出戻りエンジニアを高待遇で採用する企業があります。それだけ出戻りエンジニアを採用することにはメリットがあるということです。

 

エンジニアが出戻りを希望することは意外と多いので、人事担当者は出戻りを希望するエンジニアが現れたときに選考の判断を正確にするためにも、そのメリットは把握しておく必要があります。

エンジニアの出戻り採用のメリット1:採用・教育コストが抑えられる

出戻りを採用するメリットとして、すでにその企業での仕事経験があることから、会社のことや仕事内容についてなどはすでに理解をしています。

 

会社から離れていた期間に変わったことなどはフォローする必要はありますが、そのフォローも最低限で良いので、教育コストを抑えることができます。

 

また、すでに自社で仕事経験があるので、社内には出戻りを希望する人について知っている人もいます。そのため、どのような能力や性格を持った人であるか判断がしやすいので、採用コストの削減にもなります。

エンジニアの出戻り採用のメリット2:即戦力になる

出戻りエンジニアの場合はエンジニアとしての経験だけでなく、その企業での仕事経験があります。そのため、最低限のフォローとなる教育さえすれば即戦力となることが多いです。

 

IT業界は慢性的な人手不足であり、エンジニアは戦力となるまでの教育コストもかかりますが、出戻りエンジニアを採用すれば、これらの大きな問題点を回避することができます。

エンジニアの出戻り採用のメリット3:採用に対し安心感がある

出戻りエンジニアはその企業での仕事をすでに経験をしているため、即戦力となることが多いです。また、その企業での仕事の経験がすでにあることから、その人の能力や性格なども把握しやすいです。

 

どのような人かわからない人を採用するよりも、出戻りエンジニアを採用する方が、どのような仕事をしてくれるのか想像しやすく、採用に対して安心感を得ることができます。

エンジニアの出戻り採用のメリット4:前向きな働きに期待できる

出戻りを希望する人の中には、1度退職した企業に再び転職をすることに対して抵抗感を感じてしまう人も多くいます。しかし、その抵抗感を押しのけて出戻りを希望することから、その人の仕事や職場に対する意識の強さを持っていることがわかります。

 

また、1度退職した企業に再び採用をしてもらったということで、前向きに仕事に取り組んでもらえることも期待することができます。

エンジニアの出戻り採用のメリット5:迅速に業務に適応

出戻りエンジニアのメリットは、エンジニアとしての経験やその企業での仕事の経験がすでにあることです。そのため、最低限のフォローさえすれば、迅速に業務に適応することができ、即戦力となってくれます。

 

エンジニアの育成には時間がかかり、また離職率が高くて育成の段階で退職されてしまうことも多いので、エンジニアとして即戦力となれることは非常に大きなメリットです。

エンジニアの出戻り採用のメリット6:他社で学んだ知識や経験の活用

出戻りエンジニアは転職を経験して、再び転職前の会社に転職を希望します。そのため、出戻りをする前に、他社での仕事も経験しています。

 

もし、他社でエンジニアとして仕事をしていたのであれば、退職前よりもスキルが上がっている可能性が高いです。また、エンジニア以外の仕事をしていたとしても、その仕事の経験によって得た経験が、新しい発想やアイデアなどを生むこともあります。

エンジニアの出戻り採用のメリット7:人間関係や環境適用の不安がない

出戻りエンジニアはすでにその企業での仕事経験があります。そのため、職場環境や人間関係などを把握したうえで出戻りを希望しているということでもあります。

 

これらのことを把握したうえでの出戻りの希望なので、仕事を始めてから環境や人間が合わなかったというミスマッチが起こる可能性が低く、採用に対してミスマッチの不安をする必要がありません。

エンジニアの出戻り採用のメリット8:会社とのミスマッチが少ない

出戻りエンジニアはその企業での仕事経験がすでにあるので、職場環境や人間関係などのミスマッチを起こしにくいです。

 

また、社風や仕事内容についてもよく理解しているはずなので、会社自体とのミスマッチも起こしにくいでしょう。

エンジニアの出戻り採用のメリット9:メンターの役割が見込める

出戻りエンジニアは他社での仕事も経験しています。そのため、他社の仕事で得た経験や技術などを社内の人たちに伝えることができます。

 

また、出戻りの理由は人によって異なりますが、転職の失敗によって出戻りを希望する人もいます。その転職の失敗の経験があることで、社内に転職を悩む人がいた場合、転職の難しさを伝えることができ、退職を防げる可能性もあります。

エンジニアの出戻り採用のデメリット5選

出戻りエンジニアを採用することには、いくつものメリットがあります。そのため、企業によっては出戻りを希望する人を高待遇で迎えることもあります。

 

ただし、出戻りエンジニアを採用することにはメリットだけでなくデメリットもあります。そのため、出戻りエンジニアを採用する場合には、メリットとデメリットの両方を把握しておく必要があります。

エンジニアの出戻り採用のデメリット1:以前と同様の理由で辞める可能性がある

出戻りエンジニアは1度その企業を退職する経験をしています。退職をするということは、何らかの理由があったということです。

 

もし、その理由を改善できていなければ、再び同じ理由が原因となり、退職をされてしまう可能性があります。特に、前回の退職理由が人間関係であった場合には、その人間関係が改善された状態であるか慎重に見極める必要があります。

エンジニアの出戻り採用のデメリット2:社内事情の変化に対応できない

出戻りエンジニアは即戦力として期待をすることができます。しかし、その会社を離れている期間が長かった場合には、社内事情が大きく変化している場合があります。

 

もし、その社内事情の変化に対応ができなかった場合、退職前に身につけていた力が発揮できなくなり、思っていたような活躍ができないこともあります。

 

また、IT業界の技術の進歩は早く、新しい技術がどんどん登場します。そのため、エンジニアとしての仕事から離れて転職をしていた場合は、その新しい技術にも対応する必要があるので、特に注意が必要です。

エンジニアの出戻り採用のデメリット3:給与や肩書などの待遇面のトラブル

出戻りエンジニアを歓迎する企業もあり、高待遇で迎えてもらえる場合もあります。しかし、すべての企業が出戻りエンジニアに対して高待遇で扱うというわけではなく、逆に転職をしていることで待遇が悪くなる場合もあります。

 

そのため、給与や肩書きが退職前よりも悪くなってしまうということあります。その対応に不満を持つ出戻りエンジニアもいます。

 

不満を抱えずに仕事をしてもらうためにも、もし待遇面が退職前よりも悪くなる場合には出戻りエンジニアにしっかりと説明をして、納得をしてもらうことが必要となります。

エンジニアの出戻り採用のデメリット4:既存のエンジニアとのバランス

出戻りエンジニアはすでにその企業での仕事を経験しています。そのため、即戦力となれることも多く、外部からの転職をしてきた人や、入社して間もない社員などよりも給与が高くなることもあります。

 

しかし、スキルがあっても、退職をしていたことで会社に対しての貢献は既存エンジニアよりも少なくなります。

 

また、社外で得たスキルや実績などを自社の評価に含めるべきかどうかで悩んでしまうこともあり、出戻りエンジニアと既存エンジニアで評価のバランスを調整することが難しくなってしまいます。

エンジニアの出戻り採用のデメリット5:既存社員からの不満が出る可能性

出戻りエンジニアと既存のエンジニアでは評価のバランスが難しいことがあります。しかし、能力や実績を重視して評価を行うと、会社の方針で決まっている場合もあります。

 

そのような場合は、出戻りエンジニアが既存社員よりも給与が高くなってしまうこともあります。また、出戻りエンジニアは給与だけでなく、企業によってはいろいろな面で高待遇を受けられることもあります。

 

その出戻りエンジニアの高待遇に対して、既存社員たちから不満が出る可能性があり、会社全体のモチベーションに影響を与えてしまう可能性もあります。

出戻り社員を採用する注意点3選

出戻りエンジニアを採用する場合にはメリットもありますが、デメリットもあります。そのため、出戻りエンジニアを採用する場合には、そのデメリットを把握して、事前に対処する必要もあります。

 

また、その対処は出戻りエンジニアに限らず、出戻り社員を採用する場合に必要となります。

出戻り社員を採用する注意点1:以前のような成果を出すとは限らない

出戻り社員が会社を離れている間に社内事情が変わっているということはよくあります。また、転職先が業界や業種などが異なっていた場合は、仕事経験にブランクも発生していることになります。

 

そのため、その企業での仕事経験があるからと、以前と同じような成果がすぐに出せるとは限りません。出戻り社員は即戦力となれるメリットを持ってはいますが、最低限のフォローはして、スムーズに現在の職場環境に慣れてもらえるようにしないといけません。

出戻り社員を採用する注意点2:採用制度の整備が必要

出戻り社員と既存社員では評価のバランスが難しいことがあります。もし、出戻り社員と既存社員の両者で納得のできる評価制度がなければ、どちらかが待遇に不満を持ってしまうことになります。

 

そのため、誰も不満を持つことのないように、出戻り社員を採用する際の制度をあらかじめ整備しておき、その待遇を明確にしておく必要があります。

出戻り社員を採用する注意点3:既存社員の退職意識が変わる可能性

出戻り社員は転職と出戻りを経験しています。その経験があることで、転職を悩む別の社員の相談を受けたりすることもでき、転職の厳しさを伝えることで社員の転職を防げる可能性があります。

 

しかし、出戻り社員が出戻りしている様子を見て、別の社員が転職に失敗しても出戻りをすれば良いと思ってしまい、安易に転職を決断する社員を増やしてしまう可能性もあります。

出戻り採用制度を構築しよう

出戻りを採用することにはいろいろなメリットがあります。そのため、出戻りを歓迎し、高待遇で迎える企業もあります。

 

しかし、出戻りを採用することにはデメリットもあります。そのデメリットに対処をするためにも、出戻りの採用制度を構築しておくことが重要となります。

ウェビナー