MENU

ヘッドハンティングとは?ヘッドハンティング会社のタイプ5つと方法を紹介

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングは、優秀な人材をスカウトして、自社に引き抜く採用方法のことです。専門性の高い業務などに必要な人材を探し出して、即戦力として採用する方法として注目されています。

 

より優秀な人材を獲得するためにヘッドハンティングを取り入れる企業も増えており、ヘッドハンティングを活用するためのサービスも多様化しています。

ヘッドハンティングを行うメリット

ヘッドハンティングを行う大きなメリットとして、転職サイトなどに登録しておらず、転職市場に出ていない優秀な人材にアプローチできることが挙げられます。

 

従来の採用方法では、他社と競合して人材を獲得しなければならず、優秀な人材の獲得が難しくなっています。

 

ヘッドハンティングでは、転職市場に出ていない優秀な人材へアプローチをかけられ、他の方法では出会えない人材を獲得できる可能性があります。

ヘッドハンティングを行うデメリット

ヘッドハンティングを行う主なデメリットは、従来の採用手法よりも時間やコストがかかってしまうことです。

 

ヘッドハンティングでは、転職意思のない人もターゲットになるので、候補者を絞る作業に時間と手間がかかってしまいます。また、ヘッドハンティングのための長期間のアプローチも必要で、結果が出るまで根気強く採用活動を続けていく必要があります。

ヘッドハンティングされやすい人材の特徴

ヘッドハンティングされやすい人材の特徴は、能力が高くて現在の職場に満足していることです。

 

ヘッドハンティングでは、優秀な人材の中でも転職市場に出ていなくて、他社と競合せずに獲得できる人材をメインターゲットにしています。

 

また、現在の職場の待遇に満足している人を引き抜くので、引き抜かれる側は現状よりも良い待遇を要求してくる可能性があります。

ヘッドハンティングの方法は大きく2つ

ヘッドハンティングによって優秀な人材にアプローチする企業は増えており、ヘッドハンティングの方法には、自社で直接ヘッドハンティングする方法と、専門の会社に依頼する方法の2つがあります。

 

ここでは、ヘッドハンティングの方法について、2つ紹介していきます。

自社で直接行う場合

企業が自社で直接ヘッドハンティングする方法は、サーチ型とも呼ばれ、担当者が候補者を探し出して直接アプローチすることが特徴です。

 

自社が直接アプローチする方法は、欧米のヘッドハンティングの方法を基にしてできた採用方法です。

 

自社が直接ヘッドハンティングする場合には、スカウトを実施する時点で企業側は採用を決めているので、候補者がスカウトに応じた場合にスムーズな対応ができることでしょう。

専門の会社に依頼する場合

ヘッドハンティングでは、候補者を検索するための専門のサービスがあり、専門の会社に依頼して実行する方法もあります。

 

転職する意思のある人がヘッドハンティングのサービスに登録して、サービスのデータベースから紹介された人をスカウトして、面接後に採用かどうかを決めます。

 

登録型のサービスでは、登録できる人材に一定の条件を定めているのが一般的で、転職サイトなどよりも優秀な人材にアプローチできることでしょう。

ヘッドハンティング会社のタイプ5つ

ヘッドハンティングにより優秀な人材にアプローチする企業が年々増加しており、さまざまな種類のヘッドハンティング会社が存在します。

 

ヘッドハンティング会社には、ヘッドハンティングの対象になる人材や人材の探し方など、異なる強みを持つ多種多様なサービスがあります。

 

ヘッドハンティング会社のタイプについて知り、自社に適した会社のサービスを利用することが大切です。

ヘッドハンティング対象による違い

ヘッドハンティングの対象によって、エグゼクティブサーチ型、フルサーチ型、業界特化型の3つのタイプに分けられます。

 

企業が求める人材をピンポイントで探し出すエグゼクティブサーチ型、市場から技術者などの発掘に使用されるフルサーチ型、特定の業界に特化した業界特化型の3つのタイプについて理解して、正しく使い分けることが大切です。

 

ここでは、それぞれのタイプの特徴について紹介していきます。

ヘッドハンティング会社のタイプ1:エグゼクティブサーチ型

1つ目のヘッドハンティング会社のタイプは、エグゼクティブサーチ型です。

 

外部から重要なポジションを任せられる人材を招いて、企業全体の組織力を強化したり、企業の後継者不足を解消したりするために使用されます。

ヘッドハンティング会社のタイプ2:フルサーチ型

2つ目のヘッドハンティング会社のタイプは、フルサーチ型です。

 

フルサーチ型は、幅広い人材を対象としたヘッドハンティングの会社で、特殊なスキルや技術を持つ技術者、中間管理職やキャリアの高い技術者の発掘を得意としています。

 

フルサーチ型では、ターゲットになる人材の幅が広く、リサーチに多くの時間を割く必要がありますが、現場に必要な人材を獲得するためには有効な方法です。

ヘッドハンティング会社のタイプ3:業界特化型

3つ目のヘッドハンティング会社のタイプは、業界特化型です。

 

業界特化型は、IT業界や広告宣伝業界などのある特定の業界に特化してヘッドハンティングする会社で、経験の高い人材にアプローチできることが特徴です。

 

業界特化型のヘッドハンティングは、特定の業界に在籍していたヘッドハンターの人脈に左右されてしまうので、自社が期待している人材と巡り合うまでに時間がかかることがあります。

人材の探し方による違い

ヘッドハンティングにおける人脈の探し方の違いによって、スカウト型と登録型の2つに分けられます。

 

転職希望のある人材を探せる登録型と、会社のネットワークを使用して人材を探し出すスカウト型について理解して、目的に応じて使い分けていくことが大切です。

 

ここでは、人材の探し方の違いによって分けられるスカウト型と登録型の、2つのタイプの会社について紹介していきます。

ヘッドハンティング会社のタイプ4:スカウト型

4つ目のヘッドハンティング会社のタイプは、スカウト型です。

 

スカウト型は、会社独自のネットワークやデータベースから人材を探し出して、企業の求めるスキルを持つ人材にスカウトする会社で、管理層クラスの人材や専門分野に特化した人材を探し出すのに適しています。

 

現在転職する意思がない人材にもアプローチでき、幅広いターゲットの中から求める人材を探し出せることでしょう。

ヘッドハンティング会社のタイプ5:登録型

5つ目のヘッドハンティング会社のタイプは、登録型です。

 

登録型は、転職希望者を募って会社のデータベースに登録してもらい、企業から求人依頼があった場合にデータベースの中から適切な人材を推薦する会社です。

 

アプローチから採用まではスムーズに進むことが多いのですが、必ずしも期待している人材がいるとは限らないので、主に実務層の人材をスカウトするために利用されます。

エンジニアのヘッドハンティングに役立つ情報源5つ

エンジニアをヘッドハンティングするために、スカウトするエンジニアについて事前にリサーチしておくことが大切です。また、エンジニアのヘッドハンティングに役立つ情報源には、さまざまなものがあります。

 

ここでは、ネットの口コミや業界内での評価、エンジニア本人のSNS、人材紹介会社に登録された情報、各種メディアの記事、個人の能力を示す公開情報の、5つの情報源について紹介していきます。

役立つ情報源1:ネットの口コミや業界内での評価

1つ目の役立つ情報源は、ネットの口コミや業界内での評価です。

 

ヘッドハンティングのヘッドハンターは、人材についてリサーチするためにネットを利用して、その人の口コミや風評などについて調べて、どのような人物かを判断します。

役立つ情報源2:エンジニア本人のSNS

2つ目の役立つ情報源は、エンジニア本人のSNSです。

 

Facebookなどのエンジニア本人のSNSでは、公開されている過去の投稿からその人の人物像についてある程度知ることができ、人柄や性格などの判断材料になることでしょう。

 

SNSで公開している投稿では、現在の状況や職場などについての本音が現れたりするので、アプローチをかける際の参考になることでしょう。

役立つ情報源3:人材紹介会社に登録された情報

3つ目の役立つ情報源は、人材紹介会社に登録された情報です。

 

人材派遣会社に登録されている情報からその人の経歴やスキル、保有資格などについてリサーチできます。人材派遣会社に登録されている情報を参考にすれば、その人の能力や実績について知れるので、より自社にマッチする人材にアプローチできることでしょう。

役立つ情報源4:各種メディアの記事

4つ目の役立つ情報源は、各種メディアの記事です。

 

各業界の業界紙や専門誌で紹介されている人物は、その業界や分野でも高いレベルの人材なので、より優秀な人材について知るために各種メディアの記事を利用することも大切です。

 

また、紹介されている人物についてリサーチすることで、紹介されている人の下で働いている人など、思わぬ優秀な人材の発見にもつながることでしょう。

役立つ情報源5:個人の能力を示す公開情報

5つ目の役立つ情報源は、個人の能力を示す公開情報です。

 

優秀な人材を探し出すためには、個人で保有している資格情報やスキル、研究内容や作成した論文の内容、経歴などの情報をリサーチすることが大切です。

 

インターネット上の公開情報や、各社がリリースしている人事情報などについて調べることで、より能力が高い人材を発見でき、ヘッドハンティングの役に立つことでしょう。

ヘッドハンティングを防ぐ対策4つ

ヘッドハンティングによって優秀な人材を獲得できますが、他社からのヘッドハンティングにより、優秀な人材が流出しないように注意する必要があります。

 

ヘッドハンティングを防ぐために必要な、ライフワークバランスを整備すること、社員のプライベートを尊重すること、コミュニケーションを活発に行うこと、スキルアップ研修を行うことの、4つの対策について紹介していきます。

ヘッドハンティングを防ぐ対策1:ライフワークバランスを整備する

1つ目のヘッドハンティングを防ぐ対策は、ライフワークバランスを整備することです。

 

優秀な社員に仕事を任せすぎてしまい、仕事が忙しい状況が続いてしまうと、ストレスや不満がたまっていってしまい、他社から引き抜かれてしまうことがあります。

 

社員のストレスをためずに、フレッシュな気分で仕事してもらうためにも、ライフワークバランスの整備は大切です。

ヘッドハンティングを防ぐ対策2:社員のプライベートを尊重する

2つ目のヘッドハンティングを防ぐ対策は、社員のプライベートを尊重することです。

 

どれだけ好きな仕事でも、仕事に追われてプライベートな時間が無くなってしまうと、社員のストレスや不満が大きくなっていき、他社からのアプローチがあった際に気持ちが揺れ動いてしまいます。

 

快適に仕事に取り組んでもらうために社員のプライベートを尊重して、気持ちよく出社できる環境づくりが大切です。

ヘッドハンティングを防ぐ対策3:コミュニケーションを活発に行う

3つ目のヘッドハンティングを防ぐ対策は、コミュニケーションを活発に行うことです。

 

どれだけ業績が順調でも、コミュニケーションが少ないと社員と経営陣の間に溝ができてしまって、希望や不満を言いにくくなってしまい、会社への信頼が薄まってしまいます。

 

会社と社員の信頼を保つためにも、コミュニケーションを活発にして社員ひとりひとりの意見を聞けるような環境を作ることが大切です。

ヘッドハンティングを防ぐ対策4:スキルアップ研修を行う

4つ目のヘッドハンティングを防ぐ対策は、スキルアップ研修を行うことです。

 

上昇志向が強く、自分のスキルを磨いて高いキャリアを築きたい社員を惹きつけるためにも、スキルアップ研修などによりキャリアアップのチャンスを与えることが大切です。

 

スキルを磨いて自分のやりたいことができると思えるような組織であれば、社員がヘッドハンティングに応じる可能性が低くなることでしょう。

ヘッドハンティングで優秀な人材を確保しよう

ここまで、ヘッドハンティングの会社や情報源、他社からのヘッドハンティングを防ぐ方法などについて紹介してきました。

 

より優秀なエンジニアを招き入れるために、ヘッドハンティングは有効な手段です。

 

優秀なエンジニアを獲得したい人は、ぜひヘッドハンティングでアプローチしてみてください。

ウェビナー