MENU

新入社員研修とは?考えるときのポイント4つとおすすめの研修方法を紹介

新入社員研修とは?

新入社員研修とは、企業に入社した新入社員に対して行う研修です。業務を行う上で必要な知識やマナー、行う仕事や働く企業・業務についての認識をすり合わせたりする目的で行います。

 

一言で新入社員と言っても、採用対象が異なる新卒採用の場合と中途採用の場合では、少し違う点が出てきますので、新卒採用と中途採用それぞれの新入社員研修についてみていきましょう。

新卒採用の研修

新卒採用の新入社員研修は、実際の業務以外にも社会人としてのビジネスマナーやスキルなど幅広い範囲を行います。

 

新卒の新入社員は、社会人として働いた経験を持っている人は少ないため、働くうえで仕事に対しての心掛けや一般的なマナー・基礎的な常識なども学ぶ必要があるからです。

 

しっかりと社会人として働けるようになるよう新入社員研修では、業務以外のことについても研修するのです。

中途採用の研修

中途採用の新入社員研修は、新卒採用の新入社員研修と比べて、社会人としての経験や知識がある人物が多いです。

 

その為、研修内容は、社会人としての知識やビジネスマナーというよりは、その企業や業種、業界に対する独自の常識や知識などの情報を学びます。また、企業の理念、実際の業務について詳しく学ぶ内容になります。

 

中途採用は即戦力に重きを置いて採用することが多く、人によって経験やスキルが異なりますので、そのレベルによって、研修内容を変えることもあります。

新入社員研修の目的

新入社員研修を実施する目的は、様々なものがあります。

 

具体的な目的としては、入社した企業の理念や事業内容を把握したり、実際に行う業務についての必要な技術や知識を身につけたりがあります。それから社員間とのコミュニケーションや社内独特のルールについて理解することなども挙げられます。

新入社員研修の内容を考えるときのポイント4つ

新入社員研修の内容を考えるときは、どのようなことを考慮して内容を決めていけばいいのでしょうか。ここでは、新入社員研修の内容を考えるときのポイントを4つ紹介します。

 

新入社員研修内容を考えるときにどのようなポイントを押さえておけば良いのか、チェックしていきましょう。

新入社員研修のポイント1:目的を明確にする

1つ目のポイントは、目的を明確にすることです。目的を明確にすることで、適切な新入社員研修の内容を作成できたり、研修を実施した後のゴールが見えてくるため、研修内容を作成する際は、最初に目的を明確にするべきでしょう。

 

また、研修実行の目的を受講者にも共有することで、研修に対してのモチベーションを上昇させることもできる可能性もあります。その為、具体的に研修後にどうなるための研修なのか、自社がどのような問題や課題があって、これを解決するためにどのように教育していくべきかなどを考えて目的を設定すると良いでしょう。

 

研修内容を考えることが難しければ、過去の研修内容や成果を参考にするのもひとつの手です。

新入社員研修のポイント2:研修を実施できる期間を確認する

2つ目のポイントは、研修を実施できる期間を確認することです。新入社員研修で実施できる研修内容は、研修を実施できる期間によって異なってきます。

 

その為、研修内容を決める際は、どのくらいの期間を使って研修を行うことが可能なのかを確認する必要があります。平均的な新人研修期間は約3ヶ月と言われていますが、企業によって設定している研修期間は異なりますので、その期間内で実施できる研修内容にしましょう。

新入社員研修のポイント3:新入社員のレベルを把握する

3つ目のポイントは、新入社員のレベルを把握しておくことです。新入社員のレベル感を把握したうえで研修内容を作成することで、新入社員がそれぞれの自分のレベルに合った内容の研修を受講することができ、研修の効果を上昇させることができる可能性があります。

 

研修内容への理解がより深まり、新入社員にとっても企業側にとっても満足感の高い研修を行える可能性が高まります。

新入社員研修のポイント4:より良い方法を検討する

4つ目のポイントは、より良い方法を検討することです。

 

新入社員研修方法は複数あり、具体的には、大人数の受講者に向けて、仕事の基礎理論を教育する際などに利用される講義型研修、少人数に向けて、現場での応用力を伸ばす目的で行われる演習型研修、多拠点の研修を一括で行うために利用されるeラーニングなどがあります。

 

適した方法で行うことによって、より研修効果を得られる可能性が上がりますので、行う研修がどの方法が向いているのか、しっかり考慮することも重要です。

 

各方法にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、それを把握したうえで検討して導入しましょう。

新入社員研修で取り入れたい内容8つ

新入社員研修で取り入れるべき研修内容にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、新入社員研修で取り入れるべき内容を8つ紹介します。

 

新入社員研修を作成する際にどのような内容を取り入れるのか、取り入れるべき内容や取り入れたい内容を確認し、より良い研修を作成していきましょう。

新入社員研修で取り入れたい内容1:企業理念を理解する

1つ目は、企業理念を理解するための内容です。

 

企業理念について研修内容に取り入れることで、新入社員が企業側の描いている理念への理解を深めることができ、会社が目指している場所を新入社員に共有することができます。

新入社員研修で取り入れたい内容2:今後のビジョンを理解する

2つ目は、今後のビジョンを理解することです。今後のビジョンを理解することで、自分の役割を認識したり、仕事に対して意欲が高まったりします。

 

一定以上の役職者や経営陣から話を聞く座学形式がより有効と言われており、行うことで早期離職防止も期待できますので、ぜひ取り入れたい内容のひとつです。

新入社員研修で取り入れたい内容3:ビジネスマナーの研修

3つ目は、ビジネスマナー研修です。正しいお辞儀の仕方や敬語などの言葉遣い、電話応対や名刺交換などビジネスマナーや一般常識は、社会人として働くにあたって必要な知識です。

 

ビジネスマナーを身につけておかなければ、円滑にコミュニケーションを取り、仕事を行うことが難しくなる可能性があるので、特に新卒採用においては必須の研修です。

新入社員研修で取り入れたい内容4:チームワークの研修

4つ目は、チームワークの研修です。仕事は個人でやる仕事もありますが、チームで取り組む仕事も多いでしょう。そのときに重要となってくるのがチームワークです。

 

チームでうまくコミュニケーションを取りながら仕事を遂行するには、チームワークが大事になってきますので、グループワークやディスカッション形式でチームワークの研修を取り入れていきましょう。

新入社員研修で取り入れたい内容5:論理的な考え方を学ぶ研修

5つ目は、論理的な考え方を学ぶ研修です。仕事をするうえで物事を正確に相手に分かりやすく伝えることは大切になってきます。そのときに重要となってくるのが論理的な考え方で、その考え方をロジカルシンキングと言います。

 

論理的な考え方を身につけることで、問題を整理し結論を導き出すことが可能となるので、効果的に身につけられるようペアワークやグループワークなどで研修することをおすすめします。

新入社員研修で取り入れたい内容6:パソコンスキル

6つ目は、パソコンスキルです。今やパソコンは資料作成などでエクセルを使用するなど仕事をするうえで必ずと言っていいほど使う機会が多いです。

 

パソコンのスキル能力は仕事のスピードに関わってきますので、ある程度のパソコンスキルは仕事をするうえで必要となってきます。パソコン操作能力は個人差がありますので、業務をするうえで不自由がない程度身につけられるよう、研修してスキルの全体的な上昇を図りましょう。

新入社員研修で取り入れたい内容7:プレゼンスキル

7つ目は、プレゼンスキルです。プレゼンテーションスキルは、大勢の人の前で話す際や少人数で話す際に役立つスキルです。

 

お客様に対する説明会や商談、電話応対など社外の人間と話すときや社内会議、朝礼、上司への報告・相談などにも役に立ちます。プレゼンテーションスキルをつけることで、伝えたいことが聞き手に伝わりやすくなり、仕事の効率やお客様満足度にもつながっていくでしょう。

新入社員研修で取り入れたい内容8:コミュニケーションスキル

8つ目は、コミュニケーションスキルです。コミュニケーションスキルがあることで、上司や同僚、部下など社内の方やお客様とのコミュニケーションを円滑にとることができます。

 

社会人として求められるコミュニケーション能力は、仕事をするうえで重要となってきますので、研修の内容に盛り込むと良いでしょう。

新入社員研修におすすめの研修方法9つ

研修をする際に使う研修方法にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、新入社員研修におすすめの研修方法を9つ紹介します。

 

どの研修方法がどのパターンの研修に合うのかを確認し、実際に新入社員研修を行うときにどの方法が効果的なのかチェックしていきましょう。

新入社員研修におすすめの研修方法1:グループワーク

1つ目は、グループワークです。グループワークとは、複数人で1グループをつくり、1つの物事に対して、そのグループ内のメンバーと協力し、議論や検討、意思決定、発表などを行っていく研修方法です。

 

座学だけでは補えない点をグループワークを取り入れることで、グループで協力するコミュニケーション能力やグループでの意見をまとめるリーダーシップ力などをはかることができたり、意見交換をすることで新しい発見を得ることができます。

新入社員研修におすすめの研修方法2:ケーススタディ

2つ目は、ケーススタディです。新入社員研修におけるケーススタディは、実際の業務を遂行した際に起こりうる事例をテーマに掲げ、その事例に対してどのように対応するのか、どのような解決方法があるのかを考えていく研修方法です。

 

電話応対や来客対応などのビジネスマナーや接客スキルなど実践的なことを学ぶ研修に適しており、多くの企業で取り入れられている技法です。

新入社員研修におすすめの研修方法3:レクリエーション

3つ目は、レクリエーションです。簡単なゲームなどのレクリエーションを新入社員研修で取り入れることによって、新入社員の緊張をほぐしながらコミュニケーションをとることができます。

 

新入社員研修というと堅苦しく難しいイメージがありますが、簡単なゲーム形式でレクリエーションを取り入れ、身体を動かすことで心の距離が近くなり、チームワークなどを自然に意識させることが可能です。

新入社員研修におすすめの研修方法4:ロールプレイ

4つ目は、ロールプレイです。ロールプレイは、お客様役や店員役など各々に役割を振り、その役割目線で演技する研修方法です。

 

ロールプレイを行うことで、実践的な業務体験をすることやお客様目線など相手の立場で考える力をつけることができます。電話応対や来客応対などの研修にも適していると言えるでしょう。

新入社員研修におすすめの研修方法5:メンター制度

5つ目は、メンター制度です。メンター制度とは、新入社員それぞれに他部署の先輩社員がつき、サポートする制度です。

 

仕事内容など具体的な業務に関する事柄から人間関係など職場の環境面など、幅広い内容を年齢の近い先輩社員に気軽に相談できることが新入社員の不安を取り除くきっかけになるでしょう。

 

新入社員のメンタル面もケアするメンタルヘルスケアなどの効果もある制度になっています。

新入社員研修におすすめの研修方法6:OJT

6つ目は、OJTです。OJTは、On the Job Training の略称で、実際に働く現場に入り、実務経験を積む研修形態です。

 

それぞれの配属先で行われるのが一般的で、実際に業務で必要な技術を実際に経験しながら、実用的、応用的に学ぶことができます。パソコンスキルやオフィスのファシリティなどもOJT形式が向いているでしょう。

新入社員研修におすすめの研修方法7:Off-JT

7つ目は、Off-JTです。Off-JTとは、職場外でセミナーや講義受講をする研修方法です。仕事の進め方や基礎知識、ビジネスマナーなどの仕事を進めるうえで必要な考え方の基盤をつくり、仕事のベースを構築することができます。

 

外部講師などを招いたりして、社会人としての基礎的な知識を学ぶことができるでしょう。

新入社員研修におすすめの研修方法8:ディスカッション

8つ目は、ディスカッションです。ディスカッションとは、討論することで、論理的考え方であるロジカルシンキングが身につけられるでしょう。

 

議論テーマに対して賛成派反対派に分かれて討論するディベートと異なり、1つの結論にたどり着くことを目標にして意見を出しながら、まとめていきます。

新入社員研修におすすめの研修方法9:座学

9つ目は、座学です。座学とは、講師が受講者に対して話をする講義形式の研修方法です。

 

企業理念やビジネスマナーを教えることに向いている形式で、教える量が多い新入社員研修でよく用いられる研修方法です。講師から受講者に一方的に話すことが多いため、受講者の集中力を保つ目的で、他の研修方法と組み合わせて使う場面も多く見ます。

新入社員研修を実施するときの注意点3つ

新入社員研修を実施するときに気をつけるべき点はどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、新入社員研修を実施するときの注意点を3つを紹介します。

 

新入社員研修を開催するときに注意して実施することで、研修をより有意義なものにすることができる可能性があがりますので、注意点をチェックしていきましょう。

新入社員研修を実施するときの注意点1:宿泊施設の選び方

1つ目は、宿泊を伴う研修を実施する場合に注意する点です。宿泊を伴う研修を行う際には、宿泊施設を選ぶ必要があります。

 

研修で利用される宿泊施設は、研修室が備えられたセミナーハウスや研修場所近くのホテルが多いです。研修の疲れを癒すために、個室を用意したり、大浴場やリラクゼーション施設がある施設を選ぶと尚良いでしょう。

新入社員研修を実施するときの注意点2:労働時間を明確にする

2つ目は、労働時間を明確にすることです。特に研修が数日間にわたって実施される場合、どこまでを労働時間とみなすのかを判断することは難しく、注意が必要です。

 

支給する給料にも関わってきますので、どこまでを労働時間として扱うかを事前に決めておき、就業規則などに明記して、労働時間を明確にしておくことが必要です。

新入社員研修を実施するときの注意点3:給与の支給は必要

3つ目は、給与の支給についてです。新入社員研修中の給与や残業代は、研修への参加が自由か義務とされているのかの違いで支給が必要か異なります。

 

研修への参加が義務となっている場合は、給与や残業代を支払う必要がありますので、基本的に支払う必要があると言えるでしょう。

新入社員研修後のフォローで気をつけるべきポイント3つ

新入社員は、新入社員研修が終了後、各部署へと配属されていきます。それでは、配属後の新入社員のサポートをするうえで、配属先の先輩社員や上司はどのようにフォローしていくべきなのでしょうか。

 

ここでは、新入社員研修後のフォローで気をつけるべきポイントを3つ紹介しますので、確認していきましょう。

新入社員研修後のフォロー1:振り返りの時間を作る

1つ目は、振り返りの時間を作ることです。振り返りを行うことによって、現在の自分の状況を把握し、自分の課題の抽出を行うことができるため、これはとても重要になってきます。

 

研修後の3ヶ月後や半年後など一定期間空いた後、振り返りの時間を設けて研修内容を実践できているのかを自己採点させたり、キャリアプラン作成や現在の状況をプレゼンテーションして報告してもらうなどして、現状とこれからのサポートをしましょう。

新入社員研修後のフォロー2:配属先で孤立していないか確認する

2つ目は、配属先で孤立していないかを確認することです。新人がひとりしかおらず、配属先で馴染むことができず孤立してしまうこともあります。

 

そうならない為に、配属後に新入社員が馴染めるようフォローしていくことは重要です。新入社員が質問をしたいときに気軽に質問できる環境とその質問に対して即座に回答できる講師をつけたりと新人が働きやすく、仕事へのモチベーションが上がるような環境を整えていきましょう。

新入社員研修後のフォロー3:モチベーションのサポートをする

3つ目は、新入社員のモチベーションをサポートすることです。配属されたばかりの頃は、仕事に対してわからないことも多く、壁にぶつかりやすい時期です。

 

そういった時期には、どうしても仕事に対してのモチベーションが落ちてしまいます。その為、メンタルヘルスケア制度を導入したり、希望している仕事につながるような未来を明確に示したりするサポートをしましょう。

新入社員研修について把握しよう

新入社員研修について、本記事ではみてきましたが、いかがだったでしょうか。新入社員研修は、会社に入ったばかりの新入社員が会社に馴染むために重要なものです。

 

より充実した良い研修を行い、研修後も新入社員をサポートしていくことで、新入社員はより仕事に対してやりがいを持ち、前向きに取り組むことができるようになる可能性があがるでしょう。新入社員研修やその後のフォローの向上について検討してみてはいかがでしょうか。