MENU

求人広告の効果的に書き方とは?書く際に注意したい12のポイント

求人広告に応募が集まらない理由とは?

求人広告を出したのに、なかなか応募が集まらないということはありませんか。そのような場合には、求人広告がターゲットの目に留まっていない可能性が考えられます。

 

理由の一つとして、広告のターゲットが意識できていないことが挙げられます。その結果として、求人広告の内容が曖昧になってしまい、求人の魅力が下がってしまうのです。

 

以下では、効果的な求人広告の書き方のコツや意識したいポイントについてご説明します。求人広告を作成する際、是非参考にしてみてください。

効果的な求人広告の書き方

効果的な求人広告の書き方には押さえておきたいポイントが12あり、それぞれ書く前の設計と執筆中のポイントに分けられます。

 

設計のポイントには、誰に伝えたいのかを明確にする、何を伝えたいのかを明確にする、コンセプトを決める、事前に書きたいことを洗い出す、などが挙げられます。

 

執筆のポイントには、具体的に書く、募集の背景を書く、応募資格は明確にする、キャッチコピーはわかりやすく、備考欄もしっかり書く、いいことだけを書かない、写真を入れることがあります。

求人広告の書き方1:誰に伝えたいのかを明確にする

求人広告の書き方その1は、誰に伝えたいのかを明確にすることです。まずはどんなターゲットを採用したいのかを洗い出し、まとめてみましょう。その際は、必要なスキルや経験、人物像についてクリアにするとよいでしょう。

 

ターゲットを定めずに書くと条件がどんどん膨らんでしまい、合致する求職者が少なくなったり、広告全体のまとまりが無くなったりします。あらかじめ伝えたい相手を明確にすることで、マッチングする求職者を引き付ける内容を考えやすくなります。

求人広告の書き方2:何を伝えたいのかを明確にする

求人広告の書き方その2は、何を伝えたいのかを明確にすることです。ターゲットが明確になったら、自社の魅力を掘り下げ分析していきましょう。仕事内容や給与、待遇や社内制度、キャリアパスなどが例として挙げられます。

 

いくつか洗い出したら、その中でターゲットが興味を持ちそうなことは何かを考えていきます。この際、ターゲットのペルソナがしっかりしていると、訴求ポイントを把握しやすくなります。求職者に絶対に伝えたいことが伝わるように、まずはしっかりと伝えたいことを明確にしておきましょう。

求人広告の書き方3:コンセプトを決める

求人広告の書き方その3は、コンセプトを決めることです。求人を作成する際に””テンプレートに闇雲に条件や仕事内容を書き並べてしまう”と、一貫性がなくなり魅力が薄くなってしまいます。書き始める前に、まずは求人広告全体のコンセプトを決めましょう。

 

コンセプトには、先ほど明確にした「誰に」「何を」の組み合わせの中で最もターゲットの心に刺さるものを選びましょう。コンセプトに沿った求人広告にすることで、求職者に効果的に訴えかけられる可能性があります。

求人広告の書き方4:事前に書きたいことを洗い出す

求人広告の書き方その4は、事前に書きたいことを洗い出すことです。人材を募集する際、すぐに求人広告の執筆に手を付けてしまいがちですが、効果的な広告を作成するためにはあらかじめ求人広告の設計をすることが肝要です。

 

ターゲットに何を伝えるのか、コンセプトはどんなものかを事前に洗い出しておくことで、一貫性のある求人広告が作成できます。設計に沿って作業を進められるため、内容にブレがなく伝わりやすい広告が生まれるようになります。

求人広告の書き方5:なんでも書けばいいわけではない

求人広告の書き方その5は、「なんでも書けばいいわけではない」ということを心に留めておくことです。自社の魅力を洗い出すとターゲットへの魅力づけに、あれもこれもとつい伝えたくなってしまいがちです。

 

ところが、魅力を全て書いてしまうと広告の内容が煩雑化してしまい、結局何を伝えたいのかわからなくなってしまいます。その結果、求職者へインパクトを残せず、スルーされる求人広告となってしまうのです。訴求ポイントはできるだけシンプルにすることを心がけましょう。

求人広告の書き方6:具体的に書く

求人広告の書き方その6は、具体的に書くことです。仕事内容や職場の雰囲気などについて、求職者がイメージしやすいかを意識して書くことが大切です。

 

入社後のイメージが湧きにくい求人内容だと、求職者の興味を引くことは難しくなってしまいます。具体的にどんな仕事を担当するのか、どんな人と接点を持つかなどイメージを持ちやすい情報を提供しましょう。また、人数や回数など数字の指標を使うと具体性が増し効果的です。

求人広告の書き方7:募集の背景を書く

求人広告の書き方その7は、募集の背景を書くことです。募集背景には欠員と増員がありますが、どのような背景で募集するかを書くことで、求職者の安心感に繋がり応募がしやすくなるでしょう。

 

例えば、増員には「業績好調で人手不足のため増員」「部署拡大のため増員」などを書くとよいでしょう。欠員は敬遠されがちですが、「一緒に頑張ってきた仲間が次のステージにステップアップするため退職予定。」など、理由を一緒に書くことで納得してもらえる可能性があります。

求人広告の書き方8:応募資格は明確にする

求人広告の書き方その8は、応募資格を明確にすることです。スキルや経験、必須条件か歓迎条件かなどについてできるだけ具体的に書きましょう。ターゲットの応募資格を明確にすることでミスマッチを防げます。

 

例えば、「何らかの開発経験がある方」では必要スキルがイメージしにくいですが、「オープン系のシステム開発経験がある方」や「ソフトウェアの設計・開発・テストといった一連の開発プロセスに携わった経験がある方」などと書くと具体性が増し、応募しやすくなります。

求人広告の書き方9:キャッチコピーはわかりやすく

求人広告の書き方その9は、キャッチコピーをわかりやすくすることです。何を最も伝えたいのかということを明確にしつつ、求職者が応募したくなるような魅力的なキャッチコピーにしましょう。

 

力が入りすぎると「どう」伝えるかに目を向けてしまいますが、まずはターゲットに何を伝えたいかをコンセプトに沿って考えることが大切です。そして、求職者側のメリットとコピーが合致しているか確認してみるとよいでしょう。

求人広告の書き方10:備考欄もしっかり書く

求人広告の書き方その10は、備考欄もしっかり書くことです。備考欄には、その他の情報で求職者が気になりそうな事柄を記載しておきましょう。一般的には、実際の残業時間や職場環境について記載されることが多いようです。

 

具体的には、社内の男女構成比、部署内の構成や勤続年数、フロアの雰囲気、育児休暇や介護休暇の取得状況などを書くことで、求職者が職場環境をイメージしやすくなります。また、実際の情報が多いと求人広告自体の信用度が上がり、求職者に安心感を与えられることが期待できます。

求人広告の書き方11:写真を入れる

求人広告の書き方その11は、写真を入れることです。写真を入れることで、さらなる魅力付けが可能になります。写真で何を伝えたいかをコンセプトに沿って考え、合った写真を選定しましょう。

 

例えば、オフィスの写真を入れると実際に働くイメージが湧きますし、綺麗なカフェや研修室などがオフィス内にあれば合わせて載せることで就労意欲が掻き立てられます。また、職場の雰囲気を伝えるには実際に働く社員の写真があると効果的です。上手に選定し、魅力づけに活用しましょう。

求人広告の書き方12:いいことだけを書かない

求人広告の書き方その12は、「いいことだけを書かない」ことです。いいことばかりを書いてしまうと、求職者の中でいいイメージばかりが膨らみ入社後のミスマッチに繋がってしまいます。このギャップはモチベーション低下や早期退職に繋がるため、十分に注意しましょう。

 

その為、求人広告には懸念点などネガティブな部分の記載も必要となってきます。正直にネガティブな面を書くことで広告に真実味が増し、求職者に応募してもらいやすくなるという利点もあります。

求人広告を出す際に意識したい2つのポイント

続いて、これから実際に求人広告を出そうという方に向けて、意識したいポイントをご紹介します。

 

ここまでは、求人広告に応募が集まらない理由や求人広告の書き方などについてご説明しましたが、より効果的な求人広告を展開したい方には、実際に出稿するうちに疑問も出てくるでしょう。

 

そういう時には、PDCAサイクルを回す、法律違反をしていないかの2点について意識するとよいでしょう。

求人広告を出す際に意識したいポイント1:PDCAを回す

意識したいポイントその1は、PDCAサイクルを回すことです。求人広告の目的は、マッチした人材を確保することです。そのため、求人広告を出して終わりではなく、状況に応じた見直しや修正がその都度必要となります。

 

応募が来ない場合には、「伝えたいことが明確になっているか」「他社と比べて見劣りしていないか」「求職者に不安感を与える記載はないか」などについて再考してみましょう。

 

広告内容の他には、媒体が原因である可能性があります。媒体のユーザーにターゲット層がいるか、件数が多くて埋もれていないかなどを調査し、対策を講じていきましょう。

求人広告を出す際に意識したいポイント2:法律違反をしていないか

意識したいポイントその2は、法律違反をしていないかどうかです。給与、残業代、労働時間や残業時間、休日休暇、応募資格については記載内容に注意が必要です。

 

給与については、最低下限金額の記載が必須となります。また、固定給にみなし残業代が含まれる場合には、月給35万円(〇時間〇円分のみなし残業代含む)と明記しなければいけません。

効果的な求人広告を書こう

効果的な求人広告を書くには、ターゲットや伝えたいことを明確にした上でコンセプトを決め、訴求ポイントをシンプルにすることなどを紹介しました。

 

今回、ご紹介した効果的な書き方と求人広告を出す際に意識したいポイントを活用しながら、魅力的な求人広告を作成し、採用活動の質を向上させてみませんか。