MENU

テレワークマネジメントの課題と対策6選|成功させるポイントとは?

テレワークとは

時間や場所に縛られることなく通信網を活用し企業と契約して、自在な労働を実践するのがテレワークという働き方です。

 

どこでも仕事が進められるため、通信機器を使って在宅ワークも可能です。ただし、企業ごとに規定があるため、通勤しないスタイルとはいえルールが定められています。

 

パソコンやスマートフォンを使い、従業員同士が情報を共有しながら仕事を進めていけるため、昨今は注目され始めている働き方がテレワークです。

マネジメントとは

企業ごとに定められた収益を上げるための仕組み・手段を従業員に遂行してもらうため、制定されているのがマネジメントという考え方です。

 

会社は利益が出ていなければ運営できないため、マネジメントをして従業員が一丸となって会社の利益向上に参加します。

 

収益向上には企業や業種ごと規模によっても考え方が異なりますが、そもそもマネジメントという考え方がないと、企業は従業員の労働を管理することができません。

業務のマネジメント

1つにプロジェクトの進め方・割り振りなどの管理のことを、業務のマネジメントと呼びます。マネジメントには経営・管理という意味がありますので、業務上で必須となる企業が行う仕事の進め方と分担の指示は重要な作業です。

 

スムーズな業務を会社全体で進めていくため、社内では業務マネジメントを専門で担当する人材を選出することがあります。

育成のマネジメント

業務の指示やスケジュール管理も行うマネジメント業務では、従業員育成のためのチェック・フォローも実践します。

 

仕事には納期があるため、スケジューリングが非常に重要です。テレワークマネジメントは、企業の目標売上に関わる重要な課題でもあるため、採用した人材の研修・育成も仕事として管理していきます。

テレワークマネジメントの課題と対策6選

課題が多いテレワークマネジメントには、6つの対策が挙げられます。

 

テレワークマネジメントを取り入る有限会社や株式会社企業が増えている日本では、課題も出てきて対策も必要となっています。

 

テレワークで働く人材の求人も幅広く行われてセミナーも開かれることがあり、自粛生活が多くなる現状の日本では、テレワークとテレワークマネジメントは切り離せないため、課題と対策について理解を深めましょう。

テレワークマネジメントの課題と対策1:コミュニケーション不足

テレワークの懸念として挙げられるのが、企業と働く人のコミュニケーション不足です。

 

企業と労働者が通信機器のみで接しますので、テレワークマネジメントがなければ仕事の管理ができなくなります。対面しながら労働するスタイルではないため、コミュニケーションが足りずに仕事上の対話が不完全なまま進みがちなのがテレワークの課題です。

対策

テレワークマネジメントとして、Web会議ツールを取り入れて働く人同士がコミュニケーションできる場を設けて対策しましょう。

 

動画でコミュニケーションを高めることも可能ですし、チャットで対話することもできます。

テレワークマネジメントの課題と対策2:労働時間の管理

労働時間の管理は、テレワークでは難しいです。通勤することがないため、始業と終業の時間があいまいになりがちですので、テレワークマネジメントが必須な点と言えます。

 

なかには時間にルーズな労働者もいるため、テレワークマネジメントがなければ、仕事がスムーズに進展しないケースもあります。

 

正確な時間を設定して守りながら双方が仕事をしていくことに難しさがあるのも、テレワークという働き方です。

対策

コストパフォーマンスが高い勤怠管理ツールを導入して、テレワークマネジメントが可能です。

 

「jinjer勤怠」「就業奉行10」などの勤怠管理ツールがありますので、テレワークマネジメントに困っている企業は取り込んでみると改善できることが多くあります。

 

ただ、導入費用が高いツールもあるため、企業の用途・考え方ごとに検討して勤怠管理できる最適なツールを活用することにより、テレワークマネジメントの負担軽減が実現します。

テレワークマネジメントの課題と対策3:業務の評価

業務の評価が出しにくい点は、テレワークマネジメントの課題として挙げられます。

 

テレワークは、企業側が働く人の仕事に対する評価を出しにくい環境です。完結した業務には、多かれ少なかれ評価できるポイントがありますが、口頭で伝達できないために伝わりにくいのがテレワークという働き方です。

対策

業務の評価が可能なタスクツールを活用すれば、テレワークマネジメントの負担が軽減できます。専用の便利なツールでは、プロジェクト管理・ファイル送信・TODOリストなどの共有が簡単に可能です。

 

求人をしている企業で管理不足が懸念される場合、会社概要としてツールを活用していることを初めから伝達しておくことで、働く側も安心感を持ったまま労務に集中できるでしょう。

テレワークマネジメントの課題と対策4:情報漏洩

オフィスで働く企業と比べると、テレワークマネジメントがなければ情報漏洩しやすくなるのがテレワークです。

 

昨今は個人でYouTubeやInstagramなどのSNSを活用する人が増えているため、企業の情報を容易に公開してしまう人も増えつつあります。

 

企業秘密という、会社ごとの運営手段や情報の管理を徹底していくのが基本ですが、誰もが個々で情報発信できる時代ですので、情報漏洩は起こりやすい問題です。

対策

仕事で使う端末のセキュリティを向上させる指示を働く人へ出し、企業全体で情報漏洩を回避します。

 

ルーターを最新のファームウェアにしたり、他者へ使用させない環境をつくったりするなど、個々が情報漏洩を防ぐ取り組みはテレワークマネジメントとして重要です。

 

公衆のWIFIも扱い方によっては情報漏洩してしまうため、信頼できる機器や設備のなかでテレワークができる環境を整備します。

テレワークマネジメントの課題と対策5:自律的な組織作り

自分から率先した労働をしなくなりがちなテレワークには、つねに課題が残ります。

 

指示を受けなければ働かない人材は、どこの世界にも存在しています。自律心に欠けているため、テレワークマネジメントをしなければ業務の完結はおろか、何も進展さえしないケースも多いと言われています。

 

組織として、企業はテレワークで働くための自律心を、従業員の一人一人に芽生えさせる責務も大きな課題と言えるでしょう。

対策

細やかな指示を出して個々の性格に合った指導や対応を心がけ、テレワークマネジメントをして対策します。

 

従業員の働く意欲や、自律した考え方を芽生えさせるのも企業の仕事の1つですので、従業員ごとのケアができれば最善です。

 

非常に難しい課題ではありますが、対策を講じなければ仕事がスムーズにはかどりませんので、大なり小なり企業の永遠の課題として挙げられ、上記の対策を継続していくしかありません。

テレワークマネジメントの課題と対策6:雑談できる環境構築

チームワークが必須なテレワークでは、雑談する機会が減り従業員同士の対話がないため、信頼関係の構築が困難になりがちです。

 

仕事はお互いの信頼で進んでいきますが、テレワークでは接点が少ないために、信頼関係を向上させる手段が限られています。

 

スキンシップとは真逆の労働スタイルですので、テレワークでは雑談できる環境を設定し、企業と労働者の垣根を低くして対策をします。

対策

ラインやチャットワークなどで、企業全体や個々で雑談できる環境を構築します。

 

たとえば、育休している従業員とも現在の情報を共有することで、休み明けの働く意欲を維持しやすくなります。北海道と沖縄であっても、いつでも同じ時間を共有してたわいない会話を楽しむことも、仕事を一緒にするメンバー内には重要です。

テレワークマネジメントを成功させるポイント3選

テレワークを心地よく継続でき、テレワークマネジメントを成功させる3つのポイントがあります。

 

テレワークでは管理する内容が増えるため、管理不足によって問題が生じやすくなります。双方が快活な労務を遂行できるよう、テレワークマネジメントが失敗しないためにもおさえておくとよい方法ですので、ぜひ取り入れてみてください。

成功させるポイント1:見える化して管理

個々のテレワーク内容が見えるように、企業がタスク・プロジェクト管理しやすいツールを導入しましょう。

 

仕事の過程も管理しやすくなれば問題が生じにくくなりますので、仕事が見える環境を整備します。一括管理できるテレワークでは、企業側のテレワークマネジメントに費やす労力も軽減して、双方にとって快適な業務が実行できるでしょう。

成功させるポイント2:報連相ができる環境作り

テレワークでは顔を合わせる機会が少ないため、企業の全員が定期的に集まる機会を取り入れましょう。

 

報連相という仕事における基本を再確認したり、顔を見ながら雑談したりできる場はテレワークをメインとして実践する企業に重要です。年に数回でも働く人々が直接話し合える環境があれば、労働意欲も湧いて企業との信頼関係を向上することへもつながるでしょう。

成功させるポイント3:マネジメント側からコンタクト

テレワークマネジメントを行う側からも、積極的なコンタクトをとるようにします。

 

雇う側が従業員をおもんぱかっていくことで、お互いの信頼関係を築きやすくなります。テレワークでは対話が少ないため、テレワークマネジメントを実行する立場の人が、働く人の現状を伺っていくことにより仕事への疑問や思いも実感でき、快活な業務として完結する案件が増えるでしょう。

テレワークマネジメントを成功させ効率UPに繋げよう

仕事をはかどらせるためにも、企業は働く人々のテレワークマネジメントをして業務の効率化を図りましょう。

 

テレワークが進む現代では、テレワークマネジメントという課題も出てきました。企業と労働者の間を信頼関係を維持したまま、効率的に業務が進行する対策を導入することで会社の収益も向上します。

 

便利なテレワークだからこそ課題と対策を把握して業務のスムーズ化をし、双方で楽しく仕事を完結していきましょう。

ウェビナー