MENU

テレワークを導入すると従業員がだらける?だらけないための防止策5つと適切な環境

テレワークを導入すると従業員がだらける?

近年積極的に取り入れられることのあるテレワークですが、テレワークでの作業を導入すると従業員がだらける懸念があります。

 

テレワークとはインターネットの通信回線を利用して自宅などで仕事をしていくので、上司や同僚の目が届かないことで作業効率が下がったり、だらけるなど問題が発生するのです。

 

テレワークを導入していく人は、従業員とのコミュニケーションを綿密に取りながら、管理ツールなどで作業を把握するようにしましょう。

テレワークのメリット5つ

テレワークを導入することで得られるメリットがあります。テレワークは従業員がだらけてしまう懸念がありますが、業務に上手く取り入れることができれば時間や場所の制限がなくなるので作業効率を上げたり、ライフワークバランスを考慮した働き方ができます。

 

テレワークを導入する人は、テレワークを導入することでどのようなメリットとデメリットが生じるのか把握してから、業務に取り入れるか判断するようにしましょう。

テレワークのメリット1:時間に余裕ができる

テレワークのメリットに時間に余裕ができることが挙げられます。通勤の手間が省けるので時間に余裕を持つことができますが、就業時間の統一ができない場合があるので職場を管理していく人は会社の就業時間を統一するための工夫が必要になります。

 

テレワークを導入する人は、空いた時間を無駄にしないためにも、新たな作業工程を定め、社員に作業効率を考えた働き方をさせるようにしましょう。

テレワークのメリット2:場所が限定されない

テレワークのメリットに、場所が限定されないことが挙げられます。テレワークを導入することができればオフィスまでの距離を気にせず仕事をしていけるので、貴重な人材を逃すこともなくなり、また、優秀な人材の採用に繋げることができます。

 

テレワークを導入する人は、サテライトオフィスやコワーキングスペースといった場所を確保しておくことで、テレワークでの作業を進めやすくしておきましょう。

テレワークのメリット3:作業の効率化ができる

テレワークのメリットに作業の効率化が上がることが挙げられます。従業員にテレワークでの作業をさせていく場合、社員がだらける懸念こそありますが、時間や場所を自由に選べることでモチベーションの向上に繋がり、生産性を上げられるメリットがあります。

 

作業の効率化を図りたい人は、管理ツールなどを活用し社員がだらける懸念を払拭しながら、テレワークでの作業効率化を図りましょう。

テレワークのメリット4:移動の手間が省ける

テレワークのメリットに移動の手間が省けることが挙げられます。テレワークを導入することができれば、通勤時のコロナウィルスの感染リスクを下げることだけでなく、移動にかかる時間の短縮にも繋がります。

 

テレワークを導入する人は、社員の健康と安全を考えていくためにもテレワークの作業を導入するようにし、安全な職場環境を確保するようにしましょう。

テレワークのメリット5:ライフワークバランスを考慮できる

テレワークのメリットに、ライフワークバランスを考慮できることが挙げられます。テレワークを導入することができれば、通勤の時間を家事や育児などの時間に充てることができるので気持ちに余裕が持てるようになり、仕事のモチベーション向上に繋げることができます。

 

経営者として職場を管理していく人は、ライフワークバランスを考慮した働き方をさせていくためにもテレワークの導入を検討するようにしましょう。

テレワークでだらけないための防止策5つ

テレワークでだらけないための防止策が5つほどあります。テレワークは職場に出勤しないため社員がだらける懸念がありますが、企業側が防止策を講じておけば、従業員がだらけることを防止することができます。

 

だらける懸念がある社員を管理していく人は、テレワークに合わせた作業の評価基準を新たに設けたり、社員の通信環境や作業環境を整えさせ、だらけることを防止していきましょう。

テレワークでだらけないための防止策1:監視ツールを導入する

テレワークでだらけないための防止策に管理ツールを導入することが挙げられます。テレワークで相手の姿が見えないとだらけることがあるので、Webカメラの設置を義務付けたり、顔認証で出勤させるなどの工夫が必要になります。

 

だらける懸念がある社員を管理していく人は、Webカメラの設置を義務付けるようにし、社員の作業を把握することに努めましょう。

テレワークでだらけないための防止策2:通信環境を整える

テレワークでだらけさせないための防止策に通信環境を整えることが挙げられます。テレワークを導入していく際、全従業員にWebカメラを設置することが難しいことがあるのでZoomなどのサービスに加入させておき、社員と職場との通信手段を確保しておくようにしましょう。

 

だらける懸念がある社員を管理していく人は、社員にZoomなどの画面確認ができるサービスに加入させておくようにしましょう。

テレワークでだらけないための防止策3:目標管理設定を徹底する

テレワークでだらけないための防止策に、目標管理設定を徹底することが挙げられます。社員ひとりひとりに達成すべき目標を持たせるようにすれば、社員は定められた目標を達成しようとテレワークでの作業にあたるため、だらけることを防止することができます。

 

だらける懸念がある社員を管理していく人は、社員の能力や担当部署に合わせた達成目標を定めるようにし、作業管理をしていくようにしましょう。

テレワークでだらけないための防止策4:評価基準を改める

テレワークでだらけないための防止策に、評価基準を改めることが挙げられます。テレワークに伴い作業の目標管理設定を行えば、新しい作業の評価基準を定めていく必要があるので、社員モチベーションを下げないためにも今までの評価基準を改めるようにしましょう。

 

だらける懸念がある社員を管理していく人は、社員のモチベーションを向上させていけるような評価基準を定めるようにしましょう。

テレワークでだらけないための防止策5:作業環境を整えさせる

テレワークでだらけないための防止策に、作業環境を整えさせることが挙げられます。自宅で作業する社員に、どのような作業環境を整えておくのかあらかじめ指導しておき、作業をしていくための通信環境や服装、化粧、髪型などの具体的な指示を与えておくようにしましょう。

 

だらける懸念がある社員を管理していく人は、担当する業務ごとに作業環境の指示を与え、業務に支障が出ない配慮をさせるようにしましょう。

だらける人に!テレワークに適した環境とは?

テレワークに適した環境を選んでいくことでだらけることを防止していくことができます。自宅の作業だと少なからずだらける社員が出てしまうので、レンタルスペースやサテライトオフィスなどを活用し、社員に仕事をさせていく必要があります。

 

だらけてしまう社員に困っている人は、社内の予算に合わせた作業スペースを確保し、それらの場所で社員に仕事をさせていきましょう。

テレワークに適した環境1:レンタルスペース

テレワークに適した環境にレンタルスペースがあります。レンタルスペースはオフィスとして使える部屋を借りることです。

 

レンタルスペースは経営している会社が多いため都会でなくても部屋を確保しやすくなっており、通信環境が整っているので作業がしやすいというメリットがあります。

 

テレワークを導入していく人は、ウィルスの感染を防止し社員の健康を維持していくためにもレンタルスペースでの作業を検討しておきましょう。

テレワークに適した環境2:自宅

テレワークに適した環境に自宅での作業があります。社員自身が住んでいる部屋をテレワークの作業場とすることができれば、ライフワークバランスを考慮した働き方が可能になり、社員のモチベーションを上げることができるので作業効率を上げることができます。

 

テレワークの導入の際に社員の自宅を選ぶ人は、作業管理体制を整えるようにし、社員ひとりひとりに作業目標を設定させた上で自宅でのテレワークをさせるようにしましょう。

テレワークに適した環境3:サテライトオフィス

テレワークに適した環境にサテライトオフィスがあります。本社以外の離れた場所をサテライトオフィスとして設けることで、社員の通勤の負担を減らすことができるためライフワークバランスを考えた働き方をすることができます。

 

テレワークを導入する人は、都市だけでなく地方や郊外などにもサテライトオフィスを設営するようにし、従業員がテレワークをしていきやすい環境を整えるようにしましょう。

テレワークに適した環境4:コワーキングスペース

テレワークに適した環境にコワーキングスペースがあります。コワーキングスペースとは、ひとつの空間をさまざまな職業の人で共有するスペースのことを指します。

 

さまざまな人と一緒に仕事をすることで知識をシェアすることができ、また、新たなコミュニティが生まれ新しい仕事に繋がることもあります。

 

テレワークを導入する人は、仕事上の新しい発見をしていくためにもコワーキングスペースでのテレワークを推奨していきましょう。

テレワークに適した環境5:シェアオフィス

テレワークに適した環境にシェアオフィスがあります。シェアオフィスは時間単位で安く場所を借りることができ、長い期間借りることになっても賃貸契約を結ばなくて済むので、オフィスの移動が楽だというメリットがあります。

 

テレワークでコストを削減していきたい人は、安く場所を確保できるシェアオフィスを活用していくようにしましょう。

テレワークは続くのか?働き方の未来

これからの未来においてもテレワークは続いていく可能性があります。コロナウィルスが去ってもこれから新たなウィルスの登場する可能性が高く、さまざまな環境の変化に対応していくためにも企業はテレワークでの働き方を取り入れていく必要があります。

 

企業の生産性を上げていきたい人は、地球環境や人々の価値観に対応した労働環境を整えるようにし、さまざまな変化に打ち勝っていける企業を目指しましょう。

だらける社員が働く環境を整えてテレワークをうまく活用しよう

だらける社員の働く環境を整えるためにもテレワークをうまく活用していきましょう。だらける社員を減らしていくためにもテレワークのメリットをうまく活用して社員が働く環境を整えていく必要があります。

 

テレワークでだらける社員を管理していきたい人は、自宅以外の場所をテレワークの仕事場としたり、管理ツールを活用することで社員のモチベーションを向上させていきましょう。

ウェビナー