MENU

AWSマネジメントコンソールのメリット6つ紹介!AWSを集中管理!

AWSマネジメントコンソールとは?

AWSマネジメントコンソールとは、AWS(Amazon.comから提供されているクラウドコンピューティングサービス)のサービスやリソースを管理するためのツールです。

AWSマネジメントコンソールは、120以上もあるAWSのリソースを、アイコンやメニューで視覚的に管理できるたいへん便利な機能です。アクセス権限のあるユーザーたちのアカウント管理もできます。

以下から利点や特徴を詳しく紹介していきます。

AWSマネジメントコンソールの利点6つ

AWSマネジメントコンソールの利点を紹介していきます。代表的なものが以下の6点です。詳しく説明していきます。

1. 検索機能が使用できる
2. 管理機能が楽に使える
3. カスタマイズが可能
4. 整理がしやすい
5. アプリでの利用ができる
6.さまざまなログイン方法がある

AWSマネジメントコンソールには、この他にもさまざまなメリットがあります。機能を理解して、便利に使用していきましょう。

マネジメントコンソールの利点1:検索機能が使用できる

AWSマネジメントコンソールは、提供されたサービスを検索機能で簡単に選び出せます。

120以上もあるAWSのすべてのサービスやリソースの中から必要な機能を、詳細に確認しながら手軽に検索できます。

また、利用履歴からのアクセスも可能です。よく利用するリソースは、ショートカットで使用できます。

マネジメントコンソールの利点2:管理機能が楽に使える

AWSマネジメントコンソールは、AWSのすべてのサービスを、安全に一括で管理できるおすすめのツールです。

料金の確認、認証機能、アカウントの確認、セットアップ機能など、重要な管理はAWSマネジメントコンソールがしっかりとマネジメントしてくれます。

マネジメントコンソールの利点3:カスタマイズが可能

AWSマネジメントコンソールの操作性をカスタマイズできるため、簡単にショートカットが作成できます。

AWSマネジメントコンソールで頻繁に使用するサービスのショートカットキーを作成して、よりスピーディーなビジネスが実現できます。作成したリンクをAWSマネジメントコンソールのツールバーに移動させるだけで、簡単に便利なショートカットを作り出せます。

オプションで、ショートカットをさまざまな形態で表示できます。

マネジメントコンソールの利点4:整理がしやすい

AWSマネジメントコンソールには整理がしやすいというメリットがあります。

リソースグループメニューとタグエディタを使って自動でラベルやタグを適用して、容易にグループ分けができます。データをわかりやすく整理して、AWSの使い勝手をさらに機能的にする方法です。

以下から、それぞれについて詳しく説明していきます。

リソースグループ

AWSマネジメントコンソールでリソースグループを作り出せば、タスク管理と自動化を一度におこなえます。

構築には、AWSマネジメントコンソールのワークフローやチュートリアルを利用してください。ソリューションに必要なリソースを選び出してもらえます。ワークフローを設定すると、アクセス権のあるひとりひとりのユーザーが、構築や利用に関する手順を遵守するようになります。

タグ

タグはリソースグループより簡単に扱えるので、たいへん便利です。

AWSマネジメントコンソールのタグエディタ機能を利用すると、リージョンに関係なくリソースの管理が可能になります。リソースをグループ化させて、リージョンをまたいだ検索が実現します。

また、インスタンス(仮想サーバー)所有者にタグを設置すると、管理者(ユーザー)ごとに状態を確認できる、課金管理が可能になります。

マネジメントコンソールの利点5:アプリでの利用ができる

AWSマネジメントコンソールは、iOS/Androidoなどのモバイルアプリでも操作ができます。

AWSマネジメントコンソールのモバイルアプリは、Amazon アプリストア・Google Play・iTunesからダウンロードできます。既存のリソースの確認やタスクの実行もできます。

マネジメントコンソールの利点6:さまざまなログイン方法がある

AWSマネジメントコンソールにはさまざまなログイン方法があるため、企業や個人で便利に使い分けができます。

rootユーザー、IAMユーザー、モバイルからと、3つの立場からAWSマネジメントコンソールにログインできます。これにより、1つのAWSマネジメントコンソールに、承認された複数のIAMユーザーがアクセス可能になります。

rootユーザーのログイン方法

rootユーザーとしてAWSマネジメントコンソールにログインする際に、そのページを以前使用したことがない場合は、アカウント作成時に使用したEメールアドレスを入力します。

rootユーザーとは、AWSに初めて登録したときのIDで、管理者としての権限があります。AWSのすべてのリソース・サービス・手続きを実行できる機能があるため、AWSではrootユーザーIDの使用を推奨していません。

IAMユーザーのログイン方法

IAMユーザーとしてログインする場合は、AWSマネジメントコンソールにアカウントとパスワードを入力します。

IAMユーザーアカウントのIDは、rootユーザーを作成したあとで作られます。ユーザーの管理画面から、ユーザーの追加機能で作成します。パスワードはIAMユーザーIDと一緒に作ります。

グループで仕事をする際などに、社員ひとりひとりにIAMユーザーアカウントを作成して管理すると、安心で便利です。

モバイルのログイン方法

「AWS Console モバイルアプリ」でAWSマネジメントコンソールにIAMユーザーIDとパスワードを入力して、ログインができます。

モバイルメディアのセキュリティが心配な方は、パスコードを設定することもできます。

主なAWSマネジメントコンソールの特徴6つ

AWSマネジメントコンソールの主な特徴を6つ紹介していきます。

AWSマネジメントコンソールは、膨大な情報量のAWSが抱える管理という問題を、一括管理システムでソリューションしてくれる画期的なシステムです。全世界でいちばん使用されているクラウドサービスだからこそ、必要な管理ツールです。

AWSマネジメントコンソールがいかに使いやすく作られているシステムであるかを、以下の特徴から理解していきましょう。

AWSマネジメントコンソールの特徴1:全サービスを一括管理

AWSマネジメントコンソールはAWSのすべてのサービスをGUI(Graphical User Interface)で簡単に集中管理できる画期的なツールです。

AWSマネジメントコンソールを使用しないと、AWSのリソースを利用する際にいちいちコマンド入力をおこなう必要があります。専門的な知識や手間がかかります。AWSマネジメントコンソールを導入して簡略化して、ビジネススピードをアップさせていきましょう。

AWSマネジメントコンソールの特徴2:8つの言語が表示可能

全世界でいちばん活用されているAWSマネジメントコンソールは、日本語を含む8つの言語で操作可能です。

以前は英語バージョンだけだったAWSマネジメントコンソールですが、現在は英語・日本語・ポルドガル語・フランス語・韓国語・中国語・スペイン語・ドイツ語に対応しています。

ブラウザに対応しているデフォルトは、簡単に他の言語に切り替えられます。

AWSマネジメントコンソールの特徴3:モバイルアプリでの利用

AWSマネジメントコンソールはモバイルメディアでの使用も可能です。

AWSマネジメントコンソールはパソコンだけでなく、モバイルで出先から手軽に操作ができます。「AWS Console モバイルアプリ」という機能があるからです。

この機能を使って、スマホやタブレットでどのような場所からも、気軽にリソースの状況が確認できます。AWSのデータベースやストレージなどの利用も可能です。

AWSマネジメントコンソールの特徴4:月額料金の確認が簡単

AWSマネジメントコンソールの管理機能を使えば、サービス別の料金確認が手軽にできます。

AWSは従量課金制です。簡単に料金がチェックできるAWSマネジメントコンソールの機能が、とても重宝されています。

AWSの請求や支払いの状況が知りたいときは、請求情報とコスト管理コンソールを利用すれば簡単に調べられます。

AWSマネジメントコンソールの特徴5:ユーザーのログインIDとPWの管理

AWSには、rootユーザーとIAM(AWS Identity and Access Management)ユーザーの、ログインIDとPW(パスワード)認証の機能があります。

AWSマネジメントコンソールを使って、これらのIDを一括で管理できます。アクセス権限があるひとりひとりのユーザーにそれぞれログインIDとパスワードが割り当てられていて、管理者と各ユーザーのIDがまとめてマネジメントされています。

AWSマネジメントコンソールの特徴6:アカウント・セットアップ機能

AWSマネジメントコンソールで、アカウントの確認やセットアップ・切り替え機能が簡単におこなえます。

IAMユーザーはAWSマネジメントコンソールを使用して、わかりやすい操作でセットアップができます。

アカウントの確認・切り替え機能もAWSマネジメントコンソールの特徴です。そのアカウントにアクセス権限があるかどうかを、IDごとに確認できたり設定したりできます。

AWSマネジメントコンソールを利用し効率を上げよう!

AWSマネジメントコンソールを上手に使いこなして、効率を上げていきましょう。

AWSマネジメントコンソールの利用方法を詳しく紹介してきました。AWSマネジメントコンソールの便利さや機能性が理解できたら、さまざまなメディアや操作と組み合わせて、スマートに使いこなしていきましょう。

AWSマネジメントコンソールで時間の短縮と情報の簡略化を実践して、ビジネス・私生活を便利に機能的に充実させていきましょう。

ウェビナー