MENU

テレワークで起きる騒音の4つの原因とは?対処方や注意点も紹介

最近では、新型コロナの集団感染を防ぐため、自宅でテレワークをする人が増えてきています。会社での仕事を自宅で行うため、通勤時間が軽減されたり、時間を有効活用できるといったプラスの面もありますが、その一方で、環境の違いに戸惑いを感じ、仕事に集中できないといった声も多くあります。

テレワークで起きる問題とは?

テレワークでは、コミュニケーションが上手くいかなかったり、自己管理が難しいなど、問題点はさまざまですが、中でも特に気になるのが「騒音問題」ではないでしょうか。

テレワークを通して、普段は気にならなかった騒音に初めて気付くこともあります。

テレワークで起きる騒音の原因4つ

会社では仕事をする環境が整っているのは当然のことですが、テレワークでは、まず仕事をする場所を考える必要があります。といっても、会社のような環境をつくるのは容易ではありません。

自分専用の書斎などがある人はいいですが、ほとんどの人がリビングなどの家族が集まる場所で仕事をしている人も多いでしょう。リビングでのテレワークは、どうしても周りの声などの騒音が気になり仕事に集中できないと悩んでいる人も少なくありません。

では、仕事に集中できないほどの騒音とは、いったいどのようなものなのでしょうか。詳しく説明していきます。

テレワークで起きる騒音の原因1:子供の声

テレワークで起きる騒音の原因の一つとして、子供の声が挙げられるでしょう。

新型コロナの影響で学校が休みとなり、更に外出の自粛となっては、子供もストレスが溜まっているのでしょう。些細なことで兄弟ケンカをしたり、家の中で暴れ回ったりとしてテレワークに集中できないといったことが挙げられます。

テレワークで起きる騒音の原因2: オンライン会議の連絡

新型コロナの状況下で、夫婦が2人ともテレワークになっている場合があります。会社と連絡を取り合うために、お互いにオンライン会議をすることもあるのではないでしょうか。

タイミングによっては、同時にオンライン会議をすることもあります。「お互いの声で内容が聞き取れない」「会議に集中できない」などにより、大事なことを聞き逃してしまうこともあります。

また、どちらか一方がオンライン会議をする場合でも、会話をしている声が気になってしまいます。オンライン会議では、普段の会話より、どうしても声が大きくなりがちです。

職場では、他の人の会話など気にならなかったのに、自宅だと相手の声がうるさく感じてしまうようです。

テレワークで起きる騒音の原因3:生活音

洗濯機の回っている音や掃除機をかけている音、料理をしている音や後片付けの音など、日常生活していく上で、必ず聞こえる生活音があります。ドアを開け閉めする音やドタドタと歩く音なども気になってしまいます。

普段の休みでは全く気にならなかった生活音が、仕事の集中力を妨げ、ストレスにつながるでしょう。

テレワークで起きる騒音の原因4:近所の生活音

自宅での生活音も気になりますが、近所の生活音も意外に聞こえてくるものです。

特に、マンションやアパートなどで暮らしていると、上の階に住んでいる人の足音や物音、ベランダでの話し声などがうるさくてイライラしてしまいます。

騒音を小さくしてテレワークに集中する4つの方法

テレワークで起きる騒音には、子供の声や生活音など、周囲の音が原因であることがわかりました。それにより、集中が力切れてしまい、仕事の効率まで落ちてしまっているのではないでしょうか。

このままでは、仕事がはかどらないだけではなく、仕事への意欲までも無くなってしまう恐れがあります。では、どうすれば、快適な環境でテレワークをできるのでしょうか。

完全に騒音を無くすことはむずかしいですが、少しでも、騒音を小さくすることは可能です。その方法を紹介します。

1人暮らしの人におすすめ

1人暮らしでは、家族に邪魔をされることはありませんが、やはり気になる騒音といえば、上の階に住んでいる人や隣人の生活音ではないでしょうか。1人暮らしの場合、テレワークに集中する方法は2つあります。

テレワークに集中する方法1:お願いをする

今は、同じマンションやアパートに住んでいても、面識がないのがほとんどです。

ですから、直接「もう少し静かにして下さい」とは言いにくいかもしれません。ですが、少し勇気を出してお願いをしてみましょう。そうすれば、きっとあなたの誠意が伝わるはずです。

テレワークに集中する方法2:BGMをかける

それでも、外から聞こえてくる騒音が気になる人は、人間の心や行動を落ち着かせる効果があるBGMをかけることをおすすめします。お気に入りの好きな曲やリラックスできる曲を聴くことで、イライラする気持ちを抑えられます。

特に機器や機材などの設備などを揃えなくても、YouTubeなどで様々なジャンルの音楽があります。BGMをかければ、騒音を気にせず、テレワークに集中できるでしょう。

誰かと一緒に住んでいる人におすすめ

1人暮らしとは違い、誰かと一緒に住んでいる場合、家族の声やさまざまな騒音に悩まされテレワークに悪影響が出てしまうとがあります。

誰かと一緒に住んでいる人の場合、テレワークに集中する方法は2つあります。

テレワークに集中する方法3:ルールを決める

自宅でテレワークをするには、家族など、一緒に住んでいる人の協力が必要です。例えば、「10時から12時までは家事をしない」のようなルールを決めてみてはいかがでしょうか。そうすれば、お互い計画を立てて家事や仕事をすることができます。

家族から出る騒音で、家の中が険悪な雰囲気になってしまうのを避けるためにも、家族でルールを話し合ってみましょう。

テレワークに集中する方法4:作業する場所を決める

テレワークの仕事もそうですが、特にオンライン会議をする場合は作業する場所を決めましょう。同じ部屋での作業は夫婦ケンカになる恐れがあります。このようなことを避けるためにも、別々の部屋で作業することをおすすめします。

それでも相手の声が気になる人は防音対策をしましょう。ホームセンターなどで、手頃な価格で防音材が販売されており、工事をしなくても自分で簡単に取り付けすることができます。

騒音を解決するときに注意する3点

マンションやアパートではたくさんの人が生活しており、生活の様式や行動、価値観がそれぞれ異なります。そのため、ちょっとしたことで、トラブルになってしまうことがあります。

特に、トラブルで多いのが「生活から出る騒音」です。一戸建ての家と比べると壁などが薄いため、どうしても生活音が聞こえてきます。

この騒音問題を解決したいけど、トラブルに巻き込まれたくないと思っている人も多いのではないでしょうか。そこで、騒音を解決したい時の注意点をまとめてみたので、話し合いをする前に是非参考にしてみて下さい。

騒音を解決するときに注意する点1:言い回し

マンションなどの住人と直接、騒音のについて話し合う場合、一方的に注意をしてしまうと相手の反感を買ってしまうことがあります。そうなると、騒音問題どころか住み心地まで悪くなってしまいます。

誰でも、自分に非があると責められるのは気持ちのいいものではありません。「言い回し」ひとつで相手に与える印象が変わるので、感情的にならずに、謙虚な態度で話し合いをするように心がけましょう。

騒音を解決するときに注意する点2:音量を考える

騒音で仕事に集中できないからといって、音楽の音量を上げてしまうと逆に騒音になってしまうこともあります。特に夜の時間帯は、昼間の時よりも音が響きます。住んでいる環境や時間帯を考えて音量設定しなければなりません。

思いがけず、皆さんの聴いている音楽が騒音になっている可能性もあります。周囲への気配りを忘れないようにしましょう。</mark>

騒音を解決するときに注意する点3:事情を考慮

学校や公園は、子供が成長していく過程でもっとも大切な場所です。

しかし、新型コロナの影響で、学校が休みになり、子供を預かってもらえる場所もないため、自宅で過ごす時間が増えています。

そのため、どうしても子供のいる家庭では騒音が大きくなってしまいます。ですから、事情も考慮しながら、話し合いをするようにしましょう。

テレワークの騒音問題を解決しよう!

今は新型コロナの影響で、テレワークでの仕事が増えてきていますが、これからは、更にITを活用したテレワーク2.0に移行されていくのではないでしょうか。

そうなると、ますます自宅にいる時間が増えるため、騒音問題に悩まされる可能性があります。そのため、今から先のことを見据え、快適な環境でテレワークをできるよう考えることもいいのではないでしょうか。