MENU

テレワークで疲れる原因5つとは?会社が考慮すべき4つの点も紹介

テレワークの疲れが引き起こす問題とは?

テレワークになったからといって仕事が楽になったというわけではなく、テレワークという慣れない状況で、逆に普段より疲れるように感じることもあることでしょう。

テレワークで疲れることによってどういうことが起きるのでしょうか。疲れが溜まってくると、集中力が低下して、仕事のパフォーマンス力に影響を与えるだけではなく、心身へも大きな影響を与えてしまいます。

テレワークで疲れる原因5つ

出社の身支度をする手間や、通勤する時間の短縮、仕事のペースも自分で行えるなどメリットが多いように思えるテレワークですが、テレワークが長引くにつれて「テレワークがしんどい」という人も増えてきています。

なぜ、テレワークで疲れると感じるのでしょうか。テレワークで疲れる主な原因についてご紹介します。

テレワークで疲れる原因1:仕事量に偏りがある

テレワークによって疲れる一番の原因として挙げられるのは、仕事量に偏りがあることです。

テレワークでは、誰がどれくらい仕事を抱えているのか、また誰が手が空いているのかがわかりにくいため、特定の人に仕事が集中するケース多々あります。

通常オフィスには、仕事量を調整してくれるマネージャーがいたりしますが、テレワークでは仕事量の把握や調整は難しく、マネージャーが仕事量が膨大になっている人に気づきにくく、キャパオーバーしてしまう人が出てしまこともあります。

テレワークで疲れる原因2:目が疲れる

テレワークをし始めて、普段よりパソコンを使った作業が増加し、目が疲れるという人もたくさんいるでしょう。長時間パソコンで作業をすることにより、眼精疲労、ドライアイ、視力低下をきたす可能性もあります。

テレワークで疲れる原因3:肩が凝る

自宅に自分の部屋がある場合は、デスクの上で作業をする方もいると思いますが、自分の部屋がなければ、自宅のリビングやダイニングで作業をせざるを得ない場合もあるでしょう。

自宅の椅子とテーブルは、パソコン作業をする高さに適していないことが多く、自然と姿勢が悪くなってしまいます。長時間、同じ姿勢で作業をすることで筋肉が緊張し、血流が悪くなり、こりや痛みの原因になります。

また、パソコン画面の文字は小さく、特にノートパソコンの場合はデスクトップのモニターの位置より低いため、自然に前かがみになったりし、首や肩、背中の筋肉へ負担がかかり、肩こりが生じるとことで、身体が疲れると感じるでしょう。

テレワークで疲れる原因4:精神的なストレス

通勤のストレスが減ったり、会社へ出勤しなくても仕事ができることに喜び、身体的にも精神的にもストレスが減っていくものだと思った人も多いのではないでしょうか。

しかし、プライベー空間と仕事をする空間が同じになることで、仕事のオンオフが切り替えづらく精神的ストレスを感じ、疲れることも多いことでしょう。

また脳が疲れることで、動悸やのどの渇き、肩こり、頭痛、不眠などの身体的な症状が出現してくるため、精神的にストレスを感じ疲れることもあるようです。

テレワークで疲れる原因5:家庭の事情

テレワークによって自宅で仕事をすると、長時間家族と過ごすことが多くなってきます

特に子供がいる家庭に対して、重いタスクを与えてしまうと仕事と家庭の両立が難しくなり普段より一層疲れが来てしまいます。

また、自身の部屋がなかったりした場合、リビングなどで仕事をされる方もいるでしょう。そのため、家庭の騒音(洗濯機・掃除機・子供の声など)が仕事を邪魔をしてしまったりして、集中できづストレスを感じ疲れることになります。

テレワークで疲れを減らすために会社が考慮すべき4点

テレワークによって疲れる原因が明らかになりましたが、会社が考慮できることはあるのでしょうか。

突然テレワークを導入することになった会社にとっては、準備がままならないまま、毎日業務の流れやマネジメントを模索するのが精一杯かもしれません。

しかし、何らかの対応をしなければ、社員たちは疲弊してしまいます。では、どのように会社は考慮するべきなのかをご紹介します。

疲れを減らすために考慮すること1:備品を用意

テレワークを快適に行うためには、パソコンやネット環境が整っているかが重要になります。そういう備品がない場合は、貸出できるように対応する必要があります。

また、在宅でテレワークをする際は身体的負担がかからないように座りやすい椅子や使いやすいテーブルを用意してあげることも大切だと言えます。

疲れを減らすために考慮すること2:タスクの振り分けを再度確認

テレワークをしていると、誰がどの程度仕事を抱えているのか、どこまで業務が進んでいるのかなど進捗状況の管理が重要になります。

そのため、テレワーク前の仕事量をそのままやらせても大丈夫なのか、についても考慮する必要があります。

マネージャーなどは、タスク管理ツールやコミュニケーションツールを使い、従業員の業務進捗を把握しタスク割り振りを考える必要があります。

疲れを減らすために考慮すること3:家庭内の環境

各会社が家庭内の環境をすべて把握するのはとても難しいですが、その人が既婚なのか、子供がいるのかによって、仕事に集中できる時間が違ってくることを認識しておく必要はあります。

マネージャーは「家庭の事情」を言いやすい雰囲気作りをし、タスクの振り分けを考慮していきましょう。

疲れを減らすために考慮すること4:オンラインツールでコミュニケーションをとる

テレワークは、先にも述べたように孤独感にさいなまれやすいですが、それを解消するためにもオンラインツールをうまく活用することで、情報を共有できるだけではなく、社員のモチベーションも高める効果があります。

オンラインで繋がることによって、同じ目標に向かっている仲間が他にもいることが認識できたり、悩みを相談できたり、チームの関係性を構築することができます。

テレワークの疲れによるパフォーマンス低下を防ぐ方法3選

一般的にテレワークでは、労働時間や内容の多様化により、評価が難しいとされています。

人は正しく評価されないとモチベーションを維持することも難しくなり、それによりパフォーマンスが低下することが予測されます。そこで、どのようにパフォーマンスの低下を予防できるのかをご紹介します。

パフォーマンス低下を防ぐ方法1:評価を具体的にする

パフォーマンス低下を防ぐ方法の一つとして、「評価を具体的にする」ことが挙げられます。

テレワークだと、対面して見ているわけではないため、評価が難しい傾向にあります。そのため、どうしても成果主義になってしまいます。

しかし、成果主義にすることにより評価の基準が具体的化されて、分かりやすくなるでしょう。

パフォーマンス低下を防ぐ方法2:方向性を明確にする

アメリカの経営学者ドラッガーが「目標管理制度」を提唱しており、そこには、社員自ら目標を設定し、その達成度に沿って評価する方法が示されてます。

この制度を利用する場合、評価項目を明確化し、評価方法も統一しておくことで、評価する者も偏見なく評価することができます。

また、社員自ら目標を設定することで、自身の方向性を明確化でき、目標が達成できたとき、よりモチベーションを高めることができます。

パフォーマンス低下を防ぐ方法3:チャレンジ環境を整える

テレワークによって、自由な時間が増えた人も多いとことでしょう。亜そういう人にぴったりなのが、この状況を利用してキャリア開発に取り組むことです。

まずは、自分の理想のキャリアプランは何かを見つめ、何を達成していきたいかを考えていきます。自分の理想のキャリアプランを想像することが大切です。そこからどのように行動を起こせば実現できるのか、明確な目標を設定しましょう。

テレワークでの疲れを減らそう!

テレワークでは一見、ストレスが少なく、楽な仕事のように思えますが、慣れない環境や仕事における様々な要因からいつもと違うストレスを感じて、心身ともに疲れることもあります。

テレワークをうまくこなしてくためには、自分だけの努力ではどうにもならないことがたくさんあります。

会社の体制やマニュアルの整備、家族の協力などが不可欠です。なにより、自分を追い込みすぎないよう、気分転換を図りつつ、テレワークと上手に付き合っていきましょう。