MENU

テレワークとは?客先常駐における働き方10個|客先常駐における課題点

テレワークとは?

テレワークとは、情報通信技術を利用して離れた場所から仕事をしたり、時間を気にせずに仕事をしたりなどの柔軟な働き方できる仕事のスタイルの1つです。

テレワークの「テレ」は離れた所という意味を持つ「tele」のことで、在宅勤務やサテライトオフィス勤務などで活用されている働き方であり、新しい働き方が模索されている現代において、注目されている働き方でもあります。

客先常駐とは?

客先常駐とは会社からの命令で、別企業に常駐して仕事をする勤務形態のことです。別企業に常駐となるので、直行直帰が基本となります。

客先常駐はIT業界によく見られる勤務形態です。IT業界ではネットワークの設計や構築などを行う場合、顧客となる企業にいなければ作業できないことが多く、また運用や管理、システムトラブルなどに対応するためにも客先常駐が必要となります。

客先常駐における働き方10個

客先常駐という働き方では、雇用されている企業ではなく、企業から命令を受けて顧客の企業で働くことになります。

客先に常駐することで、自社ではできない仕事ができるようになったり、仕事の効率を上げたりなど、いろいろなメリットが得られます。それらのメリットを活かすことで、客先常駐だからこその働き方ができることもあります。

客先常駐における働き方1:フリーランスにも適用する

客先常駐はIT業界で取り入れられることの多い働き方です。そのため、フリーランスエンジニアにもよく適用されます。実際に、クラウドソーシングなどでも客先常駐の案件はよくあります。

フリーランスエンジニアに客先常駐してもらうことで、企業はエンジニアを雇用したり、育成したりなどする必要がなくなります。また、フリーランスエンジニア側にとっても勤務時間や報酬を交渉することができるといったメリットがあります。

客先常駐における働き方2:IT業界によく見られる

客先常駐はIT業界によく見られる働き方です。エンジニアの仕事にはネットワークの構築や運用、管理など、客先に常駐していなければ対応できない仕事が多くあります。そのため、客先に常駐している方が効率良く仕事をすることができます。

特に、システムトラブルが発生した場合には、すぐに対応をして原因を見つけて対処をする必要があるため、客先に常駐する必要性もあります。

客先常駐における働き方3:派遣と似ている

客先常駐は会社から命令を受けて、別企業に常駐して仕事をするため、派遣と同じ働き方と思ってしまう人もいます。

しかし、派遣の場合は労働力の提供が目的であり、派遣先の企業が指揮権を持ちます。ですが、客先常駐の場合は、ネットワークの構築や運用、管理などのような成果が目的となります。

そのため、客先常駐では客先に常駐して仕事をしますが、その指揮権は顧客の企業が持っているわけではありません。

客先常駐における働き方4:様々な会社で働くことができる

客先常駐という働き方では、仕事が終わったり、期間が終了すれば、次の仕事現場を移ることになります。仕事現場が変わって、新しい常駐先で仕事をしていくことで、いろいろな企業で、いろいろな経験を積んでいくことができます。

そのため、同じ職場で、同じ環境の中で働き続けるエンジニアよりも、効率良く成長ができることもあります。

客先常駐における働き方5:人脈が広がる

客先常駐という働き方をしていると、仕事が終わったり、期間が終了したりなどすることで、新しい常駐先へ異動することになります。そのため、客先常駐では、いろいろな企業で仕事をすることになります。

いろいろな企業で仕事をすることで、人脈も広がっていきます。人脈が広がることも、経験や知識を積んで成長することにつながります。また、常駐先との関係を深めることでキャリアアップに繋がることもあるでしょう。

客先常駐における働き方6:人間関係で悩む必要が無い

客先常駐では、仕事内容によっては常駐先の企業の社員と一緒に仕事をすることもありますが、個人で仕事をする場合もあります。個人で仕事を進めるので、職場での面倒な人間関係を気にする必要があまりありません。

また、人間関係で悩むような状況になっても、客先常駐では職場を異動していくので、いつかはその悩んでいる人間関係もリセットすることができます。

客先常駐における働き方7:残業が少ない

企業間の契約内容にもよりますが、客先常駐では時間によって支払額が決まっていることがあります。そのため、常駐先の企業は契約で定められた時間以上に客先常駐をしている人を働かせることはできません。

また、どうしても仕事をしてもらわないといけないという場合にも、残業代が発生してしまうので、極力残業が発生しないように配慮してもらえることもあります。

客先常駐における働き方8:スキルを磨くことができる

客先常駐という働き方では、仕事が終わったり、期間が終了したりなどするたびに異動することになるので、いろいろな企業で仕事をすることになります。そのため、いろいろな企業で業務をこなしながら経験が積むことができ、人脈を広げていろいろな人と接することができます。

これらのことから、同じ職場で働き続けるだけでは身につかない幅広いスキルを身につけていくことができます。

客先常駐における働き方9:偽装請負に注意する

派遣は指揮権が職場となる企業になりますが、客先常駐はあくまでも客先で仕事をしているだけで、その指揮権は雇用している企業にあります。

もし、客先常駐で働く人に常駐先の企業の人が命令をしてきて、それに従って仕事をしていた場合、それは偽装請負という違法行為になってしまいます。そのため、請負契約を偽装して行われないように、常駐先の信頼性は確認しておきましょう。

客先常駐における働き方10:自由度が高い

客先常駐では指揮権が常駐先の企業ではなく、雇用企業に有ります。そのため、職場は客先になりますが、その常駐先の人から命令や指示をされることがなく、出退勤や勤務時間の管理、服装など、そこで働く正社員の人たちよりも柔軟で、自由な働き方ができます。

ただし、契約内容を無視するような働き方や、雇用企業の信頼性を落とすようなことはできないため、完全に自由というわけではありません。

客先常駐における課題点2つ

客先常駐では、正社員に比べて柔軟な働き方をすることができます。また、他にもいろいろなメリットが得られます。しかし、客先常駐ではいくつかのデメリットもあります。

それらのデメリットは客先常駐という働き方が持つ今後の課題点となっています。もし、客先常駐で働くのであれば、現在抱える課題を事前に理解しておくようにしましょう。

客先常駐における課題点1:客先常駐者とテレワークの関係

柔軟な働き方ができるテレワークの注目度は上がっています。そのため、テレワークを導入して、社員が出社する機会が減ったという企業もあります。

しかし、社員の仕事はテレワークで出来ても、客先常駐の仕事は環境を整えることが難しかったり、セキュリティの問題があったりなどして、テレワークへの対応ができないことも多いです。

そのため、テレワークで対応できる社員は出社せず、客先常駐者は出社するということもあります。

客先常駐における課題点2:マネジメント力の向上が難しい

客先常駐での働き方では、技術のスキルは身についていきますが、仕事の上流工程に携われなかったり、身近に自分の上司となる課長や部長などの存在がなかったりなどするので、マネジメントの能力を身につける機会が少なくなってしまいます。

PGやSEとしてのスキルを極めたいという場合は良いですが、その後のステップアップを考えた場合、マネジメントが学べないと次のステップに進むことが難しくなることもあります。

客先常駐のキャリアアップ

客先常駐ではマネジメントスキルを身につけることが難しいです。しかし、技術面のスキルは身につけていくことができます。また、客先常駐はその特性上から年齢を重ねるほど受け入れ先が減ってしまうということがあります。

そのため、客先常駐では、効率良く技術スキルを身につけて、大手企業への転職、自社開発や社内SEに向けて転職を目指すと良いでしょう。

客先常駐について理解を深めよう

客先常駐という働き方には、いろいろなメリットがあります。しかし、客先常駐にはいくつかの課題もあります。今は世間でいろいろな働き方が模索されている状態なので、客先常駐という働き方があることや、その働き方の持つメリットとデメリットを把握しておきましょう。

また、客先常駐だけでなく、テレワークのように、これまでにない働き方についても理解を深めていきましょう。