MENU

アフターコロナで重宝される人材の8つの特徴とマネジメント方法を解説

アフターコロナとは

アフターコロナとは新型コロナウィルスの影響によって変化した社会や世界経済を指します。社会や世界経済が大きく変わってしまうので、新たな価値観や環境に応じた働き方をしていく必要があるでしょう。

アフターコロナによって変化した社会では、どのような人材が必要とされるのでしょうか。

ウィズコロナとは

ウィズコロナとは終息の見通しがつかない新型コロナウィルスと上手に共存するという意味で使われています。新型コロナウィルスだけでなく、環境の変化に伴いさまざまなウィルスと向き合っていかなくてはならないので、新たな働き方や生活様式が必要になっています。

ウィズコロナの時代に働いていく人は、テレワークなどの環境の変化に対応した働き方に対応できるようになりましょう。

アフターコロナでは価値観や働き方が大きく変わる可能性

アフターコロナでは価値観や働き方が大きく変わる可能性があります。どの業種も今までのような企業活動をしていくことが難しくなり、また、環境の変化により人々が持つ価値観や働き方が大きく変化してしまうので多くの企業は大きな転換点を迎えることになります。

アフターコロナに対応した人事をしていく人は、社員の能力を伸ばしていくための人事評価を取り入れ、メンタルのケアをして環境の変化に対応できる人材を育てましょう。

アフターコロナで重宝される人材の特徴8つ

アフターコロナで重宝される人材の特徴が8つほどあります。アフターコロナで大きな環境の変化が起きるので、新たな環境に適応できることやテレワーク中心の業務となるため高いコミュニケーション能力が求められます。

コミュニケーションの他に、アフターコロナで重宝される人材を目指す人とは、どのような人なのでしょうか。

働き方が変化している状況で必要とされる人材について紹介していきます。この記事を参考に、アフターコロナでも重宝される人材を目指しましょう。

アフターコロナで重宝される人材の特徴1:コミュニケーションが得意

アフターコロナで重宝される人材の特徴にコミュニケーションが得意なことが挙げられます。アフターコロナによってテレワーク中心の業務となり、社員同士のコミュニケーションが希薄となるので、会社で成果を残していくためにはコミュニケーション能力が必要になります。

アフターコロナで重宝される人材を目指す人は、勤務以外の時間もチャットツールなどで通話するように心掛け、コミュニケーションを図っていきましょう。

アフターコロナで重宝される人材の特徴2:高度な技術がある

アフターコロナで重宝される人材の特徴に高度な技術があることが挙げられます。高い技術を持っている人材はどの企業でも求められる傾向があるので、難易度の高い資格を取得をし、高度なスキルを積むことでアフターコロナで求められる人材を目指しましょう。

アフターコロナで重宝される人材を目指す人は、難易度の高い資格を取得し、多くの業務をこなすことで高度なスキルを身に付けるようにしましょう。

アフターコロナで重宝される人材の特徴3:環境に適応できる

アフターコロナで重宝される人材の特徴に環境に適応できる人材であることが挙げられます。新しい環境に飛び込むことに恐れがない人は、環境の変化を楽しむことできるため、会社側も不安を抱かず採用することができるでしょう。

アフターコロナで重宝される人材を目指す人は、今まで取り組まなかったことに挑戦し、様々な環境に適応できる人材を目指しましょう。

アフターコロナで重宝される人材の特徴4:アウトプットする癖がついている

アフターコロナで重宝される人材の特徴にアウトプットする癖がついていることが挙げられます。学校や企業などで得た知識や経験をインプットしていても、それらのことを業務でアウトプットさせる癖がついていないと、良い評価を与えられる仕事をすることができません。

アフターコロナで重宝される人材を目指す人は、自己表現の仕方について学んだり、他人に意思を伝える必要性を理解したりすることで、業務に活かしていきましょう。

アフターコロナで重宝される人材の特徴5:自分の働きを客観視できる

アフターコロナで重宝される人材の特徴に自分の働きを客観視できることが挙げられます。自分の働きを客観視することができれば覚えた作業を高い精度で再現し、また、上司の力を借りなくても目標設定することができます。

アフターコロナで重宝される人材を目指す人は、他部署の仕事を見学し、担当している業務を深く知ることで自分自身の働きを客観視できる人材を目指しましょう。

アフターコロナで重宝される人材の特徴6:環境に左右されずに目の前のタスクに集中できる

アフターコロナで重宝される人材の特徴に環境に左右されずに目の前のタスクに集中できることが挙げられます。リモートワークやこれから変化する働き方に対応していくには、環境に左右されずに目の前の仕事をこなせる人材になる必要があるでしょう。

アフターコロナで重宝される人材を目指す人は、日々の体調管理を徹底させメンタル面を鍛えておくことで、さまざまな環境に適応できる人材を目指しましょう。

アフターコロナで重宝される人材の特徴7:自主的に勉強する

アフターコロナで重宝される人材の特徴に自主的に勉強することが挙げられます。アフターコロナによって周りに勉強を促す環境がなくなってしまう可能性があるので、自主的に学習をしていく意欲を持つ必要があります。

アフターコロナで重宝される人材を目指す人は、家以外の場所で勉強する空間を見つけ、勉強する日課を作ることで学習する環境を整えましょう。

アフターコロナで重宝される人材の特徴8:常に自分にできることを探している

アフターコロナで重宝される人材の特徴に常に自分にできることを探していることが挙げられます。

常に自分にできることを模索している人であれば、業務について必要なことを学ぶようにしているので過度な管理をする必要がなくなり、アフターコロナで必要な人材となるでしょう。

アフターコロナで重宝される人材を目指す人は、地域の集まりに参加したり、他業種の人の仕事を見たりすることで視野を広げる努力をしましょう。

アフターコロナの人材のマネジメント方法3つ

アフターコロナの人材のマネジメント方法が3つほどあります。テレワークの中心の業務となるので部下を信頼し仕事上での権限を与える、新しい労働環境に基づいた成果の評価方法などが必要になります。

アフターコロナに対応したマネジメントをしていく人は、勤務場所や勤務形態ごとの評価方法を定め、社員をマネジメントしていきましょう。

アフターコロナの人材マネジメント方法1:成果に基づいた評価をする

アフターコロナの人材マネジメント方法に成果に基づいた評価をすることが挙げられます。アフターコロナによって労働環境や人々の価値観が変わってしまうので、新しい働き方の評価基準を設ける必要があります。

アフターコロナに対応したマネジメントをしていく人は、どのように働き方が変化したのか把握し、新しい労働環境に合わせた評価基準を設けるようにしましょう。

アフターコロナの人材マネジメント方法2:部下にも権限を与える

アフターコロナの人材マネジメント方法に部下にも権限を与えることが挙げられます。テレワークでの働き方は社員のその場の判断が必要となる場合があるので、上司となる人は指示や命令を下すだけでなく、部下を信頼して仕事を任せていく必要があります。

アフターコロナに対応したマネジメントをしていく人は、部下の成長を促進させるためにも、仕事上の権限を与えて業務に就かせるようにしましょう。

アフターコロナの人材マネジメント方法3:会議の運営方法を明確にする

アフターコロナの人材マネジメント方法に、会議の運営方法を明確にすることが挙げられます。アフターコロナによって対面での会議が減っていくことになるので、どのような形で会議を運営するか明確にしておく必要があります。

アフターコロナに対応したマネジメントをしていく人は、人数や議題に合わせた会議の運営方法を決めておき、社員に通達しておきましょう。

アフターコロナの人材のマネジメントについて考えよう

アフターコロナの人材のマネジメントについて考えてみましょう。アフターコロナによって勤務形態などが変わってしまうので、新しい労働環境に合わせた人事評価などが必要になってきます。

アフターコロナに対応した人材マネジメントをしていく人は、社員が労働環境の変化に対応していくためにも、社員一人一人の立場を尊重した人事評価システムを作り上げるようにしましょう。