MENU

アフターコロナの影響による人事管理の変化7つ|人事に影響すること3つ

アフターコロナとは

アフターコロナとは新型コロナウィルスによって変動した、世界経済や社会、生活様式を指します。アフターコロナによって労働環境が大きく変わってしまったので、新しい労働基準に合わせた人事をしていく必要があります。

アフターコロナに対処した人事を行う人は、現在の労働環境に応じた人事評価をしていくことが大切です。

アフターコロナの影響による人事管理の変化7つ

アフターコロナの影響による人事の管理の変化が7つほどあります。ウィルスの感染を防ぐためにテレワーク中心の勤務になったり、採用自体を控えなければいけない場合があるので、社員一人一人を尊重した人事管理をしていく必要があります。

アフターコロナに対応した人事管理をしていく人は、ウィルス対策や環境保護を考慮したBCP対策を施しながら、働きやすい労働環境を整えていきましょう。

アフターコロナによる人事管理1:テレワーク導入

アフターコロナによる人事管理にテレワークの導入があります。新型コロナウィルスの感染を防ぐため、テレワークの勤務を導入している企業が多く、ほとんどの会社でテレワーク勤務が実施されています。

アフターコロナにより人事管理をしていく人は、社員のPC環境の補助をしたり、テレワーク時の勤務評価の方法を定めておき、テレワーク勤務を導入しましょう。

アフターコロナによる人事管理2:BCP対策

アフターコロナによる人事管理にBCP対策があります。新型コロナウィルスの感染による被害を最小限に留め、中核となる事業を継続させるためにもBCP(事業継続計画)が必要となるのでオフィスを分散して感染自体を防ぎ、事業再開に備えておく必要があります。

アフターコロナによる人事管理をしていく人は、オフィスを分散し、ウィルスの感染を最小限に留め、中核事業を継続する環境を作りましょう。

アフターコロナによる人事管理3:フレックスタイム制の導入

アフターコロナによる人事管理にフレックスタイム制の導入が挙げられます。アフターコロナで変化した労働環境に柔軟に対応するため、新型コロナウィルス拡大前よりもフレックスタイム制を導入する企業が増えています。

経営者でフレックスタイム制を導入する人は、企業の生産性を上げていくためにも、フレックスタイム制を導入し、社員の健康管理やモチベーションの維持に努めましょう。

アフターコロナによる人事管理4:業務フローの整備

アフターコロナによる人事管理に業務フローの整備が挙げられます。テレワークに作業が移行しても、テレワーク業務に合わせた業務フローを整備する必要があります。

アフターコロナによる人事管理をしていく人は、テレワーク業務での業務フローを整備し、社員のモチベーションを維持させながら企業の生産性を向上させていきましょう。

アフターコロナによる人事管理5:採用の抑制が必要

アフターコロナによる人事管理に採用の抑制が必要なことが挙げられます。新型コロナウィルスの感染の恐れがあるため、人同士の対面した面接が難しくなり、採用の抑制が必要になります。

アフターコロナによる人事管理をしていく人は、PC画面を使用した面接を行なったり、企業のホームページやSNSなどを活用した採用活動を検討しましょう。

アフターコロナによる人事管理6:時差出勤の導入

アフターコロナによる人事管理に時差出勤の導入が挙げられます。人同士が密集してしまうと新型コロナウィルスによる感染リスクを上げてしまうので、3密を避けるため時差出勤を導入する企業が増えています。

アフターコロナによる人事管理をしていく人は、時差出勤を導入することで社員の感染リスクを下げ、仕事に集中できる環境作りをしましょう。

アフターコロナによる人事管理7:オフィスを縮小する

アフターコロナによる人事管理にオフィスを縮小することが挙げられます。テレワークを導入していくと、出社してきた人のためのオフィスが必要になるため、それらの職場を縮小することで経費を節減することができます。

アフターコロナによる人事管理をしていく人は、必要最低限のオフィスを用意しておくことで、管理費や運営費の節減を図りましょう。

アフターコロナによって人事に影響すること3つ

アフターコロナによって人事に影響することが3つほどあります。企業の人事活動もテレワークやインターネットを介して行うようになるので、テレワーク業務の評価基準を決めておいたり、オンラインでのやりとりに慣れておく必要があります。

アフターコロナによる人事管理をしていく人は、オンライン上でのマナーやルールを守り、採用活動や人事評価をしていきましょう。

人事に影響すること1:新入社員への研修

アフターコロナによって人事に影響することに新入社員への研修があります。新型コロナウィルスの感染リスクを下げるため、人と人が会す研修を行うのではなく、ビデオ通話やインターネットを使ったやりとりが必要になります。

新入社員への研修に携わる人は、ビデオ通話やインターネットを使っての研修カリキュラムを組み、新入社員の研修を行っていきましょう。

人事に影響すること2:明確な人事評価

アフターコロナによって人事に影響することに明確な人事評価が必要なことが挙げられます。テレワーク導入後の企業では、テレワーク業務で仕事の成果や結果を評価しなくてはならないので、新たな評価基準を設ける必要があります。

テレワークで明確な人事評価をしていきた人は、ノーレーティングやバリュー評価などの人事評価を活用し、公平な評価を下していきましょう。

人事に影響すること3:オンラインでの面接

アフターコロナによって人事に影響することにオンラインでの面接があります。アフターコロナによって採用面接だけでなく、会社説明会などもオンラインで行うようになり、そのための環境を整えたり、オンライン上での手順を決めておく必要があります。

オンラインで採用面接をしていく人は、オンライン面接を受ける際の手順書を配布しておき、注意事項などを記載しておくことでスムーズな面接を目指しましょう。

アフターコロナに対して必要な仕事環境3つ

アフターコロナに対して必要となる仕事環境が3点ほどあります。実際に人と人が会わないので普段よりもコミュニケーションを重視したり、トラブルを避けるためにも勤務場所を明確にすることが必要になります。

アフターコロナに必要な労働環境を整えたい人は、サテライトオフィスの配置を検討したり、社員からのアンケートで得た意見を参考に労働環境を整えるようにしましょう。

必要な仕事環境1:勤務場所を明確にする

アフターコロナに対して必要な仕事環境に勤務場所を明確にすることが挙げられます。新型コロナウィルスから身を守り健康を維持するためにも、社員のテレワーク環境を整え、会社以外でも仕事ができる環境を用意する必要があります。

アフターコロナに対応した労働環境を整えたい人は、社員のモチベーションや健康を維持するためにもテレワークの業務環境を整備し、企業の生産性を上げていきましょう。

必要な仕事環境2:コミュニケーションをとる

アフターコロナに対して必要な仕事環境にコミュニケーションを取ることが挙げられます。テレワークでの業務が長くなると人同士のコミュニケーションが希薄になるので、チャットツールなどを使い文字でのやりとりをする必要があります。

アフターコロナに対応した労働環境を整えていく人は、休憩時間にチャットツールやビデオ通話での会話を推奨するようにし、コミュニケーションを取るように働き掛けましょう。

必要な仕事環境3:サテライトオフィスを設置する

アフターコロナに対して必要な仕事環境にサテライトオフィスを設置することが挙げられます。地方や郊外にサテライトオフィスを配置すれば社員の通勤の負担を減らすことが可能となり、また、テレワークと組み合わせることで業務に柔軟に対応することができます。

アフターコロナに対応した労働環境を整えたい人は、社員の自宅の場所やBCPを考慮できる土地にサテライトオフィスを配置し、社員の労働環境を整えるようにしましょう。

アフターコロナによる人事への影響を知ろう

アフターコロナによる人事への影響を知るようにしましょう。アフターコロナによって働き方や労働環境が大きく変わってしまうので、テレワークやフレックスタイム制を導入し、社員の仕事環境を整備する必要があります。

アフターコロナによる人事の影響を減らしたい人は、社員の健康の管理を第一に考えながら、テレワークや時差出勤を導入し労働環境を整えることで企業の生産性を上げていきましょう。