MENU

テレワークのコミュニケーションにおける課題4つとは?解決策5つを紹介

テレワークとは?

テレワークとは情報通信技術(ICT)を活用した働き方の一つです。新型コロナウィルスの感染リスクを下げるためテレワークの働き方を導入する企業が増えていますが、その一方で社員同士のコミュニケーション不足が懸念されています。

経営者でテレワークでの働き方を導入する人は、社員同士のコミュニケーションが希薄にならないための工夫をし、テレワークで働くための環境を整えていきましょう。

テレワークで発生するコミュニケーションの課題4つとは

テレワークで発生するコミュニケーションの課題が4つほどあります。テレワークは対面での作業ではないためお互いのコミュニケーションが希薄になり、社員同士の会話が不足する課題が出てきてしまいます。

テレワークを取り入れていく人は、勤務時間以外もチャットツールやビデオ通話で雑談をするよう働きかけ、お互いの信頼関係を築いていきましょう。

コミュニケーションの課題1:会話不足が発生する

テレワークで発生するコミュニケーションの課題に会話不足が発生することが挙げられます。会話不足が発生する原因は離れた場所から作業をしていることにあるため、テレワークでの業務に移行しても会話ができる機会を作っておく必要があります。

テレワークを導入していく人は、社員同士のオンライン飲み会を開催、休憩時間にチャット通話することでお互いの会話不足を解消するようにしましょう。

コミュニケーションの課題2:ツールの導入が必要になる

コミュニケーションの課題にツールの導入が必要になることが挙げられます。テレワークでの業務が続くことで、コミュニケーションツールを導入したいが、高度なツールに対応できない社員が増えてしまう課題があります。

テレワークを導入する人は、扱いやすいツールを推奨、または社員からのアンケート結果などから導入するツールを選ぶようにしましょう。

コミュニケーションの課題3:テキストでのやり取りが増える

コミュニケーションの課題にテキストでのやり取りが増えることが挙げられます。テレワークの業務はテキストのみでのやり取りが増えるため、相手の緊張感や感情が見えにくくなり、適切な対応が難しくなることがあります。

テレワークを導入する人は、大切な顧客とのやり取りにはカメラ付きのコミュニケーションツールを使い、相手の感情や緊張感を読み取るようにしましょう。

コミュニケーションの課題4:孤独を感じる従業員が発生する

コミュニケーションの課題に孤独を感じる従業員が発生することが挙げられます。テレワークでの作業が続くと会話不足に加えて、一人で仕事をしている気持ちに陥ってしまうので、社員同士のコミュニケーションを図り孤独感をなくしていく必要があります。

テレワークを導入する人は、会社への出勤業務とテレワークを上手に組み合わせることで、従業員に孤独感を抱かせないようにしましょう。

テレワークで発生するコミュニケーションの課題に対する解決策5つ

テレワークで発生するコミュニケーションの課題に対する解決策が5点ほどあります。テレワークでの業務はコミュニケーションが希薄となるため、雑談を交えながら作業を進めたり、上司が進捗管理をしたりすることでコミュニケーションを取る機会を作る必要があります。

テレワークの課題に対処していく人は、社員に無理強いしない形でコミュニケーションを取るように心掛け、企業全体の生産性を向上させていきましょう。

コミュニケーションの解決策1:こまめにリモート会議を行う

こまめにリモート会議を行うこともコミュニケーションの課題に対する解決策です。テキストでのやり取りでは伝えられることが限られてしまうので、PCの画面越しに対面する形のリモート会議を行えば、お互いのコミュニケーションを図ることができます。

テレワークを導入する人は、リモート会議の際も雑談を交える機会を設け、会話をしていくようにしましょう。

コミュニケーションの解決策2:雑談を交える

コミュニケーションの課題の解決策に雑談を交えることが挙げられます。リモート会議を行う際も業務に支障が出ない形で雑談タイムを設けることで、会話がしやすくなりお互いの距離を縮めることができます。

リモート会議に参加する人は、自分の子供のエピソードや皆が興味を抱いていることを話すことで場を盛り上げるようにしましょう。

コミュニケーションの解決策3:ツールの事前導入時間を作る

コミュニケーションの課題の解決策にツールの事前導入時間を作ることが挙げられます。リモート会議をスムーズに進めていくためにも、会議に参加する社員のツールの導入時間を設け、あらかじめ議題や提案内容を決めておきましょう。

リモート会議を主催する人は、扱いやすいツールを導入するための時間を準備し、議題を決めておくことでスムーズなやり取りを目指しましょう。

コミュニケーションの解決策4:相手のスケジュールを共有する

コミュニケーションの課題の解決策に相手のスケジュールを共有することが挙げられます。部下に送ったメッセージに早いレスポンスがない場合でも、相手のスケジュールを共有しておけば、その後の対処がしやすくなります。

テレワークの導入をする人は、支障がない程度に相手のスケジュールを把握しておき、テレワークでの業務に役立てるようにしましょう。

コミュニケーションの解決策5:業務の進捗管理を行う

コミュニケーションの課題の解決策に業務の進捗管理を行うことが挙げられます。業務の進捗管理体制を整えれば、業務の進捗を把握するために上司と部下のやり取りが増えるため、無理なくコミュニケーションを図っていくことができます。

業務の進捗管理を行う人は、部下の業務や成果を称えていくことで、部下自身の能力を引き出し、作業の生産性を上げていきましょう。

課題ばかりでない!テレワークのメリット4つ

テレワークは課題ばかりが生じる訳ではなく、多くのメリットが得られる働き方です。テレワークでの働き方は時間や場所を選ばないので、通勤時間をなくせるだけでなく、ワークライフバランスも取れ、家族の介護や育児をしていくことができます。

テレワークを導入する人は、さまざまな環境の変化に対応していくためにも、テレワークでの働き方を取り入れ、企業の生産性を上げていきましょう。

テレワークのメリット1:企業イメージが向上する

テレワークのメリットに企業イメージが向上することが挙げられます。働きやすい環境作りが注目されている中、テレワークでの業務で成果を上げていけば、会社自体が話題となり企業のイメージを上げることができます。

経営者で企業イメージを上げたい人は、テレワークの業務を導入しても社員同士のコミュニケーションを綿密にとっていくことで、業務の生産性を上げ、大きな成果に繋げていきましょう。

テレワークのメリット2:通勤時間をなくせる

テレワークのメリットに通勤時間をなくせることが挙げられます。テレワークでの業務はICTを活用した勤務となるので会社への出勤時間自体をなくせるので、その分の時間を仕事やプライベートに活用していくことができます。

テレワークを導入する人は、コミュニケーションツールの扱いに慣れておき、通勤時間の時間を有効活用していきましょう。

テレワークのメリット3:ライフワークバランスがとれる

テレワークのメリットにライフワークバランスが取れることが挙げられます。テレワークでの働き方を導入することで、ライフワークバランスを取ることができるため、育児や介護、家事のための時間を確保しやすくなるメリットがあります。

経営者で社員の負担をなくしていきたい人は、テレワークなどのライフワークバランスを考慮した労働環境を整え、社員が仕事に集中できる環境を与えていきましょう。

テレワークのメリット4:生産性が向上する

生産性が向上することもテレワークのメリットの一つです。テレワークでの業務は通勤時間がなく、また時間や場所に縛られないので、作業の生産性を向上させることができます。

企業の生産性を上げていきたい人は、テレワークでの業務を取り入れ、労働環境の変化に応じた評価基準を定めることで企業の生産性の向上に繋げましょう。

テレワークを導入する際はコミュニケーションの課題に対する対策をうっておこう

テレワークを導入する際はコミュニケーションの課題に対する対策を行いましょう。テレワークの課題の対策を行わないことで、社員同士のコミュニケーションが希薄になる、生産性を考慮した業務を行うことが難しくなる、といった問題が起こる可能性があります。

テレワークの導入を検討している人は、テレワークを取り入れる際も社員の負担を軽減しながらコミュニケーションをとっていくことを念頭に業務を進め、企業の生産性を上げることに繋げましょう。