MENU

テレワークに向いていない職種・業務5選|向いている業務とは?

テレワークとは

テレワークとは働く場所や時間にとらわれない働き方のことです。在宅勤務のみを指した言葉ではありません。テレワークの働き方には「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」の3つがあります。

テレワークに向いていない職種・業務5選

働く場所や時間を選ばないテレワークは、通勤時間が短縮できるなど便利な働き方といえます。一方でテレワークに向いていない職業や業務もあります。

例えば生産業や製造業では特殊な機械を使う業務も多めです。この機械が大型な物のであれば使う場所も限られてきます。他にもテレワークに向いていない職業や業務があります。

それでは詳しくご紹介していきましょう。

テレワークに向いていない職種・業務1:生産業

生産業のテレワーク導入は難しいといわれています。その理由は生産業は専用の機械が必要となることが多く、パソコンのみでの仕事が難しいためです。

また大量生産をするために大きな機械が仕事上必要であり、その機械を自宅に置くのは無理といえます。

もし在宅で作業可能であっても機械にトラブルがあったときは、手続きなどに対応するため出社が必要となります。このような理由により生産業はテレワークに向いていない職業です。

テレワークに向いていない職種・業務2:製造業

製造業も生産業と同じような理由により、テレワークに向いていない職業といえます。とくに製造業の中でも工場で勤務する組み立てや加工などを業務としている場合は、テレワークには難しいでしょう。

これらの仕事は専用の機械や工具を使用し人の手で物を作るためです。そうした設備の整っていないところでの作業は難しいといえます。

テレワークに向いていない職種・業務3:接客業

接客業は顧客と対面でコミュニケーションをとる必要があるため、テレワーク化は難しく向いていない職業といえます。ただし書類作成や飲食店の注文などセルフ化が進んでいる業務もある職種といえます。

よって今後テクノロジー開発が進んでいけば、テレワークが可能となる職業になるかもしれません。しかし、その時には接客業という業種が無くなっている可能性もあります。

テレワークに向いていない職種・業務4:販売業

対面での接客業務が必要となる販売業もテレワークに向いていない職業です。スーパーマーケットなど物を販売する現場では、セルフレジなどで接客業務を機械が代行することもあります。

しかしその場にいて店員が顧客に対応しなければならない業務もたくさんあるため、販売業のテレワーク化は難しいといえます。

テレワークに向いていない職種・業務5:医療業

医療行為は基本的に対面で患者の診察や診療をする必要があり、テレワークには向いていない職業となります。

患者と対面が必要のない電子カルテの導入やテレビ電話を使った遠隔診療など一部テレワークを利用した業務もありますが、こうした業務もテレワークで行うには画像解析の問題やセキュリティの問題などがあります。

そのため一般的に導入されている業務とはいえないでしょう。よって医療業はテレワークに向いていない職業といえます。

テレワークに向いている職種・業務5選

テレワークに向いていない職業もあればテレワークにむいている職業もあります。テレワークに向いている職業というのは自宅でも仕事をすることが可能である、事務職やプログラマーなどです。

この他にも一見テレワークに向いていない職業に思えるものも、業務の方法によってはテレワークに向いているといえる職業もあります。そんなテレワークに向いている職業をご紹介いたします。

テレワークに向いている職種・業務1:システムエンジニア

システムエンジニアの仕事はクライアントの打ち合わせや、開発業務のスケジュールを組むことが仕事です。そのため打ち合わせも多く人に会う必要があるため、テレワークに向いていないように思われるでしょう。

しかしシステムエンジニアの仕事はパソコンに向かっていることも多く、打ち合わせもチャットツールなどを使うことも可能なためテレワークに向いている職業といえます。

テレワークに向いている職種・業務2:営業職

営業職は外回りが多い職業になります。よってテレワークに向いていないようにみえますが、実はテレワークにすることにより自由な時間が生まれ、業務効率の向上がはかれる仕事です。

営業職は外回りの多い仕事ですが、資料の作成や顧客へのメール対応も仕事となります。こうした事務業務は外回りの合間にすると効率がよいといえます。よって営業職はテレワークに向いている職業といえるのです。

テレワークに向いている職種・業務3:プログラマー

プログラマーの仕事は設計図を元にシステムやソフトウエアのプログラムを組むことです。よってパソコンがあればどこでもいつでもできる職種といえるため、プログラマーはテレワークに向いている職種といえます。

テレワークに向いている職種・業務4:カスタマーサポート

カスタマーサポートとは顧客の問い合わせや質問に解答することが仕事となります。業務内容からテレワークに向いていないように思えますが、カスタマーサポートもテレワークが導入できる業種です。

顧客とのやりとりがメインとなりますが、メールや電話などの対応が主になるため実際に顧客先に出向くことはありません。また業務も慣れれば1人で行えるため、今後もテレワーク化が進む職業といえます。

テレワークに向いている職種・業務5:Webライター

Webライターとは、Webサイト向けの記事を書く仕事をする人です。Webライターはクライアントとのやりとりもメールやチャットで行うことが多く、記事の作成も1人で行います。

またWebライターが機密性の高い情報を扱うことはほぼなく、そういった意味でもテレワークに向いている職業といえます。

テレワークに向いている業務の特徴2つ

テレワークに向いている職業や業務、向いていない職業や業務はいろいろあります。テレワーク向いている職業でも業務内容やセキュリティ面で問題があれば、それはテレワーク導入には至りません。

この2つの問題が解決しなければテレワークに向いている職業でも、テレワークには向いていない業務になります。

テレワークに向いている業務の特徴1:セキュリティに問題が無いか

テレワークではメッセージのやりとりにインターネットを使います。またメッセージだけでなくクラウドを使ってデータを管理することになるため、テレワークでは情報が漏洩するリスクを考えなくてはいけません。

よってセキュリティ面の問題でもテレワークに向いている業務になるのか、精査が必要になります。

テレワークに向いている業務の特徴2:1人でできる業務であるか

他の人と対面で仕事のやりとりをする必要がない業務はテレワークに向いています。対面で仕事のやりとりをする必要のない職業とは、事務職やデザイナーといった1人でも仕事の業務ができる職業のことです。

この他にも1人で行動をとることが多い営業職もテレワークに向いている職業といえます。

テレワークをうまく活用するには?

テレワークをうまく活用するにはどうすればよいでしょうか。在宅で勤務をする場合はプライバシーに配慮したルール作りが必要になります。またテレワークができる環境を整える必要もあります。

テレワークができる環境作りとは机や椅子の用意だけでなく照明や空調の環境を整えることも必要です。また出社しないため周囲の目がなくとも仕事モードとプライベートモードを、きちんとわける必要があります。

テレワークが向いている業務かどうか確認しよう

テレワークを導入する企業は増えています。そしてテレワークに向いている職業も多くあります。しかしテレワークに向いていない職業や向いているはずの職業なのに、テレワークを導入する条件が満たされていないため導入できない場合もあります。

自由な働き方ができるテレワークですが、自分の仕事がテレワーク向きであるかよく検討してから導入しましょう。