MENU

すぐわかるOutSystemsを使うメリット:業務効率編

OutSystemsとはローコード開発手法を使うことで、開発時間を大幅に短縮できるとされるツールです。
また既存システムと連携可能なのも特徴で、多くの企業が導入しています。
本記事では、採用担当者向けにOutSystemsを使うメリットを「業務効率」の観点から紹介します。

OutSystemsから得られる3つのメリット


OutSystemsは業務効率の観点からみても多くのメリットがあります。
業務効率化することで、生産性向上も期待できます。
ここではOutSystems の3つのメリットをご紹介します。

ビジネスへのすばやい実装

ローコードを使用すれば、従来の開発手法と比べて約10倍のスピードでプロセスを作成できるとされています。
数か月や数年単位の時間を費やさなくても、わずか数日単位でプロセスを構築できます。

OutSystemsを利用した事例では、アプリケーションをオンラインに移行できました。
また将来の目標達成に向けて準備を進められたとしています。

6ヶ月も経たずに2人のスタッフで、オンラインボランティア申し込みプロセスを開発できたそうです。

このシステムによってボランティア申し込み時間を数日から数時間に短縮できました。
実装から最初の2ヶ月で、申請プロセスを申し込む個人の数が約20%増加したそうです。
またポジションにより、30分ほどで申し込みフォームを記入できる人もいました。
さらにオンラインに移行することによって、入力に不備がある申請を受け取らなくなりました。

送信前にすべての情報を入力しなくてはいけないので、応募所の情報の正確性も向上したそうです。
このオンラインアプリケーションによって、非営利・ボランティアセクターでの競争力を高められました。

ユーザー中心の構築ができる


ユーザーのニーズをすばやく把握することで、ユーザー中心のプロセスを構築可能です。また社内のサイロやツールによって、顧客満足度などが影響を受けないようにできます。

プロセスを継続的に改善できる

OutSystemsでは新しいビジネスプロセスとモデルによるテストや測定、実験が可能です。
また、最小限のプロセスを簡単に作成できるので、ユーザーの希望に沿った継続的な改善に役立ちます。

OutSystemsが支援できるもの

  • 監査証跡
  • プロセスの監査証跡を記録することで透明性を確保し、説明責任を明確にできます。

  • 自動受信トレイ
  • OutSystemsの任意アプリケーションやプロセスに対し、受信トレイを有効にできます。
    そうすることで、トレーニングや作業をしやすくします。

業務効率化によって生産性の向上につながる

OutSystemsではビジネスプロセスの設計、実行、管理、最適化が容易にできます。
デジタルの視点かオペレーションを実行すれば、最速で効率的なプロセスを実行可能です。
業務効率化を考えている企業は導入を検討してみてはいかがでしょうか。