MENU

すぐわかるOutSystemsを使うメリット:運用コスト編

OutSystemsとはローコード開発を活用することで、ソースコードを書かなくても業務アプリケーションが開発できるツールです。
開発時間が短縮できるとされていることから、多くの企業に導入されています。
本記事では、採用担当者向けにOutSystemsを使うメリットを「運用コスト」の面から紹介します。

OutSystemsから得られる5つのメリット


OutSystemsは運用コストの面からみても多くのメリットがあります。
ここでは5つのメリットをご紹介します。

プロセスの所有者を支援できる

OutSystemはプロセスの所有者がケース管理ソリューションを自由に作成できます。
ワークフロービルダーは、IT技術者ではない人向けに設計されています。

そのため専門家ではない開発者も使いやすいウィザードを使って、最適化できます。
従来の開発手法であれば、数日~数週間かかっていたアプリケーションの開発もわずか数分で構築可能とされています。

迅速にケース解決できる

OutSystemには文章管理やケース作成~完了までを追跡できる作業メモ機能があります。
そのため重要な状況や環境の見逃しを防いでくれます。

また多くの社内・外部システムと連携可能なため、データサイロも解消可能です。
さらにタスクを適切な担当者に自動的に割り振るルールを使用することで、承認を効率化できます。

業務を可視化しチームのコミュニケーションの向上につながる

クラウドエンジニア

■配置された画像/写真は、この素材製作者の著作物です。■被写体の人物はモデルリリース取得済みです。


OutSystemで最も重要なケースを優先することで、効率的にワークロードを管理できます。
ワークロードとはシステムのパフォーマンスを適切な状態に保つための指標です。
支援が必要な場合やケースが専門外の場合は、他のチームメンバーに支援を頼めます。
また共同作業の状況をすばやく把握できるので、チームメンバー間で部署間での連携も取りやすくなります。

コンプライアンスを簡素化しリスクを軽減する

OutSystemは、ケースごとに関連する商取引を追跡し、監査対応を簡単にします。
またコンプライアンスプロセスを自動化できるので、制裁金なども回避できます。

ビジネスプロセスを継続的に改善できる

OutSystemのアプリケーション分析を使用すれば、SLA、パフォーマンス、チームワークロードなどが把握可能です。
分析から得たデータを活用することで、リソースの配分調整や、ビジネスプロセスを改善できます。
こうして業務を効率化できることで、運用コストの削減につながります。

ケース管理アプリケーションをすばやく構築できる

OutSystemを利用すれば、ケース管理アプリケーションをすばやく設計・構築することが可能になります。
また自動化などを組み込むことによって生産性が向上し、運用コスト全体の削減につながります。