MENU

すぐわかるOutSystemsを使うメリット:顧客満足度編

OutSystemsとは、開発速度の向上が期待できる「ローコード開発ツール」です。
従来の開発方法と比べて高速で開発できることから、多くの企業が注目しています。
本記事では、採用担当者向けにOutSystemsを使うメリットを「顧客満足度」の観点から紹介します。

OutSystemsから得られる6つのメリット

Community Cloud
OutSystemsは従来の開発方法と比べて、最大で10倍のスピードでアプリケーションが作成できるとされローコード開発ツールです。
顧客満足度の観点からみると、以下の6つのメリットが考えられます。

顧客のニーズに応えやすい

OutSystemsはセルフサービスの代理店ポータルから商用のモバイルアプリまで、多くのデバイスで動かせるアプリケーションを構築できます。
アプリケーションにもよりますが、数週間あれば構築できるとされています。
またCXアクセラレータを利用し主要機能を実装できます。
OutSystemsはビジュアル開発が可能なので、一目みてわかりやすいのが特徴です。
高速で構築できることで、変化するユーザーのニーズや市場の変化にも対応しやすくなります。

業務に最適したタッチポイント

OutSystemsでは多くのタッチポイントに対応したアプリケーションを構築可能です。
ひとつのプラットフォームで、Web、モバイル、チャット、AR/VRなどの高品質な体験を顧客に提供できます。

シームレスなUX/UI

Sales Cloud
OutSystemsではシームレスなUX/UIを構築できます。
用意されたUX/UIテンプレートをカスタマイズしたり、既存レイアウトをインポートしたりすることで、自社のイメージに沿った画面を構築できます。
UIの構築スキルが無くてもシームレスにUIを構築可能です。

リアルタイムのデータを活用できる

すべてのチャネルで一貫性のあるシステム、プロセス、データを連係できます。
またCRM、CMS、請求システム、サードパーティなどあらゆるシステムやサービスから顧客の情報を簡単に把握できます。
またリアルタイムデータや機能も把握できるので、顧客のニーズを把握しやすいといえます。

企業向けのCXに対応

OutSystemsは機密データの取り扱いに要求されるセキュリティとコンプライアンス基準を満たしたプラットフォームを利用しています。
何百万ものユーザーやデバイスに対応でき、拡張性の高いアプリケーションも開発可能です。
またデータやサービスなどを一元管理できるので、複数のチームが関わる大規模なプロジェクトも管理しやすいのが特徴です。

新しいテクノロジーを採用

OutSystemsでは、顧客の質問などに対してリアルタイムで分析可能なチャットボットや、顧客の使用パターンに合わせて動作するIoTデバイスななどのアプリケーションを作成できます。
AIや機械学習、IoTなどの機能は常に拡張されており、新しいテクノロジーを簡単に活用できます。

企業向けの開発ツール

OutSystemsは常に新しいテクノロジーを導入しているので、顧客のニーズに合わせたシステムが作りやすいのが特徴です。
またあらゆるソースのリアルタイムでデータを確認しやすいことから、市場の動向に合わせることも容易といえます。