MENU

【OutSystemsを始める前に】OutSystemsのアーキテクチャについて知ろう!

新規でシステムを導入する際には、コストや機能などさまざまな点を見て判断します。
アプリケーション開発で使用するシステムの場合には、アーキテクチャについて見ておかなければなりません。
複雑な仕組みのアプリケーションほど、アーキテクチャの重要度が高いです。
本記事ではOutSystemsのアーキテクチャについて解説していきます。

そもそもアーキテクチャとは?


普段システム開発に携わっていない人の場合には、アーキテクチャと聞いて何のことかイメージが湧かない人も多いでしょう。
アーキテクチャとは、1つのシステムの中で複数の要素を使用する場合に、要素間を接続する仕組みのことを指します。

単純なアプリケーションであれば、使用する要素そのものがそう多くありません。要素同士で相互に影響を与え合うことも少ないでしょう。
しかし、複雑なアプリケーションほど、使用する要素が多いです。

ある要素の動作が他の要素の動作へ影響を与えることもあるため、要素間の関係を適切に定義しなければなりません。
アプリケーションの多くは、アーキテクチャの構築を行っているからこそ、便利な機能が実装できます。

OutSystemsのアーキテクチャ


OutSystemsには、Platform サーバーを利用することで、アーキテクチャを行える仕組みになっています。

そして、コードジェネレータ、デプロイサービス、アプリケーションサービスなどにおいて、処理を行います。コードジェネレータでは、ビジュアルエディタからネイティブアプリケーションコンポーネントを生成します。

その際に、データベースからデータを取得するクリエをチェックしたり、管理、認証、構成などをバンドルしたりする仕組みです。

デプロイサービスにおいては、フロントエンドサーバーにアプリケーションをインストールする際に整合性を維持する仕組みが採られています。

デプロイ完了後は、ランタイムデータベースの更新も行われます。アプリケーションサービスでは、スケジューラサービスとログサービスで管理するのが特徴です。

メタデータベースからデータを取得して、保留中のタスクを実行するため、スケジュールの設定通り動作が実現できます。
また、エラーや監査などのログが自動生成されて、複数のシステム間で行われている処理の競合を防止する仕組みです。

高度なアプリケーションほどアーキテクチャが求められる

高度なアプリケーションを作る際には、アーキテクチャの重要性が高いです。しっかりとしたアーキテクチャを行う仕組みが備わっているシステムを使うことで、エンジニアの能力も発揮できます。アプリケーション開発の環境を整えるなら、ぜひOutSystemsの導入を検討してみてください。