MENU

アプリケーション開発のレビューを自動化できる!Fit Test 4 OutSystemsとは

アプリケーションの開発レビューが自動化できるツールに、Fit Test4OutSystemsがあります。
この記事では、Fit Test4OutSystemssについて概要と特徴を簡潔に解説していきます。

Fit Test 4 OutSystemsとは


Fit Test4OutSystemssとは、アプリケーション開発のレビューを自動化できるサービスのことです。OutSystemsは小単位で実装とテストを繰り返す開発手法をとっています。そのため、視覚的なモデル開発機能により、チーム内でコードレビューが従来よりも容易です。

しかし、アプリケーションの規模が大きくなると、コードレビューの難易度や必要な時間は大きくなります。そこで提供されたのが、Fit Test4OutSystemssです。

これにより、開発チーム内レビューのための情報をOutSystemsのベストプラクティスにもとづいて自動での分析や表示が可能になりました。

Fit Test 4 OutSystemsの特徴


ここからは、Fit Test4OutSystemssの具体的な特徴を解説します。Fit Test4OutSystemssの特徴は以下になります。

  • ベストプラクティスにもとづきアプリケーションを点数化
  • 修正ポイントを開発者に明示
  • 短時間でのレビューが人の手を介さずに可能

Fit Test4OutSystemssには、OutSystemsの多くのパートナーからベースとなる開発のベストプラクティスを収集し、組み込まれています。

そのベストプラクティスにもとづき、総合点が表示されます。「どの要素がベストプラクティスに沿ってつくられていない」「沿っていない場合、アプリケーションに与えるインパクトがどれだけ多いか」が表示され点数化されるわけです。

また、ベストプラクティスに沿ってつくられていない場合、インパクトの大きさや修正の容易さが表示されます。その表示から、開発者は次に修正するポイントの特定が可能です。そして、次のスプリント計画に組み込めます。修正点はどのように改善するか提示されるため、統一されたルールで開発が可能です。

さらに、Fit Test4OutSystemssは、OutSystemsのアプリケーションをOAPファイルにアップロードすると自動分析が実行されます。

1回ごとのスキャン履歴を参照した比較結果も出せます。そのため、「前回のスプリントから何が改善されているか」の確認も容易です。人手を介さずに、属人化を防いで短時間でのレビュー実施が可能になります。

以上のような特徴がFit Test4OutSystemssにはあります。それらの特徴をもとに開発レビューを自動化することで、開発をよりアジャイルにすることが可能です。

Fit Test4OutSystemssを理解する

Fit Test4OutSystemssは、アプリケーション開発のレビューの自動化ができます。数多くのベストプラクティスが組み込まれることで、それを可能にしました。さまざまな特徴をもち、開発を素早く行えます。Fit Test4OutSystemssを理解して、導入の検討材料にしてください。