MENU

人事担当者が考える外国人社員との働き方:コミュニケーション編

近年、外国人社員を受け入れる企業も増えてきました。
外国人社員を採用する際に課題のひとつとして挙げられるのが、コミュニケーションです。
本記事では、外国人社員とのコミュニケーションの取り方などについて紹介します。

社風になじんでいる外国人社員は70%!ではコミュニケーションは?

外国人社員

総合転職エージェントである大手企業が転職希望者を対象に「外国人社員との働き方」に対するアンケートを実施しました。
その結果によると、40%以上の日本人が外国人の社員と働く機会に遭遇しています。
日系企業でも半数近く人が、職場で外国人と働いていることが分かります。

また外国人社員と働いていると回答した人に対し、「外国人社員は社風になじんでいるか」
と質問したところ約70%が「はい」と回答しています。

さらに外国人社員と働けるメリットとして「多言語に対応できる」「固定観念の見直しができ、考え方の参考になる」などを挙げている方もいます。
このように言語と文化の違いがメリットにもなりますが、デメリットとなる場合もあります。

その最たる問題がコミュニケーションです。
「日本語での意思疎通ができない」「社内規定を守っていない」など、言語と文化が違うことでコミュニケーションに影響が出ていることが分かりました。

外国人社員とのコミュニケーションの取り方

コミュニケーション

では外国人社員と円滑にコミュニケーションを取るにはどうしたらいいのでしょうか。
まずは「日本人にとっての当たり前が、外国人にとっては当たり前ではない」ということを理解することが大切です。

ずっと日本で育った人は、日本のコミュニティの中の常識しか知らないことも多いです。
日本人ばかりだと相手も同じ「当たり前」を持っていることが多いため、あまり説明をしなくても「相手が察してやってくれるだろう」と思いがちです。

しかし外国人社員はそうではありません。
日本や会社特有の文化を「察する」ことが難しく、トラブルに発展することもあります。

これを防ぐには文化やルールを言語化し、しっかり説明を行います。
特に意思決定に関わる判断基準が異なる場合は、違いについて説明することが大切です。
このように外国人社員とコミュニケーションを取るには、相手の文化の違いを受容し、大切なことは言語化して伝えることが重要となるのです。

外国人社員が働きやすい環境を整えよう

今後も外国人人材の採用は増えていくことが予想されます。
これまで外国人社員を受け入れてなかった企業では、文化や慣習の違いに驚くことも多いかも知れません。
自分と異なる文化であることを受け入れ、自分が伝えたいことを言語化することで、円滑なコミュニケーションが生まれるのではないでしょうか。

※出典
PRTIMES「全国の転職希望者を対象に「外国人社員との働き方」に関する調査を実施 職場にいる外国人社員の70%は社風や文化に順応