MENU

【ITソリューション】業務領域別。エンジニアの種類と向いている人材の見抜き方

一口にエンジニアといっても、その種類はさまざまで、プログラマー、SE、セールスなど活動の分野も多岐にわたっています。また業種によっては他者とのコミュニケーションが重要な場合もあり、エンジニアだからといって理系ならば問題ないとも限りません。では、ITソリューションエンジニアの場合はどうでしょう?

ITソリューションのエンジニアとは

さまざまな種類のあるエンジニアのなかでも、ITソリューションエンジニアとは、企業のITやシステムのかかわる問題点を全般的に改善するためのエンジニアです。そのため、データベース、ソフトウェア、ネットワーク系のシステムの改善や場合によってはアプリケーションの開発を行う場合もあります。

ITソリューションエンジニアのもう一つの重要な業務は、システムやデータベースなどの運用コンサルティングです。話し合いのなかで顧客の抱えている問題を発見し、その問題に対する改善案を提案、実施するため、取引先や依頼先に訪問することも少なくありません。

ITソリューションのエンジニアに向いている人材とは

エンジニア

ITソリューションエンジニアが受け持つ範囲は広く、そのためIT全般に関して幅広い知識が求められます。もちろん、最初からすべての知識が豊富である必要はありませんが、前向きになにごとにも挑戦し、習得していきたいと思う強い気持ちがないと務まらない業務です。そして、単純にシステムの改善をするだけではなく、自らが改善案を考え提示するための創造力や提案力も必須といえるでしょう。

さらに、運用に関するコンサルティング業務も行うことから、コミュニケーション能力も必要です。そのため、デスクに向かって一日中、プログラムを書いているといったタイプよりも、周囲とも積極的にコミュニケーションを取り、いざという時にはすぐに動くことのできる行動力があれば、よりITソリューションエンジニアに向いているといえます。

ITソリューションのエンジニア、採用時はエンジニアの意見を参考に

エンジニアの採用で問題となるのが、人事部だけではエンジニアの資質を見抜くことが難しい点にあります。特にITソリューションエンジニアは、1つの領域にだけ特化したエンジニアよりも、IT全般の改善に柔軟な対応が可能なことが求められます。そのため、採用時には人事だけではなく、現場のエンジニアの意見を参考にすることが重要です。