MENU

PMとPLの違いってなに?IT人材の採用担当者が知るべきプロジェクト内の役職

プロジェクト内の役職として、プロジェクトマネージャー(PM)とプロジェクトリーダー(PL)の2つがあります。つい混同してしまいがちなこの2つの役職ですが、実は役割には大きな違いがあります。ここでは、プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いについて詳しく見ていきましょう。

プロジェクトマネージャーとは

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト全体を管理する責任者のことです。プロジェクトがスムーズに進行するようにマネジメントを行い、最終的にプロジェクトを成功まで導きます。
プロジェクトマネージャーの仕事内容としては、まずシステム開発計画の策定があります。クライアントの要望をしっかりとヒアリングしたうえで、どのようなITシステムを開発するかを決定していきます。次に、プロジェクトチームを編成します。必要な人材の見極めは、プロジェクト成功の大きなポイントだといえるでしょう。
そして、プロジェクトの進行中に進捗管理をすることも大きな役割です。納期までにプロジェクトを完成させられるように調整を行い、万が一トラブルなどがあればクライアントとの交渉を行います。プロジェクト終了後は、全体を振り返って改善点などを明確にしていきます。
プロジェクトマネージャーの仕事は、ITの知識やコミュニケーションスキルがあるだけでは務まりません。計画の立案や予算の設定なども行うため、経営に関する知識や経験も必要だといえます。

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違い

プロジェクトマネージャー

プロジェクトリーダーはプロジェクトマネージャーの下の役職だと認識されがちですが、この2つの役職ではそもそも役割が異なります。プロジェクトマネージャーがマネジメントを担当するのに対し、プロジェクトリーダーの仕事はプロジェクトチームを引っ張っていくことです。現場のリーダーであるためリーダーシップが必要なのはもちろんのこと、ITに関する専門知識も不可欠だといえるでしょう。

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いを正しく把握することが大切

ここでご紹介したように、プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーには大きな違いがあります。そして、派遣先責任者や指揮命令者を明確にするためにはこの違いを正しく把握することが大切。派遣先の担当者の方は、この機会にしっかりとプロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いを確認するようにしてください。