MENU

新卒・大量採用に強み!AI採用の特徴と動向

ここでは近年話題で、今後も導入事例が増える可能性がある「AI採用」について様々なことを述べていきます。
今度AI採用が広まれば、採用担当者としてAI採用のことを勉強しなければならないときが来るかもしれません。
そういった場合に慌てないようにするために、AI採用とは何かということだけでも簡単に押さえておきましょう。

AI採用とは

AI採用とは、その名の通りAI(人工知能)を活用した人材採用のことです。
言ってしまえばコンピュータに意見を聞いて採用をする、またはコンピュータに採用の一部を任せるのがAI採用です。
AI採用には以下の特徴があります。

判断が公平

個人の主観・偏見・好き嫌いが採用に絡まないのがAIを使う利点です。
このため公平な判断が期待できます。

アピール力と仕事の能力を分けて考えられる

書類や面接でのアピールが上手い人でも、仕事の能力が高いとは限りません。
逆もまた然りで、アピールが上手でない人でも仕事の能力は高い可能性があります。
AIに判断させればアピール力に左右されずに志望者の能力を測ってくれます。

将来活躍する人を発掘できる可能性がある

AI採用では、過去の実績や傾向などのデータから将来の予測が可能です。
将来活躍する逸材の発掘も可能であると期待されています。

採用担当者の負担が減る

AI採用によって採用担当者の物理的な作業量を減少できるので、効率的な採用が可能です。
大量に採用したい場合などは、特にこのメリットが際立つでしょう。
また、採用においては担当者の心理的な負担も相当なものです。
しかしAIに判断させることで、この負担からも解放されます。

AI採用には課題もある

課題

AI採用にはメリットばかりでなく、デメリットも存在します。
AI採用はある程度長期的に採用データを集めなければ、自社にピッタリの人材を判断してくれません。
ある程度は判断してくれるかもしれませんが、確度の高いものを得るにはデータの蓄積が必要です。
特に中途エンジニアは独特の経験を持っていることがあるため、データが集まりづらいことも考えられます。
結果として、新卒者などを大量に採用する場合はまだしも、中途エンジニアを採用するためにAIを導入するのは、まだ少し時間かかるかもしれません。
また、AIはあくまでも過去のデータから判断していくに過ぎません。
採用と不採用の具体的な根拠もデータの中にあるだけであり、外部に説明することができない場合も多々あります。
説明がないことによって志望者が不満を持つ可能性は排除できないでしょう。

来たる時代のためにAI採用の特徴を知っておこう

AI採用は特徴を押さえて使えば主観による採用を排除でき、採用担当者の負担を軽減できる非常に便利なアイテムです。
しかし万能ではなく、特に中途エンジニアの採用を判断するにはまだ不十分な段階にあると考えられます。
AI採用はあくまで補助的なツールとして扱うなど、場面に応じた利用方法を考えてみるのもいいかもしれません。