MENU

派遣のエンジニアの評価ポイントの1つ:コンセプチュアルスキル

ハーバード大学の経営学者ロバート・カッツ氏が提唱した、会社経営に必須とされるビジネススキルには業務遂行能力に関する「テクニカルスキル」、対人関係の処理能力に関する「ヒューマンスキル」、そして概念化能力に関する「コンセプチュアルスキル」があります。
派遣エンジニアの評価ポイントとしても注目を集めているコンセプチュアスキルとは、どのようなものなのでしょうか。

コンセプチュアルスキルの概要

コンセプチュアルスキルとは、物事を具体化し、抽象化するスキルを指します。
情報やスキルを整理し、分析した上で総合的に判断することにより、本質を見極める能力であり、曖昧かつ抽象的なものと論理的かつ創造的に向き合い、明確なビジョンや回答を導き出すことができるスキルです。
経営者や人事採用担当者などに必要なマネジメントスキルとしても、注目のスキルとされています。

コンセプチュアルスキル構成要素

コンセプチュアルスキルには、以下のような要素が含まれています。

・論理的思考力
・水平思考
・多面的視野
・クリティカルシンキング
・知的好奇心
・柔軟性
・探求心
・直観力
・応用力
・挑戦力
・洞察力
・受容性
・先見性・俯瞰力

コンセプチュアルスキルの具体例

エンジニアには、抽象的なリクエストに的確に応じるスキルが求められます。
「○○を▽▽にしたいけど、なんとかならないかな?」
「ここを○○みたいにしたい」
そんな曖昧なリクエストに応えるためには、コンセプチュアルスキルが重要です。
派遣スタッフの評価基準に悩んだ場合は「相手のイメージを、いかに具体的に変換できるか」というコンセプチュアルスキルをチェックすると、そのスタッフの質が見えてきます。
一度で相手の求める理想の形にならなくても、フィードバックを受けながらやりとりを重ね、クオリティを上げて、相手が求めるシステムを作りあげることがエンジニアの仕事です。
リクエストに応えて具体化し、自分の作業を軽減するために抽象化して繰り返し作業を削るスキルが、そのスタッフに備わっているかをチェックしましょう。

具体化と抽象化を繰り返し作業効率とクオリティアップ!

問題を正しく把握し、解決する手法を提案できるエンジニアは、ありがたい存在です。
コンセプチュアルスキルの高い派遣スタッフは、心強い存在となります。
派遣スタッフがエンジニアとして成長していくために、必要不可欠なコンセプチュアルスキルを意識して作業に取り組む姿勢があるかを、しっかりと見極めましょう。

※出典元:独立行政法人労働政策研究・研修機構「職業情報の整備に関する基礎的研究―マッチング効率の高い職業分類策定のための課題」