MENU

従業員エンゲージメントとは?高めるメリット7つと高めるポイントを紹介

従業員エンゲージメントとは?

従業員エンゲージメントとは自分が所属している会社に信頼や貢献したいと感じているか、その愛着を表す概念です。

 

エンゲージメントとは、シチュエーションによって解釈は変化します。この場合は、愛着や思い入れという「絆」を表します。従業員エンゲージメントは、従業員満足度、企業の生産性にも影響を与えます。

従業員の企業への信頼がある状態

従業員エンゲージメントは給与などの金銭的な面だけではなく精神的なつながりを重要視します。企業に対する信頼、そして愛着を強くし、この企業に貢献したいと感じる状態が従業員エンゲージメントです。

 

「働きがい」を向上するためにも必要な感情です。エンゲージメントが向上すれば、生産性や定着率のUPやモチベーションの維持にもつながります。

日本企業は従業員エンゲージメントが低い

終身雇用を前提とした雇用がエンゲージメントを低下させます。企業の意思で働き方や労働場所、さらには勤務地までも変更できる雇用形態が日本では多く、割り振られた仕事に不満が生まれます。

 

また、組織の複雑化、仕事の細分化が「誰の役に立つ仕事をしているのか」がわからないという状況を生み出しています。

 

労働環境の不満、業務の目的を見失った結果がエンゲージメントを低下させる要因となっています。

従業員エンゲージメントを高めるメリット7つ

従業員エンゲージメントの向上は、研究結果でもメリットがあると認められています。

 

モチベーションや生産性、企業定着率のUPなどの企業への貢献もさることながら、従業員満足度も上がり、働きがいを得られるなど従業員の心理面にも良い方向に作用することがわかっています。

 

これから従業員エンゲージメントを高めるメリットを紹介していきます。

従業員エンゲージメントを高めるメリット1:従業員のモチベーションの向上

従業員エンゲージメントを高めることにより、従業員は自分の仕事に価値を見出すことができます。「働きがい」を仕事に見出せるようになると、モチベーションが上がることでしょう。

 

仕事にプライドを持ち、仕事にやりがいを感じると仕事に対して前向きになり、熱意を持って取り組み、より効率的により生産性を高めるためにはどうしたら良いのかを考えるようになります。

 

その結果、企業経営にも良い影響が出てくるのです。

従業員エンゲージメントを高めるメリット2:職場の雰囲気や従業員間の関係改善

従業員エンゲージメントの向上は職場の人間関係にも影響を与えます。一緒に働く同僚たちにも高い信頼を寄せる傾向が生まれ、豊かなコミュニケーションを生みます。

 

自分のことだけを考えるのではなく、相互協力を得て仕事に取り組む土壌ができあがるので、働きやすい環境が構築されるほか、仲間意識が高まり関係の継続性を望むようになります。

 

また、何かを達成した際の充足感を仲間と共有することにより高い働きがいが得られます。

従業員エンゲージメントを高めるメリット3:離職率の低下

従業員エンゲージメントを高めるのは収入面、待遇面だけではありません。収入面や待遇面などは企業が力を有していれば提示できる条件です。

 

仕事へのやりがい、職場の環境や人間関係や誇りなどの価値観によって育まれたつながりにより、容易に転職することがなく離職率の低下につながります。

 

従業員満足度を高めると「この職場を離れたくない」という心理が生まれます。愛着心を高めるのは企業としての競争力を高めるのにも有効な方法です。

従業員エンゲージメントを高めるメリット4:顧客満足度の向上

従業員エンゲージメントが低いと顧客に対してのなおざりな対応として現れます。逆に従業員エンゲージメントが高まると仕事にやりがいを感じ熱意を持って取り組むようになるでしょう。

 

その結果、顧客との積極性なコミュニケーションからよりニーズにあった的確にマーケティングできるようになります。

 

それにより、高い顧客満足につながるのです。高い顧客エンゲージメントは企業への評価にもつながり、顧客流出の防止や企業の成長にも貢献します。

従業員エンゲージメントを高めるメリット5:企業の業績向上

従業員エンゲージメントの向上は人材の流出も防ぎます。人手不足が叫ばれる中、人材の流出は企業にとって大変な痛手です。特にエース級の市場価値の高い人材が流出することは企業の業績に影響を与えます。

 

従業員満足度が高い企業は人材の流入にも期待できます。能力が高い人材だけではなく、会社を支える全ての人材が、会社の企業理念に共感し、企業への信頼が上がることで、企業業績の向上に大きな貢献が見込まれます。

従業員エンゲージメントを高めるメリット6:課題への取り組み姿勢の改善

会社理念に共感し企業に対して愛着と信頼を持って仕事に打ち込む姿勢を保つことで、問題があった場合にもやり遂げようと努力します。困難な問題にも果敢にチャレンジしようという前向きな姿勢を育みます。

 

会社に貢献しているという実感が困難な状況に立ち向かう原動力となり、さらに強い仲間意識が1人で抱え込まない土壌をつくります。

 

自ら課題を見つけ改善する動きを進めるので、会社全体のパフォーマンス向上にもつながります。

従業員エンゲージメントを高めるメリット7:従業員間の結束強化

従業員エンゲージメントの高まりは、会社への信頼とともに同僚などへの信頼にもつながります。

 

同じ目標を持つ人間の間には仲間意識が芽生え、何か問題が生じた場合、1人で抱え込まず、信頼する仲間に相談できるという土壌を作り出します。お互いを尊重したよりより人間関係は、労働環境、会社への愛着にもつながります。

 

助け合って1つの目標に突き進むことで、会社の経営に貢献する高い価値のある人材が育つでしょう。

従業員エンゲージメントを高めるポイント8つ

従業員エンゲージメントを向上させるには企業努力が必須です。長い目で見た場合、企業発展のためには、従業員エンゲージメントは欠かすことはできません。

 

エンゲージメントを高めることで、人材の流出を防ぐことができるほか、顧客満足度の向上、さらに生産性の向上も見込まれるのです。

 

では、従業員エンゲージメントを高めるためにはどうしたら良いのでしょうか。高めるためのポイントを8つご紹介します。

従業員エンゲージメントを高めるポイント1:調査を行なう

まず、従業員エンゲージメントを測定するために調査しましょう。調査する目的は、多岐に渡ります。組織の課題の可視化、施策の効果の検証のほか、定着率の改善により、採用にかかる費用が削減されたことを数値によって表します。

 

従業員エンゲージメント調査はアンケート形式で行われます。従業員エンゲージメント調査は会社と従業員の相互の成長の方向が連動しているか、互いに貢献しあえる関係であるかを調査します。

従業員エンゲージメントを高めるポイント2:企業理念やビジョンを明確に発信

自分が取り組んでいる仕事がどのようなものか、どのように会社に貢献しているのか、どんな価値があるのか実感することは組織エンゲージメントを強くする大事な要素です。

 

企業理念、企業が見据えるビジョンを明確にし、従業員に対し伝えることで共感を得られるようになります。ビジョンがしっかり浸透することにより会社への期待感が高まり、その会社の一員であることに誇りを思うことでエンゲージメントが高まるのです。

従業員エンゲージメントを高めるポイント3:社内でのやりとりの活性化

従業員エンゲージメントが高いと同僚への信頼が高い傾向にあります。信頼でつながった人間関係は非常に心地いいオフィス環境を作ります。

 

さまざまな意見を交わすことで問題の提起、さらには解決の緒がつかめることや、社内でのコミュニケーションが活発になり良い影響をもたらす可能性があります。

 

社員が柔軟にコミュニケーションが取れる土壌を育てましょう。心地よい労働環境は従業員満足度にもつながります。

従業員エンゲージメントを高めるポイント4:適切な人事評価を行う

認められることは強い原動力になります。それが会社での立ち位置や給与などの向上と直結しているならなおさらです。

 

従業員エンゲージメントを高めるには、分かりやすく透明性のある人事制度は欠かせません。正当な評価は従業員のモチベーションが向上します。

従業員エンゲージメントを高めるポイント5:ワークライフをバランス改善する

働くためには心身ともに健康であること大切です。健康経営とは従業員の健康管理を経営の視点から考え、戦略的に実施することです。

 

働き方改革も健康経営の1つです。ワークバランスを考え、健康的でゆとりある生活を実現することは、従業員の心身の健康を守り、モチベーションのUPや組織への帰属意識を育てるためにも必要です。

従業員エンゲージメントを高めるポイント6:成長機会を与える

成長機会をあたえることも、従業員エンゲージメントを高めるポイントです。具体的な事例としては、次期リーダーを育成するために研修を行う、従業員にオーナーシップを持たせる、などの対策が有効です。

 

人には成長欲求がありそれが解消されなければ不満となって現れます。個々の能力や価値観を把握するなどして、適材適所に置くことが、能力を開花させることに繋がります。それにより、やりがいを強く感じるようになるでしょう。

従業員エンゲージメントを高めるポイント7:風通しの良い雰囲気にする

風通しの良い雰囲気というのは評価や情報に透明性があり、意見を積極的に発言できる土壌があるということを意味します。

 

透明性の高い評価は貢献度によってもたらされるため会社の売上、利益に寄与しようと邁進するでしょう。意見が通りやすくなることで改善点を積極的に発言できるようになります。

 

透明度の高い情報は企業への信頼感を高めるため、古い風土で培われた悪い慣習は改善すべきだと言えます。

従業員エンゲージメントを高めるポイント8:チームワークを高める

社内コミュニケーションも会社への愛着心を培うために必要な要素です。上司が部下を信頼し、早い段階で情報を共有できているか、そのためのコミュニケーションが取れているかというのは非常に重要です。

 

仲間意識というのは組織コミットメントにも大きな影響を与えます。そのため、企業への愛着の1つになります。

 

チームワークを高めるためには上司のコミュニケーション力、マネジメント力が大きくかかわってくるでしょう。

従業員エンゲージメントを取り入れた事例3つ

実際の成功例から、従業員エンゲージメントを高める鍵を見つけましょう。

 

マネジメント層の意識改革をし、成功された大手製造メーカーの事例、従業員のスキルUPのための資金補助を行う大手コーヒーチェーン、1対1の対話を大切にしコミュニケーションを活性化させ、事業の危機を脱した大手不動産サービス業などの事例を参考にします。

従業員エンゲージメントの事例1:マネージャー層の改革

マネージャー層の意識の改革はエンゲージメントには欠かせない要素です。マネジメント層はいわゆる「直属の上司」がそれにあたります。

 

大手製造メーカーでは、この層がイノベーションを起こす思想、発想を持つチームを作るための研修を行いました。

 

上司が適材適所に人員を配置し、風通しをよくする努力を行うことで、会社への信頼が増します。そのためには上司のマネジメント力、コミュニケーション力を強化する必要があります。

従業員エンゲージメントの事例2:スキル向上サポート

成長支援の一環としてのスキル向上サポートも従業員エンゲージメントの向上に貢献します。スキルアップやキャリア形成に役立つ研修の実施などを行うことも有効です。

 

職務上や自己の成長に対する支援が受けられているかというのは、働きやすさや働きがいにも通じます。

 

大手コーヒーチェーンでは従業員の通信教育の補助を行うなど、業績向上のためのスキルを磨くサポートを行っています。

従業員エンゲージメントの事例3:コミュニケーション活性化

大手不動産情報サービス業では、会社の課題を洗い出し、数々の施策を打ち出しました。1on1ミーティングもその施策の1つで、コミュニケーションを活性化させ、信頼関係を修復しました。

 

コミュニケーションが円滑だと、人はその場所に愛着を持つようになります。コミュニケーションは良い人間関係を産み出し、信頼関係を築くでしょう。同じ未来を描けているかを知るにはコミュニケーションは欠かせないツールだと言えます。

従業員エンゲージメントを高めて優秀な人材が離職しない環境を構築しよう

従業員エンゲージメントとは、企業と従業員が同じ方向性、目的を持ち、愛着と信頼とで企業とつながっている状態です。

 

エンゲージメントを高めるには、コミュニケーションを円滑にし、同僚や上司との仲間意識を育てること、会社のビジョンを明確にすること、伝えること、やりがいを感じることが必要です。

 

エンゲージメントは人手不足が顕著になった現在、企業が早急に取り組まねばならない課題ではないでしょうか。

ウェビナー