MENU

社員エンゲージメントとは?向上させるメリットと5つの方法を解説

社員エンゲージメントとは?

まず社員エンゲージメントとは、会社に自主的に貢献しようという意欲の事です。社員エンゲージメントを向上させることにより会社は今以上にメリットを得ることができます。

会社への不満や離職率の高さが話題となっている近年において、社員エンゲージメント向上が必要不可欠となっているのが現状です。今後の会社の利益につながるため、現在の社会において見直す必要のある大きな問題です。

従業員満足度とはどう違う?

従業員満足度と社員エンゲージメントは全く違うものです。従業員満足度とは、給与や賞与などの金銭に関わるものや、福利厚生や職場の環境などの会社から与えられるものに対しての充実感の度合いのことです。

社員エンゲージメントとは、社員が会社に対して意欲的に貢献(献身)しようというものですので、必ずしも「従業員満足度が高いからといって社員エンゲージメントが高くなる」という風に比例するわけではありません。

社員エンゲージメントを向上させるメリット

近年の社会において重要視されている社員エンゲージメントの向上は、実際会社にとってどのようなメリットをもたらすのでしょうか。会社を運営するにあたり社員の業務への意識の向上心は、業績につながるもっとも重要なものです。

社員の意識改革をすることで更に会社にはどのようなメリットが生まれるのか、いくつかに分けてご説明します。

業績の向上

社員からの「労働力」だけで会社を運営することはできます。しかし、業績を向上させるためには労働力だけでなく社員の意欲的な会社への貢献が必要なのです。

自主的に考え率先して業務にあたることは生産性の高い環境を作ることができ、会社に対し愛着を持つことで業務への意識がかわります。「より良いものを作ろう」「よりよい結果を残そう」とする意欲は業績を向上させる上で必要な向上心です。

社員の意識の向上

社員と一括りに言っても、立場によって少なからず意識に差は生まれてしまいます。しかし「会社のために働こう」とする気持ちをそれぞれが持つことで、受身的な献身だけではなく社員一人一人が率先して会社へ貢献しようとする意欲を向上させることができます。

社員エンゲージメントの向上は業績だけでなく、社員の意識の向上にもつながるのです。

日々の仕事への熱意が高まる

社員エンゲージメントの向上によって、社員の日々の仕事に対しての熱意が高めることができます。熱意がなくても作業として業務を行うことはできますが、一人一人の社員が熱意をもって仕事と向き合うことでより高い品質のものを生み出すことができます。

自発的な意識は日々の仕事へのモチベーションにもつながるのです。

コミュニケーションが活発になる

仕事に対して熱意をもって取り組むことで、社員同士のコミュニケーションも活発になります。社員エンゲージメントとは仕事に対しての意識改革だけでなく、会社に対してよりよい働きをしようという意識を高めることができるからです。

自分の事だけでなく、組織の一員として働きやすい環境を作ろうと意識することによって、単なる上司と部下という業務上の関係だけではなくなるでしょう。

お互いを尊重し合う関係性が、より良い環境を作ることにもつながります。

チャレンジ精神が醸成される

社員エンゲージメントの高い組織は、社員同士の信頼関係が高い傾向にあります。同じ意識と熱意により信頼関係が高まることで、互いに助け合いながらより高い目標を目指す事ができるためです。

困難な課題や難題に対し、自発的に自分ができることを見出し取り組もうというチャレンジ精神を持つことができます。

人事面の向上

社員エンゲージメントを向上させることは、社員と会社の間に強い信頼関係を作ることにつながります。一方的な会社からの要求に応えるだけでは社員と会社で信頼関係を築くことはできません。

信頼関係を築くことで社員は会社に対し愛着を感じられるようになり、人事面の向上にもつながるのです。

離職防止につながる

福利厚生や給与など会社に対し不満がなかったとしても、「満足している」というわけではありません。「不満がない」というだけで信頼や愛着が無ければ、より良い条件の会社へ転職しようと考える従業員は少なくありません。

社員エンゲージメントを向上させることで、会社に対し愛着をもつことができ、社員と会社の新しい信頼関係を結ぶことで離職防止へとつながるのです。

社員エンゲージメントを向上させる5つの方法

社員エンゲージメントを向上させることによって会社が得られるメリットを上記で説明しましたが、では向上させるためにはどのような方法があるのでしょうか。簡単に信頼関係を築くと言っても難しいのが現実です。

企業が社員に対し社員エンゲージメントを向上させる方法として5つにわけてご説明します。

企業のビジョンを明確にする

社員エンゲージメントを向上させるには企業のビジョンを明確にする必要があります。企業が何を目標とし、何を目指すのかが曖昧な状態では、社員も何に対し情熱をもって取り組めばいいのかわからなくなってしまいます。

これでは企業と社員の信頼関係を重要視する社員エンゲージメントを向上させることはできません。企業のビジョンを明確にすることは社員が目指すビジョンを明確にすることにつながります。

ビジョンを確実に共有する

企業が今後目指す目標や将来設計を明確にしても、社員と共有できなければ社員エンゲージメントを向上させることはできません。社員が掲げる目標や将来設計と企業が掲げるビジョンを共有することで、社員は企業に対し情熱を持つことができます。

そのためには、層部が日ごろから業務上のつながりだけでなく、社員とコミュニケーションをとることは必要です。企業のビジョンを伝え、一人一人の社員が目指すビジョンを理解することで社員との距離感も近づくでしょう。

コミュニケーションを社員任せにしない

企業と社員の間で信頼関係を築くためには、コミュニケーションをとることがもっとも重要です。社員同士だけでなく、企業と社員の間でも自由に意見や相談ができる環境や機会を作ることでコミュニケーションがとりやすくなります。

これにより、社員は企業に対し「一個人として尊重されている」という意識を持つことができ社員エンゲージメントを向上させることができます。

公平感のある評価制度を策定する

企業に対し自発的に貢献する意欲を持つ社員エンゲージメントを向上させるには、企業と社員の信頼関係が重要です。社員は企業から正当に評価してもらえることで、更に企業へ対し貢献したいという意識を持つことができます。

どのような指標で評価制度を策定しているのかを社員に伝えることで、公平感のある評価をしてもらえていると認識することができます。

社員の適性にあった仕事・役割を与える

企業は一人一人の能力を理解することで、それぞれの適正にあった仕事や役割を与えることができます。社員の適正にあった仕事や役割を与えることは、企業から適正な評価に基づき仕事を与えられているという意識を持てるため、業務に対しモチベーションを上げることができます。

適正にあった仕事や役割を与えることは業績につながるだけでなく、業務に対し意欲を高めることができ、社員エンゲージメントを向上させることができます。

社員エンゲージメントが停滞する企業の特徴

近年社員エンゲージメントの重要性を認識し取り組む企業が増えています。しかし、取り組んでみたものの思うように社員エンゲージメントを向上させることができない企業も少なくはないのではないでしょうか。

社員エンゲージメントレベルを停滞させないためには現在の状況を把握し、改善すべきところを見つけることが重要です。では、社員エンゲージメントが停滞してしまう企業にはどのような特徴があるのでしょうか。

長時間労働

社員エンゲージメントを停滞させてしまう企業の特徴は長時間労働であることが多いです。短時間で業務を終わらせたとしても、決められた時間内は会社にいなければ給与を削られてしまう現状があります。

どんなに意欲をもって短時間で結果を出しても、長時間労働を強いられていては意欲を失ってしまいます。業務に対しモチベーションを持つことができなくなるため、その結果、社員エンゲージメントを停滞させてしまうことになります。

若手が意見を言いづらい

上層部と社員のコミュニケーションが増えてきていたとしても、若手が上司に対し自分の意見を伝えづらいのが現状でしょう。

意見しにくいことを理解してもらえないのではないか、尊重してもらえないのではないかと若手が尻込みしてしまう傾向にあるためです。

若手にもっと目を向け、同じ目線に立ち、正当に評価し褒める事で、上司と部下としての信頼関係をより密接にすることができます。しかしそれができていない企業があるのも現実です。

組織間の隔たりがある

会社では数々の組織が存在します。組織と社員との関係性は社員エンゲージメントで向上していても、組織間での会社への意識の違いにより社員エンゲージメントが停滞する傾向があります。

まずは会社が各組織、社員全体の意識を理解・尊重することが大切です。

ポイントを把握して社員エンゲージメントを向上させよう!

よりよい企業を目指すためには社員エンゲージメントを向上させることがもっとも重要な課題です。ただ社員の満足度を上げるわけではなく、社員と企業の信頼関係を築き高め合うことで社員一人一人の意識の向上させることができます。

社員一人一人が企業に対する意識や不満を理解し、改善することで更に社員のモチベーションを上げることと、社員エンゲージメントを向上させることにつながります。

ウェビナー