MENU

出社にストレスを感じるときの対処方法8つ|ストレスになる原因5つ

出社がストレスなら出勤困難症の可能性がある?

「毎日出社するのが楽しみだ」というビジネスパーソンは、少数派かもしれません。仕事にやりがいを感じている人であっても、「出社するのが嫌だ」と感じることもあるでしょう。ですが、出社に対して強いストレスを継続的に感じている場合、いわゆる「出勤困難症」の可能性があります。この記事では出社にストレスを感じる原因や対処法について解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

出社にストレスを感じるときの対処方法8つ

寝不足でたまに「出社したくない」と感じるくらいならば大きな問題はないでしょうが、恒常的に出社にストレスを感じているのならば、何らかの対処が必要です。出社へのストレスを放置していると、心身ともにダメージが蓄積してしまいかねません。ここからは出社にストレスを感じるときの対処法を8つピックアップして解説していきますので、「会社に行きたくない」と感じている方はぜひ参考にしてみてください。

対処方法1:リフレッシュする

出社にストレスを感じたときに試してもらいたい定番の対処法としてまず挙げられるのが、リフレッシュするということです。たとえばジョギングやウォーキング、ヨガなどで軽く体を動かしたり、美味しいものを食べたりして心と体をリフレッシュさせましょう。毎日職場と自宅の往復だけでは気が滅入って出社にストレスを感じやすくなるため、自分なりのリフレッシュ方法を見つけてみましょう。

対処方法2:趣味に没頭する

仕事漬けの毎日を送っていると、知らず知らずのうちにストレスが溜まって「出社したくない」と感じるようになる可能性があるため、プライベートの時間も大切にしましょう。具体的には、熱中できる趣味を見つけるとよいでしょう。趣味に没頭する時間を作れば、その間は仕事のことを考えなくてすむため、ストレスを溜めにくくなるでしょう。

対処方法3:頼れる人に相談する

出社に強いストレスを感じている場合、自分だけでその悩みを抱えこんでしまうのは危険です。誰か信頼できる人に相談をしてみてください。頼りになる上司や先輩・同僚がいるのであれば、出社時のストレスや不安を素直に打ち明け、どうすればよいのかアドバイスをもらうことをおすすめします。

対処方法4:仕事中に小さな楽しみを作る

勤務中に小さな楽しみを見つけるというのも、出社にストレスを感じるときにおすすめしたい対処法として挙げられるでしょう。仕事中に自分なりのささやかな楽しみを作っておけば、「会社に行きたくない」と感じたときでも、自分の気持ちを前向きに変えることができるでしょう。たとえば職場近くに素敵なカフェや美味しい食事処を見つけて昼休みに通うようにすれば、出社するのが少しだけ楽しくなるはずです。

対処方法5:ストレスの原因を解消する

人によって、何が原因で出社にストレスを感じているのかはさまざまです。毎日朝起きるたびに「会社に行きたくない」という気持ちになるのであれば、出社のストレスになっている原因を解消することが大切です。そのために、まずは自分がいったい何にストレスを感じているのかを把握する必要があるでしょう。

対処方法6:「生活のため」と割り切る

時には「生活のためだから仕方がない」と割り切ることも大切です。何か明確な原因があって出社にストレスを感じているわけではなく、「なんとなく会社に行くのが嫌だ」という場合には、「出社して働けばお給料をもらえる」と自分に言い聞かせてみましょう。それでも気持ちが前向きにならない場合には、仕事にやりがいや楽しみを見つける努力をしてみましょう。

対処方法7:有給休暇を取る

「出社するのがとてもつらい」「朝起きて出社の準備をすることを考えると不安で仕方がない」という場合には、心と体をしっかりと休める必要があります。無理して出社を続けていると心身ともにダメージが蓄積してしまう恐れがあります。ぜひ有給休暇を取ってゆっくりと休みましょう。有給休暇の取得は労働者にとっての当然の権利ですので、「職場に迷惑がかかる」と思わずに、休みをもらいましょう。

対処方法8:転職する

職場の人間関係や労働環境などに問題があって、継続的に出社に強いストレスを感じている場合には、思い切って今の仕事を辞めて転職をするというのもひとつの方法です。現状を改善するための努力をしたものの、それでも出社へのストレスがなくならない場合には、転職を検討してみましょう。その際には、自分にはどのような業務内容や職種が合うのかをじっくりと考えることも大切です。

出社がストレスになる原因5つ

毎日「会社に行きたくない」と感じるのならば、まずは何が原因で出社にストレスを感じてしまうのかを把握することが必要です。原因がわからなければ、適切な対処法を見つけにくくなります。ここからは、出社にストレスを感じる主な原因を5つピックアップして解説していきますので、「会社に行きたくない」と感じている方はどの原因にご自身が当てはまるかチェックしてみてください。

原因1:人間関係によるトラブル

出社にストレスを感じる原因としてまず考えられるのが、人間関係のトラブルでしょう。同僚と折り合いが悪くて「職場には自分の居場所がない」と感じていたり、上司や先輩からハラスメントなどを受けている場合には、会社に行くのが辛くなるのは当然のことです。人間関係が原因で出社するのが嫌だと感じているのならば、自分から職場の人に歩み寄ったり、コミュニケーションを積極的に取ったりするなど、現状を改善するきっかけを探してみましょう。

原因2:仕事量や残業が多い

仕事量や残業が多くて心身ともに疲弊しているというのも、「会社に行きたくない」と感じる主な原因のひとつでしょう。とくに、毎日朝から晩まで働いて多くの仕事をさばいているのに、労働量に見合った収入が得られないのならば強いストレスを感じるのも無理はありません。無理のない仕事量にしてもらうように上司に相談しても現状が変わらないのならば、転職を検討するのもひとつの方法でしょう。

原因3:仕事が合わない

長時間労働を強制されないホワイトな職場であったとしても、仕事が自分に合っていないのならば、出社にストレスを感じやすくなるでしょう。業務内容が自分の適性や能力とミスマッチを起こしている場合、仕事にやりがいや楽しみを見出すことが難しくなりますし、自信をなくして自己嫌悪に陥りやすくなります。その結果、朝起きるたびに会社に行くのが苦痛に感じるでしょう。

原因4:睡眠不足

睡眠不足も、出社するのが嫌になる理由のひとつに数えられるでしょう。寝不足の状態が続いていると心も体も疲弊しますし、朝が来るたびに「もう少し寝ていたい」「会社に行きたくない」と感じるようになります。しっかりと睡眠時間を確保することに加えて、軽く運動をするなどして、睡眠の質を高めるよう努めましょう。

原因5:通勤時間が長すぎる

職場での人間関係が上手くいっており、仕事にやりがいを感じていたとしても、通勤時間が長いと出社にストレスを感じるでしょう。毎日1時間以上満員電車に乗って出社する場合、「会社に行くのは疲れるし面倒だ」と感じるのも無理はありません。お金に余裕があるならば、職場の近くに引っ越しを考えてみてはいかがでしょうか。あるいは、通勤時間が短い会社に転職をするのもひとつの手です。

簡単にできるストレスチェック方法

たまに「会社に行きたくない」と感じるのではなく、出社前に頻繁に強い不安とストレスを感じているのならば、ストレス度は高いと判断できるでしょう。また、出社へのストレスが原因で気持ちが落ち込んだり、朝電車に乗ろうとするとお腹が痛くなるなど身体に何か問題が現れた場合もストレス度が高い可能性があるため、信頼できる人に相談したり休職や転職を検討する必要があります。

出社がストレスになっている原因を知ろう!

今回は出社にストレスを感じる原因とおすすめの対処法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。会社に行きたくないというネガティブな気持ちが日常生活に悪影響を及ぼしているのならば、何らかの対処が必要です。まずはなぜ出社にストレスを感じるのか原因を把握し、それに合った対処法を見つけて試してみてください。