MENU

エンジニアに教えるべきアジャイル開発:エクストリームプログラミングの概要と活用のメリット

アジャイル開発には、いくつかの開発手法があり、「エクストリームプログラミング」もアジャイル開発の手法の1つです。
エンジニアにアジャイル開発についての教育を行う際には伝えておきたい、エクストリームプログラミングの概要とメリットについてご紹介します。

エクストリームプログラミングとは


エクストリームプログラミングは、略してXPと呼ばれることも多いプログラミング開発手法です。
エクストリームプログラミングでは、最も重視すべきポイントを「コミュニケーション」、「シンプル」、「フィードバック」、「勇気」、「尊重」とし、これらを5つの価値として定義しています。

これらの5つの価値に則り、コミュニケーションの不足はプロジェクトの失敗につながるという考えのもと、チーム内だけでなくクライアントとのコミュニケーションをも重視して開発を進めていきます。

初めはできるだけシンプルな設計で基本的な機能だけを実装します。
実際にプログラムを利用したクライアントからフィードバックを受け、追加すべき機能があれば、そのタイミングで対応をします。

これにより、本当に必要な機能だけを無駄なく開発することができます。
これらのやり方は、ウォーターフォール開発とは全く異なるため、新しいことに取り組む勇気を持つことが大切であるとされ、プロジェクトを成功させるためにはチーム内のメンバーを尊重する姿勢が必要不可欠であるとしています。

エクストリームプログラミングのメリット


エクストリームプログラミングでは、プログラムの開発前にプロジェクト全体の設計を決めるわけではなく、必要最低限の機能から開発を進めていきます。
そのため、開発途中においてクライアントから要求変更があった場合にも、柔軟に応じることができます。

また、テストをパスした機能からリリースしていくため、実際に機能を利用したクライアントからフィードバックを受けることができます。

そのため、クライアントとのコミュニケーションも密になり、クライアントの意見を活かして次の機能の開発を進めることができ、完成度の高いプログラムを開発することが可能になります。
エクストリームプログラミングでは、エンジニアが2人1組でプログラミングを行うペアプログラミングを採用しているため、ソースコードの共有、完成プログラミングの質の向上、開発効率の向上、リスクの回避などのメリットもあります。

本当に必要な機能だけを作り上げるエクストリームプログラミング

エクストリームプログラミングは、アジャイル開発の手法の1つです。
チーム内はもちろんクライアントとのコミュニケーションを重視し、定期的なフィードバックを受けることによって、無駄な機能を開発することなく、ユーザー満足度の高いプログラムを、効率的に開発することができる手法であると言えます。