MENU

エンジニアに教えるべきアジャイル開発:スクラムの概要と活用のメリット

エンジニアにアジャイル開発についての教育を行う際、外すことのできないものに「スクラム」があります。
スクラムは、アジャイル開発の中でも代表的な開発手法です。
スクラムの概要と、そのメリットについてご紹介します。

アジャイル開発の工程の一つスクラムとは


スクラムは、反復増加型の開発プロジェクトチームを管理するためのフレームワークです。
そのため技術的な要素は含まれず、チーム作業に共通して適用することのできる要素で構成されています。
一つの反復期間(スプリント)で開発する機能はスプリントごとに決定され、スプリント中は外部からの干渉を受けず、開発手法や利用する技術などの決定権もチームに委ねられます。
スクラムのプロセスは、スプリントを繰り返しながら機能を開発していくものです。
スプリントで実装する機能を決定するスプリントプランニングを行い、進捗状況やその日の作業をデイリースクラムで確認し、最後にスプリントレビューとして開発した機能のデモンストレーションを行い、レビュー結果が問題なしとなった場合にその機能はリリースされます。
その後、スプリントの振り返りと次回のスプリントの改善計画を立てるスプリントレトロスペクティブを行い、一つのスプリントが終了します。
スクラムチームは、プロダクトの責任を持ち、開発チームに次の開発機能を示すプロダクトオーナー、スプリントが円滑に進むようチームをサポートするスクラムマスター、プロダクトの開発を行う開発チームから構成されます。

スクラムのメリット

社員
スクラムは、一つのスプリントごとにどの機能を開発するかを決定していきます。
そのため、クライアントの要望が強い機能から順に開発を進めることが可能です。
また、従来の開発手法では、クライアントがソフトウェアを使用できるようになるのは、すべての機能の開発が終わったプロダクトの完成後でした。
しかし、スクラムにおいては、スプリントレビューでデモンストレーションを行い、一つの機能が完成するタイミングでリリースを行うため、クライアントはプロダクトの完成を待たずに実際に動くソフトウェアを使用することができます。
そのため、開発途中にフィードバックを受けることができ、次回のスプリントに活かすことができます。
また、スクラムでは、デイリースクラムにおいて開発メンバーそれぞれが主体となってチームの管理を行うため、反復増加型のアジャイル開発に求められる自律的なチームを早い段階で形成することができるといったメリットもあります。

自律的なチーム形成を促すスクラム

スクラムは、アジャイル開発のプロジェクトチームを管理するフレームワークの一つです。
スプリントと呼ばれる短い反復期間を繰り返しながら、クライアントの要望に合わせた機能を早いサイクルでリリースすることができます。
また、開発手法や利用技術の決定などチームに与えられる権限が大きいため、チーム内でのコミュニケーションも活発化し、自律的なチームの形成を促す効果もあります。