MENU

エンジニアに教えるべきアジャイル開発:アジャイル開発を導入する企業へのメリット

エンジニアにアジャイル開発についての教育を行う際には、エンジニア側のメリットだけでなく、アジャイル開発を導入する企業のメリットについても伝える必要があります。
本記事では、アジャイル開発の企業側のメリットをご紹介します。

企業がアジャイル開発を導入すべき理由


アジャイル開発では、開発対象となる機能ごとに設計、実装、テスト、リリースのサイクルを繰り返していきます。
必要な機能を小分けにして開発していくため、万一、不具合が生じたり問題が発覚したりといった場合でも手戻りの工数を少なくすることができます。
また、あらかじめ設計や仕様をすべて決めるのではなく、開発対象となる機能ごとに仕様を決定するため、クライアント側から仕様や要望の変更があっても、柔軟に対応することができます。
そのため、よりクライアントの満足度の高いプログラムを開発することが可能となります。
アジャイル開発では、少人数でチームを組むこととなり、エンジニアは設計から実装、テストまですべての工程に関わることとなります。
必然的にチーム内で意見を交換する機会が多くなり、チーム内のコミュニケーションも活発となります。
互いの考えを理解しあうことで、一人一人のエンジニアの士気が高まり、チームとしてもより品質の高いプログラムを開発できる効果が期待できます。

企業におけるアジャイル開発のメリット


アジャイル開発は、開発すべき機能に優先順位をつけ、優先度の高いものから順に開発を進めていきます。
そのためクライアントが必要とする機能をスピーディーに開発することができます。
また、従来の開発手法では、最初に決定した計画や設計を重視していくため、開発途中におけるクライアントからの要望変更には対応しにくいものでした。
しかし、アジャイル開発では、機能ごとに仕様を決めていくためクライアントの要望にも柔軟に対応することが可能です。
そして、完成した機能からリリースしていくため、クライアントが実際に利用して気が付いた点や改善が必要な点などのフィードバックを次の開発サイクルに活かすことができます。
したがって、クライアントの意見を反映しやすく、クライアントのニーズによりマッチしたプログラムを提供することができるメリットがあります。

チームとクライアントが一体となってプログラム開発ができる手法

アジャイル開発は、求められる機能を迅速に提供できるというメリットがあり、修正が必要となる場合も最小限の手戻りに抑えることができます。
開発途中でのクライアントからの要望変更にも柔軟に対応することができ、クライアントやチーム内のエンジニアとも活発にコミュニケーションをとり、一丸となってより良いプログラムを開発することのできる手法だと言えます。