MENU

エンジニアに教えるべきアジャイル開発:アジャイル開発の流れ

技術の進化や時代の流れとともにソフトウェア開発の手法も変わってきます。
エンジニアの教育には、時代に即した開発技法についても取り入れる必要があります。
現在、クライアントのニーズにスピーディーに対応できるソフトウェアの開発手法として「アジャイル開発」が注目を集めています。
アジャイル開発の流れとその特徴についてご紹介します。

アジャイル開発による業務の流れとは


アジャイル開発は、反復増加型の開発プロセスをたどるもので、1週間から1か月程度のイテレーションと呼ばれる反復期間を繰り返し、イテレーションごとに機能を追加しながら開発を進めていく手法です。
アジャイル開発では、クライアントの要求に沿って、優先度の高い機能から開発を進めていきます。
まずは、イテレーションごとにどの機能を開発するかの計画を立て、開発対象の機能ごとに設計、実装、テストを行い、テストを問題なくパスした場合、その機能をリリースします。
アジャイル開発ではこのイテレーションを繰り返しながら開発を進めていく流れとなります。
この際、エンジニアはテストの担当や実装の担当など一つの業務に専任するわけではなく、すべての業務を担当することとなります。

アジャイル開発の特徴とエンジニアに取ってのメリット


アジャイル開発では、イテレーションごとに機能を開発してリリースしていくため、必要な機能をスピーディーに提供することができます。
また、クライアントの要求変更にも柔軟に応じることができ、機能ごとにテストを行うために、不具合が少なく完成度の高いソフトウェアを開発することができます。
従来の手法では、製品はすべての機能の開発が終了したタイミングでクライアントへ引渡されていましたが、アジャイル開発では一つの機能が完成するごとにその機能を加えたソフトウェアをクライアントに提供することとなります。
そのため、クライアントとのコミュニケーションも活発となり、クライアントが実際に機能を利用した上で感じた改善点や新しい要望などのフィードバックを受け取ることができます。
結果として、よりクライアントのニーズを満たす、満足度の高いソフトウェアを提供することができるようになります。
そして、エンジニアは設計、実装、テストのすべての工程を繰り返し経験することで、幅広い技術や知識を身に付け、自然と多能工化し、チーム運営に必要なマネジメント力や自ら考える力も備わっていくようになります。

クライアントとエンジニアの双方にメリットのあるアジャイル開発

アジャイル開発は、クライアントのニーズに沿った機能を優先順位の高いものから順に提供することができる開発手法です。
開発途中での仕様変更やクライアントの要求変更にも柔軟に対応できるメリットがあるほか、エンジニアにとっても技術力を向上させ、チームで開発を行う上で必要な能力を実践的に身に付けることができるメリットがあります。