MENU

【OutSystemsを始める前に】そもそもUI/UXとは何?

ホームページ制作などで、よく聞くUI/UXをご存じでしょうか。
製品の開発や改善の際に、理解しておきたい用語です。
この記事では、UI/UXについて解説します。
それぞれの意味や関係性などを理解して、開発などに活かしてください。

UI/UXとは

UI/UX

OutSystemsを始める前に、UI/UXとは何かについて解説します。
基本的な知識となるので、身につけておきましょう。

  • UI…ユーザーインターフェイス(User Interface)
  • UX…ユーザーエクスペリエンス(User Experience)

UI/UXは以上のような正式名称となります。それぞれの意味をみていきます。

UIは「Interface(接点)」という言葉が含まれているように、製品とユーザーの接触面を意味します。

つまり、ユーザーの目に触れる部分や使用する部分はUIです。具体的にいうと、ホームページならばパソコンやスマートフォンの画面に表示されるデザインなどになります。製品ならば、それ自体の外観など、ユーザーの視覚に触れる部分です。

一方のUXは、「Experience(体験)」という言葉が含まれています。ですから、UXはユーザーが製品やサービスを通じて得られることを意味します。

ホームページならば、「デザインがきれい」「フォントが読みやすい」「注文後、すぐに届いた」「対応がよかった」といった部分です。いい印象だけではなく、悪い印象もUXに含まれます。

商品やサービスを利用するなかで、ユーザーが感じたことのすべてがUXというわけです。

このように、UIとUXはひとまとめに使われがちですが、明確な違いがあります。UXのためにUIがあるといってもいいでしょう。UXを高める要素にUIがあると考えてもいいです。

OutSystemsはUI/UXの面でも優れている!

OutSystems

前述のとおり、UI/UXは製品やサービスを開発するうえで、理解することが重要です。UI、UXともにターゲットを明確にすることがポイントです。

UIはユーザーを惹きつける大事な要素をもちます。ユーザーを惹きつけても、製品やサービスに対する体験はそれぞれです。自社がターゲットにするユーザーに、いい体験を提供できるかが大事です。

ペルソナの設定は、いい商品の開発や改善には重要になります。

そこで、検討してほしいのはOutSystemsです。OutSystemsは、コードをあまり書かなくても開発できるツールです。モデル(簡単な設計図)を作成するだけで、自動でコード生成してくれます。

  • ドラグアンドドロップ操作で設計
  • レスポンシブウェブ対応
  • iOSもAndroidも設計情報はひとつ

OutSystemsには以上のような特徴もあります。
この特徴で、UI/UXに対応しやすいです。

UI/UXを理解しよう

製品やサービスの開発には、UIやUXの理解が必要です。どちらもターゲットを念頭に置くことがポイントです。何かしらの改善が必要な製品も、ペルソナの設定を意識してみてください。

UIやUXを理解して、よりよいサービスをつくってください。