MENU

派遣エンジニアにも徹底すべき会社の企業理念の項目7選

会社の行動指針や経営哲学などを明文化したものが企業理念です。
基本的には自社の社員が知っておくべきものですが、派遣社員にも知っておいてもらいた
い項目もあります。本記事では社員に伝えたい企業理念についてご紹介します。

そもそも企業理念ってなに?

企業理念とは、その企業の「考え方」を示すものです。
経営哲学や信念、目的などを明文化し、企業の基本姿勢などを内外に向けて示すために作
られる経営者が交代しても受け継がれる普遍的なものです。

ただし創業時に作られたものは、時代とともに古くなることもあります。
そのような場合は修正や変更をする企業も多いです。

企業理念には、社員の行動規範や自己評価の基準となり、企業風土や文化を形成する役割があります。
そして社員に企業の一員としての自覚、一体感を持ってもらうことが期待されます。
理念に共感する社員が多いほど、結束力も高まりやすくなるのです。

また、社員だけでなく顧客や世間に企業理念を認知させることで企業のブランドを確立し、社会的信用につながります。

社員に伝えたい企業理念

企業理念はあくまで考え方を示すものであって強制ではありません。
しかし社員に理解してもらうことで、自社の文化形成や優秀な人材の確保につながります。

ここでは社員や派遣社員にも知っておいてもらいたい企業理念の項目についてご紹介します。

ビジョン

企業としての価値観や存続、目的などを表す項目です。
目標や夢、方向性としている理想像を記します。

行動指針

どのような考え方で、どのような活動を行うかの指針です。
また社員がどのような考え方を持って仕事を行うのかを示しています。
具体的に記したものが「行動規範」です。

経営方針

企業の存在意義や価値観のことです。
経営をどんな目的で行うのかなどが記されています。

スローガン

企業理念を覚えやすく簡潔に言い表したものです。

信条

クレドとも表現されます。
社員が常に心掛けておきたいことを、企業に合わせて具体的に記したものです。

ミッション

企業が具体的に成し遂げたい目的について決めたものです。

コンセプト

サービスや商品の骨格となる指針や考え方のことです。

企業理念は社内のみならず企業の信用にもつながる

派遣社員だけでなく、自社の社員もあまり浸透していないことが多いのが現実です。
それに対して対策を行っていない企業もあります。
しかし企業理念を浸透させることで、従業員の意識や価値観などが統一されやすくなりま
す。
さらに企業風土や文化の形成も期待できるため、できるだけ社員や派遣社員にも浸透させ
ていきましょう。