MENU

人財、人材、人罪…。エンジニア採用における「ジンザイ」の意味を総まとめ

「ジンザイ」と聞くとどんな意味を思い浮かべるでしょうか。
「ジンザイ」には意外と多くの意味があります。
企業で働く人をあらわす「ジンザイ」には大きく分けて4つの種類に分けられます。
本記事ではエンジニア採用時における「ジンザイ」の種類やその意味についてご紹介します。

意外とたくさん「ジンザイ」の種類一覧


「ジンザイ」と聞くと、まず「人材」と変換する方が多いのではないでしょうか。
しかし企業で働く「ジンザイ」にはさまざまな種類と意味があります。
ここでは「ジンザイ」の種類についてご紹介します。

人材
ビジネス上における「人材」とは業務をしっかりとこなせる人物のことを指します。
また組織になじみ、適切に仕事に対応できる人のことです。
さらに現在の労働者としてだけでなく、将来的に働いて欲しい人という意味合いも含まれています。
これからの新入社員や内定者なども「人材」と言い表すことがあります。

人財

人財とは、文字通り人は会社の「財産」であるという意味合いです。
その人が会社にとって利益を生み出してくれる存在であることが含まれています。

人在

人在とは仕事はしっかりできているけれど、それ以上成長が期待できない人に向けて使います。
将来性がないため会社にとって少し扱いづらい人に向けて使われることが多いです。

人罪

人罪は人在の人よりもさらに扱いづらい人を指します。
将来性はもちろんのこと、現在の実績も期待できない人に使われることが多いです。

人材の特徴

仕事をきっちりこなせる

自分がやるべき仕事を、日々きっちりとこなせる能力を持っています。

協調性がある

人材は組織全体の力を引き出す力を持っている人のことも指します。
そのため個々の能力はもちろん、協調性を持っていることも大切です。

成長が期待できる

仕事をきっちりこなしつつ、成長が期待できる人なのも特徴です。
目に見える実績はなくても、これから会社に利益を出してくれると期待されている状態です。

期待のできる新入社員

人材は将来的な可能性を含めた新入社員に使われることもあります。
この場合、自社にとって将来が期待できるという意味合いを含んでいることが多いです。
またこれから研修などを受ける内定者も人材といわれます。

人材から人財へ


採用の際にはまずその人が会社にとって「人材」であるかを判断する必要があります。
企業にとっては働く人すべてが人材であり人財であることが理想です。
人財となる人を育てるためにも、まず自社にとって必要な「人材」とはどんな人なのかをしっかり理解しておきましょう。

ウェビナー