MENU

派遣先担当者は必見。「マネージャー」を目指すエンジニアの特徴とマインド

労働者派遣法が改正され、派遣先企業にも派遣社員のキャリア形成支援への配慮が必要である旨の記載が追加されました。
派遣先企業の担当者としてもエンジニアの主なキャリアパスについては知っておきたいところです。
派遣のエンジニアの代表的なキャリアパスの一つであるマネージャーについて、ご紹介します。

エンジニアの代表的キャリアパス「マネージャー」とは

マネージャーは、プロジェクトマネージャーと呼ばれることも多く、プロジェクトの管理をし、プロジェクトの責任者としての役割があります。
マネージャーの具体的な業務は、顧客の要望をヒアリングしてシステムの開発計画を立てるところからスタートします。

開発計画に基づいて予算やスケジュールを決定し、必要な人材数、工数を割り出し、メンバーを招集してプロジェクトチームを組織し、開発目的やスケジュール等をメンバーに説明し、作業の進捗を管理します。
作業がスケジュール通り進むようメンバーの作業状況を確認し、トラブルが発生した場合や顧客から変更点が生じた場合などは、窓口となって対応をします。

成果物を完成させ、顧客に納品するまでがマネージャーの仕事となります。
マネージャーに関連する資格としては、国家資格であるプロジェクトマネージャー試験、ITストラテジスト試験、応用情報技術者試験、国際資格であるプロジェクトマネジメントプロフェッショナル(PMP)等があり、エンジニアのスキルを把握する指標の一つとなります。

マネージャーを目指すエンジニアのマインド

マインド

マネージャーは、プロジェクトチームのマネジメントを行う立場であり、自らがプログラミングを行うことは基本的にはありません。
プロジェクトの責任者としてプロジェクトチーム全体の管理やプロジェクトそのものの管理業務がメインとなります。
ITマネージャーには、予算の決定やスケジュールの変更等、顧客との調整事項も多く、相手の意向を聞くだけでなく現場側の意見も伝えて双方が納得のいく落としどころを見出す交渉力が必要になります。

また、プロジェクトチームを円滑にまとめるためにも、関係各所との連携を図るためにも、高いコミュニケーション能力とリーダーシップが求められます。
エンジニアとしての経験を活かし、プロジェクトを牽引する立場としてチームをまとめ、プロジェクトのスタートからゴールまでに関わっていきたいという意思を持ったエンジニアが次なるステップとしてマネージャーを目指す傾向にあるようです。

頼れるリーダーとしてプロジェクトを率いる統率力

マネージャーには、ITの知識だけでなく、顧客との金額交渉も含む営業的な要素やプロジェクトチームをまとめるリーダーシップ、プロジェクトの全体像を俯瞰的にとらえて進捗を管理する能力が求められます。

幅広い能力が求められますが、何より頼れるリーダーとしてメンバーからの信頼を集め、チームを率いることのできる強いリーダーシップこそがマネージャーの資質に一番大切なことだと言えます。