MENU

派遣先担当者は必見。「コンサルタント」を目指すエンジニアの特徴とマインド

改正派遣法では、派遣元企業に派遣社員のキャリア形成を支援することが義務付けられています。
派遣先企業にも派遣元企業の要望に基づき、派遣社員のキャリア形成に協力し、社内で行われる研修にも派遣社員を参加させる等の配慮を行う義務が規定されており、派遣先企業としても派遣のエンジニアのキャリアについて知っておく必要があります。
派遣のエンジニアの主なキャリアパスの一つであるコンサルタントの具体的な業務内容やコンサルタントを目指すエンジニアの特徴についてご紹介します。

エンジニアの代表的キャリアパス「コンサルタント」とは

ITコンサルタントとは、ITを活用して顧客の経営課題の解決を目指すコンサルテーションを行う専門家です。
混同されることの多いシステムエンジニアの役割と比較しながら、ITエンジニアの仕事内容をご紹介します。
システムエンジニアは、顧客が望むシステムの開発をします。
一方、ITコンサルタントは顧客の現状を分析して顧客が抱える課題の解決案を提示し、それを実現するための技術やシステムの提案を行い、提案が承認されればプロジェクトのマネジメントまでを担当します。
システムエンジニアが課題解決のためのシステムを作ることに特化した仕事であるのに対し、ITコンサルタントは課題を解決するための分析からシステムの提案、プロジェクトの管理まで顧客の課題解決のための工程を広く担う業務となります。
ITコンサルタントに関連する資格としては、ITコーディネーター、プロジェクトマネージャー、ITストラテジスト、中小企業診断士、PMPなどがあります。

コンサルタントを目指すエンジニアのマインド

ITコンサルタントは、システム開発の最上流過程を担うこととなるため、ITに関する幅広い知識とスキルが必要になり、さらに顧客の経営課題を解決するための提案を行うためには経営に関する知識も必要となります。
そのうえで、顧客の要望や真意を正しく汲み取り、説得力を持って解決策の提案をできる能力、顧客からプロジェクトのメンバーまで幅広い立場の人とコミュニケーションを円滑に図る能力も求められます。
ITコンサルタントは、ITだけでなく企業の経営的な側面にも強い関心を持つエンジニアに向いている業務だということができ、顧客とより深く関わりながら経営改善のために貢献していきたいと考えるエンジニアが目指す傾向にあります。

ITコンサルタントは経営課題をITで解決する専門家

ITコンサルタントは、顧客の経営課題を解決する一連の業務を担当します。
ITコンサルタントとして活躍するためには、幅広い知識と豊富な経験、顧客の信頼を得るコミュニケーション能力、プロジェクトをまとめるマネジメント能力などさまざまな能力とともに、顧客の期待に応える成果を上げようとする強い責任感も必要となってきます。