MENU

エンジニアの職場改善に必要なこと~今日からできる人事の職場改善~

社員に長く働いてもらうには、快適な職場作りが欠かせません。
そのためには、エンジニアが職場で不満に思っていることを知る必要があります。
本記事では、職場改善のために必要なことや、不満を軽減させる方法などを説明します。

エンジニアが職場に不満を感じるポイント

社員に快適に働いてもらう職場を作るには、不満に感じるポイントを知っておかなくてはいけません。
では、具体的に職場でどんな不満を感じやすいのかを見ていきましょう。

エンジニアの仕事に理解がない

比較的小規模な会社で経営者がエンジニアの知識に乏しい場合、往々にしてエンジニアにとって働きづらい環境になりやすいことが多いです。
たとえばエンジニアが実現しづらい案件を、社長が勝手にとってきてしまうなどです。

無理な納期を押し付けられる

営業が強い会社の場合、クライアントの希望をかなえるために、無理な案件をとってきてしまうことがあります。
エンジニアは到底無理と思える納期で仕事をやらなければならず、残業時間も増えてしまいます。
その結果、心身ともに疲弊してしまうのです。

仕事が評価されない

「結果を残しているのに評価されない」「給与がいつまでも上がらない」など、正当な評価をされていないと感じると、仕事に対するモチベーションを失ってしまう人も多いです。

不満を軽減させるには?


職場環境に不満を持ったままはで作業の効率が下がり、離職につながってしまう可能性もあります。
そうなる前に職場環境を見直し、改善を図りましょう。
具体的に、どんな改善を行ったのか実例を紹介します。

集中できる環境作り

エンジニアにとって、集中できる環境は必須といえます。
そのため壁がないオフィスの場合、1人用の個室になるような簡易な壁などを設置します。
またモニターを複数使えば効率が上がる仕事の場合、大きなデスクなどを用意する方法もあります。

メンタルヘルスの管理

心の健康は、効率よく働くためには欠かせない要素です。
そのためにはオフィスに気分転換ができる場所を作るのがおすすめです。
たとえばシャワールームや仮眠室、マッサージルームなどを導入している企業もあります。

リモートワークを選択できるようにする

自宅などで作業ができるリモートワークは、通勤時間が削減されるため多くの時間を確保できます。
また地方に在住している優秀な人材を確保できるため、企業側にとってもメリットがあります。

職場環境を見直してみよう

エンジニアが少ない企業だと、どうしても負担偏りがちになってしまいます。
拘束時間が長くなると、ストレスがたまり業務の効率も下がってしまうので、定期的に職場環境を見直してみてはいかがでしょうか。