MENU

職場改善につながる人事の資格3選~今日からできる人事の職場改善~

働く上で職場の雰囲気は大切です。特に人事担当は職場の雰囲気を改善する資格を検討している方も多いのではないでしょうか。
また資格を取得するための勉強を通して、知識が増えることが大きなメリットです。
本記事では職場改善につながる人事の資格を3つ紹介します。

職場の雰囲気・働きやすさ改善につながる資格とは

仕事や業務生活を続ける上で、ストレスや強い不安を抱える人は年々増加傾向にあるとされており、心の不調によって休職や離職も増えています。
そのため心の健康管理がますます重要となってきました。健康管理のためには、ストレスやその原因を理解し、問題に対処することが重要です。
また企業も社会的責任の履行や人材の労働生産性の維持や向上を図るためには、社員のメンタルヘルスケアについて取り組む必要があります。
ここでは、メンタルヘルスケアに関する資格を紹介します。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験

メンタルヘルス

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、心の不調を未然に防ぎ、活気ある職場を目指すために必要な知識や対処方法を取得する試験です。
統一試験日に受ける「公開試験」と企業等が任意に試験の日時や場所を設定した「団体特別試験」の2種類の受験方法があります。

※出典元
メンタルヘルス・マネジメント検定試験「メンタルヘルス・マネジメント®検定試験とは」
https://www.mental-health.ne.jp/about/

産業カウンセラー

産業カウンセラーは相談室で話を聞くだけでなく、現場でも行動するカウンセラーです。
心理学的手法を用い、社員が抱える問題を、自力で解決できるように援助します。
近年多くの人がストレスを抱えています。
許容量を超えるストレスは心身ともにさまざまな影響を及ぼすとされています。
産業カウンセラーは過度のストレスに対する対処方法や予防方法についてアドバイスを行います。
個別のカウンセリングだけでなく、管理・監督者に対するメンタルヘルス研修や、相談の組織化なども行うことがあります。試験は学科試験と実技試験があります。

※出典元
JAICO「産業カウンセラーとは」
http://counselor-tohoku.jp/intro/index.html

労働安全コンサルタント

労働安全コンサルタントは、労働者の安全衛生水準を向上させるため、事業場の診断や指導を行う国家資格です。
「機械」「電気」「化学」「土木」「建築」の5つの区分に分かれており、いずれか1つを受験できます。

  • 産業安全一般
  • 産業安全関係法令
  • 機械安全、電気安全、化学安全、土木安全、建築安全のいずれか1科目

上記の3科目の試験が実施されます。

※出典元
安全衛生技術試験協会「労働安全・労働衛生コンサルタント」
https://www.exam.or.jp/exmn/H_shokaiconsul.htm

職場の雰囲気の改善が期待できる資格

働きやすい職場を作る上で、職場の雰囲気を良くしていくのは欠かせません。
そのためには、誰でも相談しやすい環境を作ったり、安全を確保したりする必要があります。
職場の雰囲気改善を考えている方は、上記の資格を検討してみてはいかがでしょうか。