MENU

非エンジニアが知っておくべき機械系エンジニアの種類と仕事内容

少子高齢化が進む日本。職種や業種にかかわらずどの企業でも人手不足が恒常化しています。
エンジニアも同様で、派遣エンジニアを活用している企業は少なくありません。
しかし、エンジニアにも種類があり、それぞれの違いを把握していないとミスマッチングになる可能性もあります。
そこで、本記事では機械系エンジニアの種類と仕事内容をご紹介します。

機械系エンジニアの種類


エンジニアの種類はもちろん、それぞれがどういった仕事をしているかを把握している非エンジニアは少ないのではないでしょうか。
それだけエンジニアの種類は多岐にわたっているともいえます。
そのなかでも機械系エンジニアとは、その名が示すとおり主に機械をつくるものを指しますが、主な種類としては次のようなものがあります。

工業機械の制作

さまざまな製品をつくるための機械を制作します。

設計

船舶、飛行機、車などの設計を行います。

工業機械の操作

溶接やメッキ、プレス加工、旋盤加工、ヘラ絞り、ボイラーなどの機械を操作します。

製品の検査

製品や機械が故障した際、分解もしくは非破壊で検査を行います。

これ以外にもプラントの開発・維持、土木、宇宙工学なども機械系エンジニアの1つです。

機械系エンジニアの仕事内容


機械系エンジニアの仕事は、前項でも触れたように単純に機械をつくるだけではありません。例えば、依頼先の課題を解決するためにどういった機械が必要かといった企画立案。実際に受注したら構想設計、基本設計を経て依頼先からのOKが出れば、詳細設計を行い、プロトタイプの作成をします。そのプロトタイプで性能評価試験を行い、問題がなければ、そこから量産体制に入ります。

もちろん、これら一連の作業は、営業やマーケティング、商品企画などと連携して行なっていきますが、依頼先の要望を実際の形につくり上げていくのは機械系エンジニアです。そのため、制作だけではなく、企画立案、設計などさまざまな知識や技術を必要とする仕事です。

機械系エンジニアの採用は、種類や仕事内容をしっかりと把握してから行うことが重要

機械系エンジニアにはさまざまな種類があり、仕事内容も多彩であることはおわかりいただけたでしょう。そのため、いざ採用をとなった際には、自社が求めているものは何なのか、何ができるエンジニアを必要としているのかを、求人広告もしくは派遣会社に対して明確に示さなければなりません。雇用したものの、自社が求めている人材ではなかったとなれば、どちらにとっても不幸な結果を招くことになるため、しっかりと把握したうえで募集を行うことが重要です。