MENU

エンジニアも満足な風通しの良い職場とは~今日からできる人事の職場改善~

社員に長く働いてもらうためには、風通しの良い快適な職場環境が必要です。
風邪通りの悪い職場だと、ストレスがたまりやすく仕事の効率も落ちてしまいます。
本記事では、今日からでも行える風通しの良い職場にする方法を紹介します。

風通しの悪い職場にありがちなこと

風通し

雰囲気が悪い職場は、社員のストレスがたまりやすく、業務の進行にも影響が出る可能性があります。
具体的には以下のような環境を指します。

社員同士が協力できていない

仕事は個人だけでなく、協力して行うものです。
しかし協力をせず個人プレーに走る人が多いと、コミュニケーションエラーが起き、結果的にミスにつながってしまいます。
また情報の共有ができず、ミスが起きたり、業務が滞ったりする場合もあります。
また社員がそれぞれどんな仕事や働き方をしているのか全く知らない場合も問題です。
相手を知らない状態ではコミュニケーションの取りようがありません。

上司が非協力的

直属の上司が自分勝手で非協力的な場合、職場の空気はギスギスしてしまいます。
たとえば自分が正しいと思い込んで部下の意見を聞かなかったり、大声で罵声を放ったりします。
また人の悪口ばかり言う人もいます。

職場の風通しの改善のために必要なこと

改善

風通しが悪く、雰囲気がギスギスしている職場を改善するためには、まず課題を把握する必要があります。
そのためにはどこに問題があるのかを知らなくてはいけません。
まず社内でアンケートなどを行い、具体的なデータや声を把握しましょう。

課題に合わせた改善策を取り入れる

課題を把握したら次は、課題に合わせた改善策を取り入れましょう。
たとえばコミュニケーションが不足していると感じているなら、コミュニケーションツールを取り入れるのが効果的です。
社内SNSやチャットツールを取り入れれば、対面でなくともリアルタイムでやり取りができます。
またプロジェクトの進捗管理やタスク管理なども共有できるので、より効率的に業務を進められます。
また社員に固定した席を割り当てない「フリーアドレス制度」を取り入れている企業もあります。
日ごとに自分が働く席を選択できるため、他部署の人と関わる機会も増えます。
今まで話すことのなかた人と関わることで、コミュニケーションの活性化が期待できます。

職場改善を行うことで業務効率化を狙う

誰しも居心地の悪い職場では働きたくないものです。
ギスギスした職場環境はストレスがたまり、業務の進行が遅れるばかりか、離職を招く可能性もあります。
できるだけ早めに課題を把握し、改善につとめましょう。