MENU

生産性UP!フリードリンク制度とは~今日からできる人事の職場改善~

エンジニアの採用に限らず、働きやすい職場を作ることが、長く働いてもらう上でとても重要です。
そこで福利厚生を充実させている企業も多いのではないでしょうか。
本記事では、社員にドリンクを提供する「フリードリンク制度」について紹介します。

フリードリンク制度を導入する理由

フリードリンク制度

フリードリンク制度とは、企業側が社員にドリンクを提供する制度のことを指します。
社員に飲み物を無料配布したり、オフィス内にカフェを併設したりなどさまざまな形で実現しています。
福利厚生の一種として取り入れている企業も多いですが、どのような理由と効果があるのでしょうか。

フリードリンク制度導入の目的

ある企業の実例によると「雰囲気の良いカフェだと仕事がはかどる」という社員の言葉に着想を得て、社内にカフェ空間を作り上げたそうです。
カフェはプロのバリスタが常駐しており、本格的なコーヒーが楽しめます。
おいしいコーヒーなどを飲み、適度に息抜きしながら、自分に合ったスタイルで仕事ができます。
この企業は「ほかにはない独創的なサービスを生み出すこと」を常に考えており、このようなスタイルを取り入れることで新たなアイデアを生まれやすくなると考えています。

フリードリンク制度の効果

上記の企業の場合、社員にアンケートを採ったところ、仕事の能率が上がったそうです。
自身のデスクではなくカフェで仕事をしている社員も多いそうです。
また別のドリンクや軽食を提供している企業では、社員同士のコミュニケーションが増え、仕事の連携が強化されたと感じました。
このようにフリードリンク制度は、社員がリラックスすることによる生産性向上やコミュニケーションの増加などが期待できるといえます。

フリードリンク制度の注意点

注意点

さまざまな効果が期待できるフリードリンク制度ですが、導入の際に注意点もあります。
ここでは導入の注意点を紹介します。

ニーズがあるか

まずは社員にフリードリンク制度について興味があるかどうか確認しましょう。
ニーズが少なければそもそも導入する意味が少ないでしょう。

管理の手間

福利厚生として導入した場合、簡単に辞めることが難しいでしょう。
そのためどのくらい管理の手間がかかるのか、継続して提供できるのかを考える必要があります。
自社で清掃や補充が難しい場合、外部委託という手段もあります。

設置場所が確保できるか

自動販売機やカフェスペースを置く場合は、ある程度のスペースが必要です。
どのくらいのスペースが用意できるのかを考え、設置場所を確保しましょう。

社員のリフレッシュに役立つ

フリードリンク制度は、仕事中のリフレッシュに活用してもらえる制度です。
身近な場所でドリンクが飲めれば仕事の合間に簡単にリフレッシュでき、仕事の能率が上がることが期待できます。
また社員同時の交流を深める効果も期待できるので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。