MENU

エンジニア派遣とキャリアITスペシャリスト

システム開発をより効率的に行うためには、専門的な知識と技術を身につけたITスペシャリストの存在が必要不可欠です。
これから社会的にITの普及が加速する中では、高度なスキルを持つITスペシャリストの需要が、ますます高まると考えられます。

システム開発も今まで以上に多様化することが予測でき、今後は複数のITスペシャリストが連携しながら、開発を進めるケースが増加するでしょう。
ITスペシャリストの役割とは何なのか、その業務内容や必要な資格について紹介します。

ITスペシャリストとは?通常のエンジニア派遣との違い

通常のエンジニア派遣との違い

一般的なITエンジニアは開発現場で、さまざまなプログラミングを直接的に行います。
しかしシステム全体の責任者であるプロジェクトマネージャーが、ITエンジニアに直接指示を下していると、開発業務はなかなか円滑には進みません。

そこで登場するのがITスペシャリストです。システム開発では、プロジェクトマネージャーはITスペシャリストと連携しながら作業を進めます。
実際には、ITスペシャリストがITエンジニアに細かい指示を与えることで、システム開発がよりスムーズに進行するようになります。

ITスペシャリストの業務内容とは?

ITスペシャリストはシステム開発の流れの中で、システムの設計~構築~導入~運用~保守など、あらゆる作業に関わると言っても良いでしょう。
その中の主な業務を簡単に紹介します。

・システムプラットフォームの設計~管理
・システム全体の構築~管理
・ネットワークの構築~管理
・データベースの構築~管理
・セキュリティシステムの構築~管理

もちろんこれらの知識をすべて備えた人材を採用するわけではなく、それぞれの専門的な知識を持った、複数のITスペシャリストが業務に関わることになります。

ITスペシャリストになるために必要な資格

エンジニア

ITスキル標準とは?

ITスペシャリストになるためのスキルについては、経済産業省が策定して情報処理推進機構(IPA)が管理する「ITスキル標準」が目安となります。
この中でITに関わる人材はレベル1からレベル7までの、7段階にランク分けされていて、さらに下記のように6つの専門分野に分類されています。

・システム管理
・アプリケーション共通基盤
・プラットフォーム
・データベース
・ネットワーク
・セキュリティ

ITスペシャリストになるためには、この中の1つで少なくともレベル3以上が必要です。

ITスペシャリストになるための試験

ITスペシャリストの資格としては、まず「基本情報技術者試験」と「応用情報技術者試験」とに合格した上で、専門分野の「ネットワークスペシャリスト試験」「データベーススペシャリスト試験」「情報セキュリティスペシャリスト試験」に合格することが求められます。

専門分野は3つすべてに合格する必要はありませんが、やはり資格が多い方が幅広い業務で活躍できます。ただしそれぞれに難易度の高い試験であることは、言うまでもないでしょう。

他にも「ITストラテジスト試験」や「プロジェクトマネージャー試験」などで、さらにハイレベルな資格を修得すれば、それだけ対応できる仕事の幅が広がることになります。

スムーズなシステム開発には、ITスペシャリストが不可欠

システム開発を効率的に進めるためにも、派遣エンジニアの作業管理を的確に行うためにも、ITスペシャリストの存在は非常に重要な要素です。
プロジェクトマネージャーからITスペシャリストへ、さらにそこからITエンジニアへという指示の流れができあがれば、システム開発は一層効率的で高品質になるでしょう。