MENU

エンジニア採用の現場で「英語力」が大きなポイントに。その理由とは

ひと口にエンジニアといっても、システム、ネットワーク、データベースなど多岐にわたっています。
そのため、それぞれのエンジニアで採用する基準も異なりますが、どういった種類であれ、必要となるのが英語力です。
では、英語力のあるなしで何が変わってくるのでしょう。

なぜエンジニアに英語力が必要なのか

そもそもエンジニアに「なぜ英語力が必要なのか?」ですが、その最大の理由は英語圏のエンジニアが世界でもっとも多いといわれているためです。そのため、技術書や最新情報の多くは英語で書かれています。
もちろん、翻訳され日本語で読めるものも少なくありませんが、最新の情報をいち早く入手し、自分のものにするためには、英語力が欠かせません。

一般的に英語力といえば、ライティング、リーディング、スピーキング、リスニングの4つに分けられますが、エンジニアにとってもっとも必要な分野はリーディングです。
英語の資料を読み、理解して形にするため英語を読む力は必要になります。
海外進出を目指している企業であれば、海外とのやりとりも必要になるため、それ以外の要素も必要になります。ただ、採用基準としては、最低でもリーディングができていることが必須条件となるでしょう。

英語力の高いエンジニアと低いエンジニア、どう変わってくる?

前項でもご説明したように、エンジニアにとって必要な情報の多くはまず、英語で公開されます。そして、その後にそれ以外の言語に翻訳されていきますが、必ずしも日本語に翻訳されるわけではありません。

最近では、自動翻訳の精度も向上し、無料で日本語に翻訳することも可能です。しかし、精度が向上したといっても、専門用語が多いエンジニアの技術書や最新情報を正しく翻訳することはまだ難しく、概要を理解するぐらいが限界といったことがほとんどです。そのため、今後、英語力が低いエンジニアは、最新の情報を得ることができず、英語力の高いエンジニアに比べ、できることの範囲が大幅に少なくなってしまうでしょう。

今後、エンジニア採用の現場では「英語力」の見極めが重要なポイントに

エンジニア採用の現場において、英語力が欠かせないことはご理解いただけたのではないでしょうか。そこで重要となるのがどの程度の英語力を求めるのかです。特に今後、海外進出や海外企業とのコラボレーションを検討している企業であれば、ライティングやリスニング、スピーキングなどリーディング以外の英語力も必須となります。

そのため、自社が今後、どういった方向に進んでいきたいのかを明確にし、それに合った英語力を持ったエンジニアを採用することが重要なポイントとなるでしょう。