MENU

非エンジニアなら知っておきたい「GitHub」の基礎知識

非エンジニアでも、知っておきたいサービスのひとつがGitHubです。
GitHubは開発者にとってなくてならないサービスですが、非エンジニアには良く分からないことも多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、GitHubとはなにか、どんな使い方をするのかをご紹介します。

GitHubとは

GitHub(ギットハブ)とは、Gitを使用して自分の作品を保存・公開できるウェブサービスのことです。
Gitは、プログラミングの現場で良く使用される「バージョン管理システム」です。
複数人でプログラミングを行う際に、ソースコードを効率的に管理・運用できるシステムです。
これの仕組みを利用して作られたのがGitHubです。
このサービスは誰でも無料で利用できますが、有料プランも用意されています。
容量に応じて料金が決まり、プライベートなリポジトリを作成することも可能です。
多くのオープンソースソフトウェア(OSS)が公開されているので、そのプロジェクトに参加することでプログラム開発を行うことも可能です。
それぞれのプロジェクトはメモやタスク管理ツールなど、コラボできる機能も多く備わっています。

GitHubの使い方

1.アカウントの取得

GitHubを利用するにはアカウントの登録が必要です。
ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力し、プランを選択しましょう。

2.リポジトリの作成

GitHubにログインし、「New Repository」を押します。
「Repository name」を入力し、必要ならば「Description」も入力しましょう。
そして「Public」か「Private」を選びます。
「Private」は有料プランのみ作成できます。
リポジトリの中にあらかじめファイルを作成しておく場合は、「nitialize this repository with a README」にチェックを入れましょう。
「Create repository」をクリックして、リポジトリの作成は完了です。
表示されるリモートリポジトリのアドレスは控えておきましょう。

3.ファイルの作成と編集を行う

ローカルPCを使って作成する場合、ローカルリポジトリを作成します。
そして、テキストエディタなどでHTMLファイルを作成し、それをローカルリポジトリに追加します。
リモートリポジトリへ反映させるためには、「git push origin master」のコマンドを実行します。
この際にGitHubのユーザー名とパスワード入力が必要です。

複数人で使うのに便利なサービス

GitHubのメリットのひとつが、複数人で作成しやすいことです。
機能のひとつである「フォーク」を使えば、誰かのリポジトリをほかの人がコピーすることで使えるようになります。
その他にも便利な機能が搭載されている便利なサービスです。
快適なプログラミングを実現したい時に、まず検討したいサービスのひとつといえるでしょう。