MENU

AWS VPNとはなにか|メリット・デメリットやコストについても解説

そもそもVPNとはなにか


VPNとは「Virtual Private Network」を略した言葉で、インターネット回線を使用して作る仮想的なプライベートネットワークのことです。VPNでは企業の本社などに専用ルーターを設置し、公衆回線を利用して通信を行います

VPNでは通信内容の傍受やデータの改ざんなどのリスクが少ないため、VPNを使用することにより、フリーWi-Fiなどを利用するよりもセキュリティ面でのリスクを低減することができます。

AWS VPNについて


AWS VPNとはAWSが提供しているVPNを利用した通信サービスです。AWS仮想ネットワークのリソースであるAmazon VPCにVPN Gatewayを設置することにより、VPN接続できるようにする仕組みです。

AWS VPNを利用することで、オンプレミスのネットワークをクラウド上で拡張し、あらゆる場所から仮想の専用回線を使ってアクセスできます。

AWS VPNのメリット

AWS VPNとはAWSで利用できるVPNを利用した仕組みです。AWS VPNを利用することにより、AWSクラウド上のリソースにさまざまなデバイスからアクセスできるようになります。

それではAWS VPNを利用することで具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここではAWS VPNのメリットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

場所を選ばずアクセスが可能

AWS VPNを利用することにより、場所を選ばずどこからでもアクセスすることができます。AWS VPNには複数の接続方法がありますが、その中の1つである「AWS Client VPN」は、仮想のVPNトンネルでAWSリソースとオンプレミスで接続できる通信方法です。

AWS Client VPNを利用することにより、WindowsやMac、Android、iOSなどあらゆるデバイスを利用して、あらゆる場所からアクセスできるようになります。

専用回線に近いセキュリティの実現

AWS VPNは一般のインターネット回線と違い、仮想上での専用回線で暗号化した通信を行うものです。AWS VPNを利用することで、オンプレミスの自社ネットワークやパソコンなどから仮想の専用通信を利用してアクセスできるようになります。

そのため、専用回線のようにデータの盗み見や改ざんなどのセキュリティリスクが低い通信を実現することができます。

リスクを低減した通信

前述のとおり、専用回線に近いセキュリティを実現したAWS VPNはデータの改ざんや盗聴などの危険性が少ないです。そのため、無料の公衆Wi-Fiや通常のインターネット回線よりもセキュリティリスクを低減することが可能です。

一般的なインターネット回線よりもセキュアな通信技術は、AWS VPNにおけるもっとも大きなメリットだと言えるでしょう。

AWS VPNのデメリット

ここまでご紹介したとおり、AWS VPNにはさまざまなメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。そのため、AWS VPNの導入を検討する場合にはメリットだけでなくデメリットについても把握しておくようにしましょう。

ここではAWS VPNのデメリットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

種類によっては費用が掛かる

VPNの中には非常に高機能な種類もあるため、利用するVPNの種類によっては高い費用が掛かるケースもあります。

AWS VPNの場合も、たとえばAWS Client VPNを利用する場合はエンドポイントがVPN接続した時間に応じたコストと、クライアントがVPN接続した時間に応じたコストが発生します。

そのため、VPNを利用する場合には必要な機能を備えたVPNを選択する必要があります。

リスクが完全に無いということではない

AWS VPNを利用することで一般的なインターネット回線よりもセキュリティリスクを低減することができますが、リスクが完全にゼロになるというわけではありません。たとえば、そもそものAWS VPNの設定を間違うことで情報漏えいにつながる可能性はあります。

このように、AWS VPNそのもののセキュリティ機能は高くても、ヒューマンエラーなどによってセキュリティリスクが伴う可能性がある点は押さえておく必要があります。

通信速度が一定ではない場合もある

AWS VPNなどのインターネットVPNでは既存のインターネットを利用するため、通信速度が一定にならないケースがあります。特に時間帯によって影響を受けることが多いため、夕方などの特定の時間帯になると速度が低下してしまうこともあるでしょう。

そのため、安定したインターネットを利用したい場合にはAWS VPNではなくIP-VPNなどの利用を検討するようにしましょう。

バッテリーの消耗が早くなる

AWS VPNをはじめとしたVPN接続を行う場合、データの暗号化を行う必要があるため、バッテリーの消耗が激しくなります。特にモバイル機器を利用して通信を行う場合は、通常のインターネット通信よりもバッテリーの消耗が早くなるでしょう。

そのため、外出先などからモバイルでVPNを利用したインターネット通信を行う場合には、バッテリー切れに注意するようにしましょう。

AWS VPNの接続方法3種


AWS VPNと一言で言っても、その接続方法には「AWS Client VPN」「AWS サイト間VPN」「AWS VPN CloudHub」という3つの種類があります。また、サードパーティーによるソフトウエアVPNアプライアンスを使用することによるVPN接続方法も存在します。

ここではAWS VPNの接続方法3種類について、それぞれご紹介します。

1:AWS Client VPNの接続

AWS Client VPNとは、オンプレミス環境とAWSリソースを仮想のVPNトンネルによって接続する接続方法です。

AWS Client VPNでは自社のオンプレミス環境をそのままAWSクラウドのリソースと接続でき、さらにTLSによる通信となっているため、データが安全に保持できる可能性が高いという特徴があります。また、さまざまなデバイスからAWSリソースに接続できます。

2:AWS サイト間VPNの接続

AWS サイト間VPNとは、Amazon VPCとユーザーのデバイスをVPN技術で接続する接続方法です。AWS サイト間VPNはユーザーが利用しているパソコンやモバイルとAWSのリソースを個別に接続するものです。

デフォルトのままではAWSの外にあるパソコンと接続できませんが、VPNを設定することで接続可能な状態になります。

3:AWS VPN CloudHubの接続

AWS VPN CloudHubとは、複数のAWSインスタンスとインターネット環境と統合して1つのネットワークとして利用できる接続方法です。AWS VPN CloudHubを利用することで、複数のサイト間VPN接続でも安全に相互接続で利用できるようになります。

AWS Direct Connectについてと違い


AWS Direct Connectも既存のインターネット環境を利用してネットワークを構築するAWSのサービスです。AWS VPNが仮想のインターネット環境を構築するのに対して、AWS Direct Connectでは閉域網の専用回線を構築するという違いがあります。

また、どちらもセキュリティ面で優れていますが、AWS Direct Connectのほうが通信速度が勝っているといったメリットもあります。

AWS VPNの費用について3つ


AWS VPNの利用を検討する場合、どのくらいの費用が必要になるのかも重要なポイントになります。前述のとおりAWS VPNでは3種類の接続方法があるため、それぞれ料金体系も異なります。

ここでは最後にAWS VPNの費用について3つをご紹介します。

1:AWSサイト間VPNの費用

AWSサイト間VPNの場合、費用は利用するリージョンによって異なります。東京リージョンや大阪ローカルリージョンを利用したAWSサイト間接続の場合は、令和3年現在、1時間当たりの費用は0.048USDとなります。

AWSのサービスは基本的に従量課金制の料金体系となっているため、実際に利用する場合にはVPN接続で通信した時間だけ費用が請求されることになります。

出典:AWS VPN の料金|Amazon Web Services, Inc.
参照:https://aws.amazon.com/jp/vpn/pricing/

2:リモートアクセスVPNの費用

リモートアクセスVPNの場合、エンドポイントの時間料金費用とClient VPN接続料金が発生することになります。

東京リージョンの場合、AWS Client VPN接続料金は1時間当たり0.05USD、AWS Client VPN エンドポイントの、時間料金は1時間当たり0.15USDとなっています。

出典:AWS Client VPN の料金|Amazon Web Services, Inc.
参照:https://aws.amazon.com/jp/vpn/pricing/

3:AWS Client VPNの費用

AWS Client VPNの場合、アクティブになっているクライアント接続の数やエンドポイント接続の数によって費用が発生することになります。

東京リージョンの場合、AWS Client VPN接続は1時間当たり0.05USD、AWS Client VPN エンドポイントアソシエーションは1時間当たり0.15USDの費用が掛かります。

出典:AWS Client VPN の料金|Amazon Web Services, Inc.
参照:https://aws.amazon.com/jp/vpn/pricing/

AWS VPNについて理解を深めよう


AWS VPNとはAWSが提供しているVPN技術を利用したセキュアな通信サービスです。

ぜひ本記事でご紹介したAWS VPNの概要やAWS VPNのメリット・デメリット、AWS VPNの接続方法、AWS VPNの費用などを参考に、AWS VPNについて理解を深めてみてください。