MENU

派遣先担当者が把握すべきアプリ開発に使われる言語の基礎知識【Python】

Python は、1991年にオランダ人のグイド・ヴァン・ロッサム氏が開発したプログラミング言語です。比較的歴史の長いプログラミング言語であり、最近ではAIやウェブ開発をはじめとした幅広い分野で活用されています。ここでは、そんなPythonの基礎知識と夢テクノロジーが提供しているPython研修プログラムについてご紹介します。

採用担当者が把握すべきPythonの基礎知識

ここでは、他のプログラミング言語とは違うPythonならではの特徴についてみていきましょう。

構文がシンプル

Pythonは数あるプログラミング言語の中でも最もシンプルな構文をしています。Pythonを扱うために覚えなければいけない構文は多くはなく、プログラミング初心者にとっても比較的取り組みやすいといえるでしょう。

1行でできる処理が多い

Pythonでは何かの処理を行うために必要なコードの数が少ないため、1行のコードで一気に処理を行うことができます。コードを省略するための便利な機能もあり、全体として短く読みやすいコードになります。

オリジナルのプログラムが作れる

Pythonには、計算や統計処理で使用できるライブラリが豊富に用意されています。そのため、一から自分でプログラムを作成する手間を省くことができます。オリジナルのプログラムを作るときも、ハードルが比較的低いといえるでしょう。

夢テクノロジーは独自のPython研修プログラムを導入

Python

PythonはITエンジニアにとって扱いやすい言語であり、これからも需要が伸びていくと考えられています。そこで、夢テクノロジーが導入したのが独自のPython研修プログラムです。
このPython研修プログラムで目指していることの1つが「実践力の可視化とコミュニケーション力の向上」です。ベンダー資格を取得するだけでは、実際に現場に出たときの能力を証明することはできません。そこで、Python研修プログラムでは分かりやすく実践力を示せるように独自の基準を設けました。さらに、現場で円滑に仕事を進めるためにはコミュニケーション能力が欠かせません。そのため、コーチングツールを活用したコミュニケーション能力の向上にも力を入れています。
そして、「エンゲージメントの向上」もPython研修プログラムの大きな特徴です。実践力の可視化とコミュニケーション能力の向上の先には、顧客エンゲージメントの向上があります。満足度や信頼度などの顧客エンゲージメントの向上を実現することによって、ITエンジニアとして大きく成長できるといえるのではないでしょうか。

Python研修プログラムでITエンジニアとしての価値を高めよう

ITエンジニアに求められるスキルは多くありますが、その中でもPythonは需要が高いといえます。そして、せっかくPythonを学ぶのであれば実践につながる形で身に付けたいですよね。ITエンジニアとしてレベルアップするためにも、ぜひPython研修プログラムに参加してみてはいかがでしょうか。