MENU

派遣先担当者が把握すべきアプリ開発に使われる言語の基礎知識【JavaScript】

JavaScriptはプログラミング言語の1つであり、多くの場面で使用されています。PCやスマホ、スマートテレビなど多くのデバイスでJavaScriptが使用されており、派遣先の担当者や責任者JavaScriptなしでは現在の私たちの生活は成り立たなちません。ここでは、そんなJavaScriptについて紹介します。

JavaScriptの基礎知識

JavaScriptという名前を耳にしたことはあっても、実際に何なのかはよく分からないという人は多いのではないでしょうか。
ここでは、JavaScriptの基礎知識について1つひとつ確認していきましょう。

JavaScriptとは

JavaScriptは1995年に誕生したプログラミング言語で、当初はウェブサイトに動きを付ける目的で開発されました。現在ではウェブサイト以外にも広い用途で使用されており、今後はさらに幅広く使用されるようになるといわれています。なお、名前が似ているプログラミング言語にJavaがありますが、まったく違うものなので注意しましょう。

JavaScriptを使ってできること

JavaScript

JavaScriptでできる代表的なことととして、まずHTMLコンテンツの変更があります。HTMLコンテンツを変更することによってウェブページで表示される内容が変更されます。また、HTMLコードの変更も可能。HTMLコードそのものを変更することによって、画像の動きの指定などができるようになります。
そして、CSSスタイルの変更です。CSSでは文字の大きさや色などが指定されていますが、JavaScriptを使えばこれらを変えることができます。そして、最後にHTMLコンテンツの表示・非表示の切り替えです。HTMLで書かれているコンテンツを表示するかどうかを決めることができます。
またウェブページの動作のほかに、ウェブアプリの開発やスマホアプリの開発、ゲームの開発なども可能です。もともとウェブサイトに動きを付けるための言語ではありますが、アプリなどの制作もできるのはJavaScriptの大きな魅力だといえるのではないでしょうか。

JavaScriptの開発環境

JavaScriptの開発環境を整えるのは、とても簡単です。必要なのは、ブラウザとテキストエディターの2つだけ。テキストエディターでコードを書いてからブラウザで確認するだけでいいので、プログラミング言語について詳しくないという人でも気軽にチャレンジできます。

あらゆる場所で使用されているJavaScript

JavaScriptは世界で一番広く使われているプログラミング言語だといわれており、私たちの生活には欠かせない存在です。そして、JavaScriptを学ぶための書籍やウェブサイトはたくさんあります。この機会に、ぜひJavaScriptについて理解を深めてみてはいかがでしょうか。