MENU

採用担当者が知るべきエンジニア採用における領域:Web開発

Web開発というと、Webサイトの制作やデザインを思い浮かべる方もいるかもしれません。しかし、それらはWeb制作でありWeb開発とは似て非なるものです。では、Web開発とはどういったものであり、どういった技術が必要になるのでしょうか。当記事ではWeb開発の概要、企業としてWeb開発エンジニアを採用するためのポイントについてご説明していきます。

Web開発とは

web開発
 
Web開発とは、インターネット上でアクセスが可能なアプリケーションやシステム、ソフトウェアの開発を意味します。
具体的にはショッピングサイトにあるカートシステム、顧客管理システム、問い合わせフォーム、チャットなどがそれに当たります。

ゼロから開発をすることもあれば、Webサービスが提供しているAPIを活用して、開発を行う場合もあります。
例えば、YouTubeが提供している「YouTube player API」を使い、自社のWebサイトにYouTubeにアップした広告動画を掲載する際、視聴終了後に関連動画として自社とは関係のない動画が表示されないようにするといったこともWeb開発エンジニアの仕事の1つです。

冒頭で、Web開発がWeb制作と似て非なるものと説明したのは、Web開発もネット上で活用するためのものであるため、HTMLやCSSなどの知識が必要だからです。
これらのコーディングはWeb制作の領域ではありますが、実際に表示された際にどう見えるかを考えながら開発する必要があります。

そのため、HTMLやCSSに対する一定の知識があったほうが、後々のWeb制作の段階で無駄な手間を省くことが可能になります。

Web開発のエンジニア採用のポイント

web開発エンジニア採用ポイント
 
Web開発エンジニアを採用する際のポイントは、サーバーOS、Webサーバーソフト、データベース、開発言語、APIに関する知識を持っていることを前提に、Web制作やサーバー管理者やシステムエンジニア、顧客と円滑にコミュニケーションをとり業務を連携していける人材なのかがポイントとなります。

また近年では、モバイルブラウザを使ったアプリケーション開発の需要も高くなっているため、モバイルに関する知識を有していることも、採用ポイントの1つとして考えてください。

今後、需要が高まるWeb開発エンジニア、コミュニケーション能力も考慮にいれた採用を

多くの方が日常的にインターネットを利用するようになった昨今、Webサイトの利便性を向上させるWeb開発の需要は年々高まっています。
そういった意味で、Web開発エンジニアは今後さらに重要になってくるでしょう。

企業の採用担当者としては、技術の見極めはもちろん、顧客への対応も必須になるため、コミュニケーション能力の見極めも重要なポイントといえます。